• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

浅田資継  - ,  12:00 PM

日本酒好きのソムリエがオススメする「夏に飲みたい日本酒」

日本酒好きのソムリエがオススメする「夏に飲みたい日本酒」

160831sake1.jpg


皆さんこんにちは。グルメスチュアートの浅田です。海外でのホテル勤務が始まり、半年が過ぎようとしてます。海外にいると日本酒の希少価値を感じます。ワイン、ビールは世界中ですでに人気の飲み物ですが、海外の和食店では、積極的に日本酒が飲まれております。

日本酒の人気は、これから格段と上がっていくことでしょう。

そんな海外でも人気の日本酒ですが、夏の蒸し暑さを吹き飛ばすのにも、日本酒は最適です。夏のビールも良いですが、今回は、夏に美味しい日本酒10選をご紹介します。


1. 玉川 Ice Breaker(木下酒造/京都府)

このお酒は、イギリス人の杜氏、パーカーさんが作っているお酒です。ペンギンのラベルが印象的でもあります。海外ではよく使われる"アイスブレーカー"という意味は、場を和らげるという意味なので、重ねて覚えておくとよいです。


2. 山形正宗 夏ノ純米 花火ラベル(水戸部酒造/山形県)

限定ラベルですが、日本の夏の風物詩、花火をラベルにしたお酒です。余韻もスッキリとしています。お祝い時などに、仲間と楽しんでください。


3. 文佳人 夏純吟(アリサワ酒造/高知県)

「文佳人」と書いて「ぶんかじん」と読みます。おばけの可愛いらしいラベルが印象的で、女性にも喜ばれること間違いないです。味わいは、若干甘く感じ、優しい味わいでバランスも素晴らしいです。ロックでもしっかり冷やしてでもオススメできる逸品です。


4. 天吹 I LOVE SUSHI 辛口純米酒(天吹酒造/佐賀県)

何と言っても寿司のラベルとネーミングが素晴らしい。海外の寿司レストランで販売されれば間違いなく好かれる日本酒です。寿司にも合い、優しい酸味も感じられる一品です。


5. 奥 夏かすみ吟醸 純米吟醸 生原酒(山崎合資/愛媛県)

マイルドな味わい、かつ淡麗、喉越しが素晴らしい微発泡清酒です。ラベルもブラックに仕上がっていて、プレゼントでも喜ばれることでしょう。


6. 山本 純米吟醸 ドキドキ夏生(山本合名会社/秋田県)

「リンゴ酸」を多く生成する特殊な酵母を使用しています。特徴的な「リンゴ酸」の香りをぜひお楽しみください! 水色のラベルが印象的です。海辺のバーベキューにもオススメです。


7. 九頭龍 なつしぼり(黒龍酒造/福井県)

度数は17℃と高めですが、米の旨みと芳醇さ、そしてキレを楽しんでください。アルコール度数が高いので、もちろんオンザロックでもお楽しみいただけます。


8. 喜元 純米吟醸 酒和地(酒田酒造/山形県)

「酒和地」と書いて、「シュワッチ」と読みます。にごり酒で、シャンパンのように瓶内二次発酵しておりますので、ぜひともシャンパングラスで楽しんでください。しっかり冷やしてお召し上がりになってください。


9. 山和 特別純米 中取り原酒(山和酒造/宮城県)

旨みが感じられ、原酒らしいしっかりとした味わいを感じながら、芳醇な味わいを楽しんでください。キリッと冷やしても、オンザロックでも楽しんで頂けます。


10. 松の司 純米吟醸 あらばしり(松瀬酒造/滋賀県)

芳香で淡麗な味わいを是非とも楽しんでください。お米の濃厚な香りも楽しめますが、フレッシュな味わいは是非この夏にお召し上がりになってみてください。低温の冷蔵庫で寝かせてください。




今月は、夏に楽しめる日本酒をご紹介しました。海外では、まだまだ日本酒を英語でしっかりお客様にご説明できる方が多くありません。

ソムリエの資格はもちろん、日本酒の資格、知識、そして味わいなども英語で表現できれば、海外のホテル、レストランで勤務できるチャンスは間違いなく広がります。

海外勤務にご興味がある方は下記フェイスブックでご連絡ください。


(浅田資継|Facebook
Photo by Shutterstock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.