• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

「悪態」の意義とは? 研究者に聞いてみた

「悪態」の意義とは? 研究者に聞いてみた

160826gizmodo_mediagene.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:口は災いのもと、でも言っちゃう。

米国の映画とかドラマとかウェブサイトを見ていると、「fuck」やら「shit」やら、下品とされる言葉が頻繁に出てきます。でも、たとえば「fuck」の場合、何かをワイルドな感じで強調したいときに「fucking」(すげえ)っていう形で使われています。フォーマルな場でもつい使ってしまう人は少なくありません。たとえば米国のジョー・バイデン副大統領がオバマ大統領をむかえながら「This is fucking big deal(これはすげえビッグだぜ)」と言ったのがマイクに拾われたときはちょっと話題になりました。別にファッキンって言わなくたって意味は通じるのに、どうして言っちゃったんでしょうか?

カリフォルニア大学サンディエゴ校の認知科学者・ベンジャミン・ベルゲンが、新著『What the F: What Swearing Reveals About Our Language, Our Brains, and Ourselves』の中で、我々がなぜ、どのように悪態をつくのか追求しています。彼は悪態の構造や、世界的に何が良い言葉で何が汚い言葉なのかという文化的な違い、汚い言葉の検閲は必要かどうかなどを論じています。そして悪い言葉を抑えつけることは、それをより強力にするだけではないかと言っています。「悪態は我々の永続的創造による怪物である」と言うベルゲンに米Gizmodoがインタビューを行いました。


なぜ今、悪態を研究?


米Giz(米ギズモード):悪態について書こうと思ったのはどうしてですか?

ベルゲン:私の研究は、人が言葉をどう理解するか、言葉という限られた帯域でいかに時間・空間を超えてコミュニケーションしているかにフォーカスしています。言葉は事実の伝達に使われますが、感情に関する情報にも使われます。私はもっとも感情的で、強い感情的反応を引き出す悪態に惹かれたのです。

米Giz:(新著の)序章では、このテーマが真剣にとらえられなかったり、アカデミックな環境では使わせてもらえなかったりと、研究には難しいことに触れていますね。

ベルゲン:そうなんです。この書籍のレビューを拒否するところもありました。悪態は育ちの悪さやリテラシーの低さの証拠と考えるためです。

私はこの研究は、キンゼイ報告(訳注:1948年『人間男性の性行動』と1953年『人間女性の性行動』から成る性に関する報告書)が性や性行為に関して目指したことに近いと考えています。当時、性行為とは何なのかというシステマチックな理解はされていませんでした。今は悪態について同じ段階にあるんだと思います。科学的な理解が進み、一般に消化しやすい形で仕組みが表現されれば、悪態の研究に対する姿勢はもっと変わっていくと思います。


悪態は4種類に凝縮される


米Giz:悪態に関して私が一番興味深いと思うのは、いかにユニバーサルであるかということです。時代も超えて、全てのカルチャーに通じるものがあるんです。この本では、悪態を4カテゴリに凝縮し、「Holy Fucking Shit Nigger」とまとめて表現していますね。これについて説明してください。(訳注:ここでの意味は、「Holy」は「聖なる」が転じて「ひどい」「すごい」、「Fucking」も「ひどい」「すごい」、「Shit」は「くそ」、「Nigger」は黒人に対する蔑称)

ベルゲン:その4つが、悪態の基本カテゴリです。つまり、宗教的コンセプト、性的活動、身体機能や器官、他の社会集団への悪口です。悪態は社会全体のタブーから発生することが多いのです。我々はある種の行為を、特定の場所や社会的文脈に置く傾向があります。たとえばバスルームですることはバスルームで、ということです。そうした言葉がタブーの頂点に置かれるのは不思議ではありません。

