• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  11:00 PM

職歴がバラバラな人が「一貫性」をアピールする方法

職歴がバラバラな人が「一貫性」をアピールする方法

160812coverlater1.jpg


10年前の私の履歴書は、まるで仕事の肩書きを手当たり次第に紙の上に投げつけたような代物でした。あまりにもいろいろなことをしてきたせいで、「熟練した職業人」というよりは、「ひとつのキャリアに全力を注げない」という印象を与える履歴書になってしまっていたのです。

私はそれまでに、小売業、プライベートパーティのバーテンダー、書記事務所の経営、フィットネスセンターでの子どもたちのパーティの企画、といったことをしてきました。自分としては、この雑多なとりあわせの経験は問題ないと思っていました。というのも、当時はまだ学生で、ひとつの職に落ち着く時が来たら、すべてがおのずと整理されるだろうと考えていたからです。

それから5年が過ぎ、博士課程のなかばにさしかかっても、職歴がいつのまにかまとまりのあるものになる、なんてことは起きませんでした。それどころか、実際にはさらに範囲が広がってばらばらになり、教員、家庭教師、図書館の助手、販売マネージャーという肩書きが履歴書に加わりました。このまとまりのない職歴を捨てて、やりがいのあるキャリアひとつに絞ろうとした時、私は、これまでの職歴が履歴書の上ではあまり有意義なものには見えないという事実に気づき、立ち往生してしまいました。

この時の私のように、さまざまな職に就いて数々のすばらしいスキルを磨いてきたのに、それが一貫性のあるものに見えないと悩んでいる方がいるなら、その気持ちはよくわかります。でも、「この先ずっと、まともな仕事に就けない運命なのかも」とパニックを起こす前に、肩書きや会社名は必ずしもあなたが何を達成したかを明確に伝えるものではない、ということを肝に銘じてください。

雇用主が履歴書を見て知りたいことは、基本的には次の3つです。あなたがその仕事をできること、あなたがその仕事をしたいと思っていること、そしてその会社のために働きたいと思っていること。これまでの職歴を並べたうえで、その3つの基本的なニーズを満たした「物語」を伝えることは、やり方次第で可能なのです。


1. 履歴書の体裁を変える


履歴書の冒頭に「志望動機」の項目を置くのは良くない、というアドバイスはよく耳にしますし、一般的に言ってそれは当たっています。そこで、その位置に「技能」の項目を設けて、あなたの持っているスキルのうち、希望する仕事に適したものを強調するのはどうでしょうか。そうすれば、これまでの経歴を自分のペースで語りやすくなります。それに、自分の多様な経験をどうすればそのポストに活かせるか、しっかり考えている姿勢を採用担当者にアピールできます。

別の選択肢としては、時系列に沿った履歴書ではなく、スキルに重点を置いた履歴書にするという方法があります。ただし、「今回の応募書類をこの方法で書くべきか?」を判断するのは簡単ではありません。雇用主の好みはさまざまに異なるので、絶対の正解はありませんが、忘れないでほしいのは、何のために履歴書を書くのか、ということです。ともかく面接に呼んでもらえれば良いわけですよね。

というわけなので、どんな体裁にするにせよ、自分がその仕事に最適だという理由を強調するようにしましょう。そのためには、応募するポストの仕事内容に照準をぴったり合わせて、記述の内容や分量を整えると良いでしょう。


2. 連続性を強調する


ほとんどの職歴には、なんらかの共通点があります。大学時代を振り返ってみると、学期ごとにさまざまな授業を受けましたが、これらの授業の内容は、いつしか互いにつながってゆくのでした。まったくばらばらに見えていた要素のなかにそれほどの連続性が隠されていたことに、いつも驚かされたものです。

私たちの脳は、つながりを見つけたがるようにできています。例えば、「ライフセーバーと販売員、ソーシャルメディアのインターンの経験があって、大学での専攻は心理学でした」と言うと、一見なんのつながりもないように見えるかもしれません。けれどそれらはどれも、人々の思考や行動に注意を払い、どうすればもっと人の役に立てるかと考えなくてはできないという共通点があります。

そこで、ちょっと時間をかけて、これまでの職歴について広い視野から考えてみてください。共通点が見つかりませんか? どれも顧客サービスに関することだったとか、批判的思考と分析が必要だったとか、新しい技術の使用が求められたとか、クリエイティブな問題解決能力が鍛えられたとか。

何も思いつかない場合は、友達にお願いして履歴書を見てもらいましょう。多種多様な職歴のすべてに関わるつながりは、自分ではなかなか見つけられないこともあるでしょう。履歴書を書くのに長いこと悩んだ時ほど、そうなりがちです。客観的な読者にじっくり読んでもらい、過去の仕事の関連性を見つけてもらえば、新しい視点が開けるはずです。うまくいけば、明確なつながりを見つけられるかもしれません。


