• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 PM

難病に苦しむ子どもを救う難しさは「病名の特定」にある

難病に苦しむ子どもを救う難しさは「病名の特定」にある

160823mugendai.jpg


米国内では、難病に苦しむ患者の4分の3が子どもだという事実が、NHI(アメリカ国立衛生研究所)の調べによって分かりました。また、幼い子どもは大人と異なり、自分の症状を正確に医師に伝えることができず、これが診断や病名の特定を難しくしているという問題もあります。

ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事より抜粋してご紹介します。


難病患者の病名特定までの長い道のり


難病に対して的確な診断を下すのは、どんなに優秀な医師にとっても難しく、幾度にもわたって問診や検査を繰り返す必要があります。さらに、数多くの医療文献をあたり、場合によってはDNAのデータ・マイニングなども行いながらヒントを探して可能性を絞り込んでいきます。しかし、そうして辛抱強く検査を重ねたとしても、病名の特定や適切な治療法の発見に至らないことも少なくないそうです。

病名を特定する上で何よりも有力なヒントとなるのは、症状に関する患者からの正確な申告です。子どもの場合はそれが満足に得られず、そうした状況で診断を下すのは、地図を持たずに深い森の中をさまようようなものだと言っても過言ではありません。

こうした状況を改善するために、あるプロジェクトボストン小児病院で立ち上がりました。そのプロジェクトでは、大量の医療文献や過去の診療データなどをすべて記憶した人工知能が医師の診断をサポートするのです。以下のリンク先では、このプロジェクトの詳細が紹介されています。人工知能と人間が手を取り合って難題と向き合うこの取り組みを知ることで、難病診断と人工知能利用の、2つの最先端を知ることができますので、ぜひご覧ください。


難病に苦しむ子どもたちを救う、名助手の正体 | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.