• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  08:00 PM

科学が提案する夫婦関係向上の秘訣は「お酒」にあり

科学が提案する夫婦関係向上の秘訣は「お酒」にあり

160814science_says.jpg


Inc.:昨晩、子供を寝かしつけた後、妻と私は裏庭のテラスに座って、楽しくもありぐったり消耗もさせられた長い週末の後の一杯を味わいました。

どうやらこれは科学的見地からもお勧めのことのようです。


2016年7月に発表された研究では、飲酒習慣が似ている夫婦はそうでない夫婦より夫婦関係が良好だとしています。ロイターによれば、この研究は2,767人のアメリカ人夫婦を対象に10年にわたり施行して、次のようなことを調べてきました。

夫婦はアルコールを飲むかどうか。週に何回飲むか。飲酒する日は1日にどのぐらい飲むか。さらに、どのような性質の夫婦関係か。具体的には配偶者のことを要求が多いとか批判的だと思うか。助けが必要なとき配偶者は頼れるか。配偶者にイラつくか。

その結果は『Journals of Gerontology (Series B)』で報告されましたが、「一緒に飲酒する夫婦は結婚生活におけるネガティブな性質が次第に減少すると報告しており、その傾向は妻の方により顕著に見受けられる。」という趣旨のことが科学者用語で書かれていました。

ここで大切な警告です。これは必ずしも夫婦はもっと飲酒しなければいけないという意味ではありません。

夫婦の両方が禁酒している場合は、この結論は変わらず当てはまります。要は、アルコールへへのアプローチの仕方が同じ人と結婚すべきだということです。

既に結婚している場合は、飲酒に関しては夫婦が揃って同じアプローチになるように心がけることです。

この研究の著者の1人は、夫か妻が何らかの理由で飲酒をやめなければならない場合、もう片方も飲酒をやめることにすると、結婚生活の幸福度が高まることが多いとしています。(例を挙げると、妊娠中の妻を持つ夫で自ら進んで禁酒した夫は4人に3人の割合でした)

「これは難解な話では一切ありません。」と子育てサイトScary Mommyの私の同僚は言っています。「大人の飲み物を楽しむ良識的な範囲があり、健康的なやり方でその範囲で飲酒すればいいだけです。しかし、飲酒にふけるのは愚か以外の何物でもないと思う人に飲酒は大目に見てと主張したり、アルコールに関して大変ネガティブな経験がある人が(例えば、身内にアル中がいるなど)が誰かを飲酒しない人間に「変えよう」と考えるのは名案とは言えないでしょう。


Want a Better Marriage? Science Says You and Your Spouse Should Do This More Often | Inc.

Bill Murphy Jr.(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.