• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

最初は1966年。コミック原作の映画50年史

最初は1966年。コミック原作の映画50年史

160821mediagene_gizmodo.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:映像の進化の変遷も見られます。

アメリカのみならず、世界中で大ヒットを飛ばし続けている、DCやマーベルを筆頭としたコミックス原作の映画。その歴史を早足に振り返る動画が公開されています。

1966年の「バットマン オリジナル・ムービー」から、2016年の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」までの50年分を一気にどうぞ。



こちらはMoon Filmがアップしたもの。

こうしてまとめてみると、映像面での変化の著しさが際立って見えてきます。劇場で味わった「X-Men」と「アイアンマン」の興奮と衝撃を思い出す!

アメコミだけでなくイギリスの人気コミック「ジャッジ・ドレッド」やフランスの「タンク・ガール」の映画が入っているのも注目のポイント。

「コナン・ザ・グレート」や「グリーン・ホーネット」など厳密に言えば、コミック原作ではない作品が入っている一方で、「デッドプール」でおなじみのライアン・レイノルズ主演の迷作「R.I.P.D.」や、今ではキャプテン・アメリカで有名なクリス・エヴァンス出演の「ルーザーズ」が抜けているのはご愛嬌でしょう。

「タイムコップ」や「ヒストリー・オブ・バイオレンス」、「ロード・トゥ・パーディション」も実はアメコミ原作の映画。スーパーヒーローものではない作品もじょじょに増えてきています。

大ブームになっているものの、その終わりが心配されているコミック原作映画。西部劇のように消えていくのか、それともこれからも人気を保ち続けるのか...これからの50年が楽しみです!


source: YouTube via Nerdist

(傭兵ペンギン)
Photo by shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.