• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

地球温暖化の影響で、夏季五輪開催は将来的に難しくなる?

地球温暖化の影響で、夏季五輪開催は将来的に難しくなる?

160822gizmodo_mediagene.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:日本での開催は、次の東京五輪が最後に...?

今年の夏休みを大いに盛り上げてくれているリオ五輪。おかげで、最近すっかり寝不足気味という人だって多いでしょうね。

そんな4年に1度の夏の風物詩となってきた夏季五輪ですが、このほどオンラインジャーナルのThe Lancetに「地球温暖化ゆえに、将来は開催が厳しくなる」と警鐘を鳴らす論文が掲載されました。


選手の安全を考慮して、アウトドアでは酷暑のために競技を中止せざるを得なくなったり、下手をすると、冬季五輪へ競技変更を強いられるものだってあるんだとか。

地球温暖化によって生じている現実の問題として、同論文では、海水面の上昇、洪水、干ばつ、農作物の不作などを列挙。とりわけ、ターニングポイントは2050年で、いまはなんとかその場しのぎの対策で切り抜けられていても、この年以降は、適応不能なレベルの気象変動が人類社会に及ぶことになり、通常の生活を送れなくなる人が続出するだろうとの見通しが示されていますね。

もっと具体的に迫りくる危機を指摘するため、研究者チームは、2084年の夏季五輪をシミュレーションしてみました。五輪開催都市の基準となる60万人以上の人口を擁し、あまり海抜の高くない北半球の645の候補地に対して、気温や湿度、紫外線の強さや風向きなどで、総合的に気象条件を判断するWet Bulb Global Temperature(WBGT)指標を適用。地球温暖化が加速した70年後の世界での五輪予想データが発表されています。

同データで2084年にも五輪の開催条件にかなうのは、まだ夏でも比較的涼しい西欧の各都市を除くと、わずかに8カ所のみ。ロシアのサンクトペテルブルグやモンゴルのウランバートル、北米ではバンクーバーやカルガリーなど、どちらかというと、夏よりも冬季五輪の開催候補地となってきた都市が名を連ねていますね。

さらにシミュレーションは進み、22世紀へと突入した世界では、ついに北半球で西欧の4都市でしか夏季五輪の開催が不可能なレベルまで、急速に地球温暖化が進展してしまっていると予測。委員会の頭を悩ませる現実が間近に迫ると警告されています。

きっと日本では、夏の高校野球とかも、屋内球場でしか開けなくなる時代になってしまうのでしょう。あまり想像したくはないですけど~。


source: The Lancet

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)
Photo by shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.