3. 関係のないものは省く


過去にしたすべてのことを履歴書に書かなければいけないわけではありません。たいていの場合は、職歴のすべてが書くにふさわしいものとは限りません。ただし、どれを書くべきかに関しては、明確な戦略があります。例えば、顧客と対面するポストに応募するのなら、レストランの接客係として働いた経験を強調し、事務仕事ばかりをしていた夏休みのアルバイトは省いても良いでしょう。複雑な計算を伴うマーケティングの仕事に志願しているのなら、心理統計学の教授の助手として働いた経験は絶対に外せませんが、コピーライターとしての単発の仕事をわざわざ書く必要はないかもしれません。

この方法を採ると、履歴書に長い空白期間ができてしまうのが心配ですか? その心配はもっともです。でも、1カ月や2カ月くらいの空白なら、特に問題視されないことは覚えておきましょう。職歴の空白期間が1年以上になる場合は、説明する必要があるかもしれません。ですから、職歴が雑多で、一部の仕事を履歴書から省こうとすると空白期間が生じ、それを説明する明白な理由(「学生でした」とか)もない場合には、これまでに身につけたスキルに連続性を見つけることに集中し、その方向で履歴書をまとめた方が良さそうです。

ライターのElizabeth Alterman氏は、履歴書の空白期間を説明する方法についての「the muse」の記事のなかで、次のように述べています。「家庭を切り盛りしていたにせよ、切実な社会問題のためのチャリティーイベントの開催に関わっていたにせよ、世界中を旅していたにせよ、おそらくその過程で、なんらかの重要なスキルを身につけたのではないでしょうか? 例えば、説得力のあるコミュニケーションとか、組織を動かすノウハウとか、未知の状況への適応力とか」。空白期間にしていたことを、これからの仕事に活かせるスキルとして説明できないか、考えてみましょう。


4. 自分のことを伝える練習をする


数々の職歴のつながりを見い出し、自分がそこから得た職業人としての成長に気づいたなら、たいていの場合、最大のハードルはクリアしたも同然です。とはいえ、まだ課題は残っています。これまでの経験やこれからの目標を、説得力のある語りで伝えるということです。

あなたの職歴が多岐にわたるのは、たぶんあなたが、自分に合う仕事を見つけようとしていたからですよね。そして、その仕事は辞めることになったけれども、スキルを身につけられたことで、過去の職歴のひとつひとつに感謝しているわけですよね。そこまではわかりましたが、もうひとつ、応募先の企業に説明しなくてはならないことがあります。今まさに志願しているこのポストこそが自分の天職だということです。種々雑多な職歴に新たな一行を書き加えたら、数年後にはまた転職してしまうのではないか、という懸念を、相手に抱かせないようにしなくてはなりません。

これまでのすべての経験は、どんな経緯であなたをここまで導いてきたのでしょうか? これまでの経験をもとに、どんなふうに前進していくつもりですか? なぜそう考えるのですか? 面接でのあなたの目標は、「一定期間、仕事にとどまるつもりがあるのか」と訊ねる機会を、面接官に与えないようにすること。どんな面接でも、これまでの仕事についてネガティブな印象を与えないようにすることが大切です。ですから、過去の仕事の価値を伝えながらも、自分が進むべき道を見つけたことを強調するようにしましょう。

これまでの職歴をうまく説明し、それがどんなふうに今の立ち位置につながり、目の前の職に志願するに至ったのかを伝えられれば、そうした職歴はあなたの物語の価値を高めこそすれ、マイナスにはたらくことはないでしょう。スキルはスキルです。どこで、どんなふうに身につけたかは関係ありません。

私の場合、職歴など過去に経験したこと(と、しなかったこと)に思いをめぐらせ、それが互いにどう結びつき、自分のとるべき道をどんなふうに示してくれたのかをじっくり考えられるようになって初めて、選択肢が大きく広がりました。これまで経験してきた仕事のひとつひとつから、自分が仕事に何を求めているかがわかったのです。人を助けること、頭を使って課題を解決すること、そして、自分の仕事が世界に影響を与えていると自負できること、どうやら、この3つは自分にとって欠かせない要素のようです。そして今の仕事は、これらをすべて含んでいます。偏った考えかもしれませんが、最近では、私のこれまでの曲がりくねったキャリアの物語は、とてもすばらしいものだと思えてきました。


How to Tell a Compelling Career Story When You've Done a Little Bit of Everything | The Muse

Erica Foss(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.