全体像はとても複雑ですが、最大の要素は文脈だと思います。あらゆるタイプの下品な言葉について言えることで、悪口でもそうです。

ある言葉がある文脈の中で、ある目的のために使われるのは許容されても、単語・文脈・目的がひとつでも別のものになると、許容できなくなります。若い男性がお母さん、おばあさんと一緒にアメフトの試合を見ているとしたら、彼女たちは悪態を許容しない世代なので、男性の方も自分の応援しているチームのボールが奪われても悪態は言わないかもしれません。でもスポーツバーで友だちと飲んでいるときなら、言うことでしょう。また、たとえばイギリスでは「wanker」(自慰行為をする人物・アホ)という言葉は非常に不快な言葉ですが、ほとんどのアメリカは人はそう感じません。

米Giz:4つのカテゴリの中で、「Nigger」は私にとってはとてもショッキングでした。

ベルゲン:その感覚は、アメリカ英語全体のシフトを表していると思います。イギリスやニュージーランドもある程度そうですが、ほとんどの悪い言葉、感情的インパクトが大きくもっとも嫌な感じがするのは、悪口です。「Nigger」のような人種に基づく言葉だけでなく、性的アイデンティティに基づく言葉についても言えます。これは新しい現象のようです。歴史的には、悪態は主に宗教的コンセプトや性交、身体機能に関する言葉だったことがわかっています。我々は、英語の中で最強の悪態が変化する新たな時代に入りつつあるのです。


英語の悪態、特徴は「子音」


米Giz:よく使われる、ダーティに聞こえる悪態には、少なくとも英語では、何か共通点がある気がします。パターンを発見されましたか?

ベルゲン:英語の悪態は「閉じた音節」、つまり音節の終わりが子音になる傾向があります。それは世界全体的に見られるわけではなく、つまり英語を流暢に話せる人が使う中でです。

よく使われる4文字の言葉(fuck、cunt)はこの典型で、まず最初が「fu」「cu」などの子音であり、「ck」「nt」と子音で終わります。だから「piss」と「pee」(どちらも「小便」)では「piss」のほうが下品な言葉に聞こえます。また、汚い言葉の代わりの言葉にもこの傾向はあります。「fuck」を避けたいときに「frick」と言ったり、「damn」(ちくしょう、すごい)ではなく「darn」と言うかもしれません。どちらも同じ、子音中心のパターンです。

たとえば『ゲーム・オブ・スローンズ』のドスラク語のように、英語話者が架空の言語を新たに作ると、その悪態には「graddakh」(ドラスク語で「ゴミ」)のように子音が多くなる傾向があります。『Battlestar Galactica』で使われる「frak」(fuckの意)や『Farscape』の「frell」(fuck+hell)のような言葉にも、子音が多くなっています。決定的な証拠ではありませんが、英語話者は子音の多いパターンを一般的に悪態と関連付けてきたという考えと一致します。


子どもに悪態を聞かせてはいけない?


米Giz:この本を書いていて、何か新たな発見はありましたか?

ベルゲン:一般に、悪態は子どもの語彙の成長を妨げるとか、より攻撃的になるとか、子どもに害があると思われています。でもその証拠はまったくないのです。強いて言えば、より悪い言葉を使う18歳は、平均より語彙が豊富なのです。

そこで私は、どうして子どもの言葉を検閲するのだろうと考えるようになりました。我々は無意識にやってしまうのですが、多分自分自身が子どものとき、大人が子どもの前でそういう言葉を使わないようにしていたからだと思います。我々は、ある状況では言ってはいけない言葉を教わってきました。子どもの周りで言葉使いに注意する理由として、唯一合理的に言えるのは、社会的な成り行きの結果のためです。汚い言葉を間違った方法で使ったら、社会的コストが発生するかもしれません。

言語に関する社会的な訓練は、子どもにとって有益なのではと思っています。つまり事例で教えるということです。禁止するばかりの性教育はあらゆる場所で失敗しているし、アルコールでも同じです。でも子どもたちは、おしっこをする場所は教室ではないこと、人にタックルしていい場所はフットボール場であってバレエ教室ではないことを覚えます。そういうことは2歳児でも覚えられるので、言葉にもそのような使い分けがあることを理解したっておかしくありません。

米Giz:子どもは悪い言葉も正しい言葉も吸収していきます。私の友人の小さな子どもは、「Fuck」が乱発される映画が流れていても、特に注意深く見ている様子はありませんでした。でも少し経っておもちゃが壊れたときには、「Fuck me!」(訳注:ここでは「うわっやっちゃった」くらいの意味)と言っていたそうです。

ベルゲン:そう、子どもは言語のスポンジです。だから我々は、頭で全然考えなくても複雑な文法を使いこなせるのです。つねに明示的にルールを理解しているわけではありませんが、暗黙のうちにわかっているのです。多分文法の99%は暗黙の理解です。悪態ではルールがほんの少し違うので、文法の成り立ちをのぞく、小さな窓となります。「Fuck me」は字づら通りでは通じない面白い構造なので、それを使うということは、その子どもが無意識に非常に複雑なルールを柔軟に身につけたことを示しています。


悪態の効用


Giz:悪態をつくことで、カタルシスを感じるとか、有益な目的を果たせることはありますか?

ベルゲン:今まさに私が研究室で追求している大きな謎です。私たちはそれがありうると考えていますし、そのことを示す生理的な指標もたくさんあります。カタルシスというのは、強い、多くはネガティブな感情を解放するということです。腹が立ったとき、悪態をつくことで怒りを解放し、その後の攻撃性を和らげることができます。

たとえば運転していて割り込まれたとき、良いタイミングで「fucking asshole」(訳注:「あの野郎」くらいの意味)と言えば、相手を抜き返そうと危ない運転をする可能性を下げられるのかどうか。悪態をついたり、聞いたりすると、カタルシス反応と同じ生理的反応が起こります。でもその後の攻撃的な行動や怒り、悲しみの度合いに変化があるか、あるとすればどれくらいかということは、まだわかっていないのです。

米Giz:個人差もあるのかもしれません。ある人にとってはカタルシスでも、別の人にとっては怒りに火を注ぐとか。

ベルゲン:まったくその通りです。かつて臨床心理学者たちは、腹がたったらクッションとかソファを殴れと言っていました。でも今は、それに効果がないことを示す研究がたくさん出ています。物理的な攻撃行動は、それが本来の対象とは別のものに向かっていても、相手に対する攻撃性を増幅させてしまうのです。でも、悪態は攻撃性を和らげるのに使えるかもしれないし、逆に言葉の攻撃も物理的な攻撃と同じなのかもしれません。まだわかっていないのです。

被験者が冷たい水に手を入れて耐えられる時間を見る実験では、悪態をつくよう指示された人の方が良い結果が出ています。でも普段から悪態をつく人は、実験で悪態をついても、痛みの軽減度合いが少なくなりました。だから、普段から口汚い人だと、悪態の効果は少ないということです。


放送禁止用語も変化


米Giz:「お高くとまっている」はずの有料ケーブルテレビでも、悪態をよく聞くようになりました。悪態に対する文化的姿勢は変化しつつあって、そこまでショッキングではなくなりつつあるのでしょうか?

ベルゲン:どんな文脈でどんな言葉が禁止かは、時代とともに変化してきましたし、これからも変わり続けます。30年前程度であっても、当時のテレビ放送で言えなかった言葉は、今禁止されている言葉と必ずしも一致しません。メディアの民主化で、20世紀より今のほうが変化が早くなっています。

でもそれは必ずしも、古い時代に育った人の姿勢には影響していません。北米の50歳以上の人は、「this sucks」(これムカつく)という言葉は非常に汚い言葉だと思って育ちましたが、今の若い人にとっては「this is awful」(これはひどい)とそう変わりません。『Mr. Robot』の新シーズンの最初のエピソードには「Fuck」が3回出てきましたが、あの番組を見ている人の属性からすれば、多分ショッキングではありません。でも私も含めてより年長の大人にとっては、言葉そのものはショッキングではなくても、あの文脈であの言葉を聞くのは驚きであり、想定外でした。




ふだん何気なく口に出してしまう悪態ですが、たえず変化していて、役に立ってもいるかもしれないなんて、興味深いですね。


Jennifer Ouellette - Gizmodo US[原文

(miho)
Photo by shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.