• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  10:00 PM

日本のメーカーが開発した「5倍の値段でも売れるトースター」

日本のメーカーが開発した「5倍の値段でも売れるトースター」

160812toaster1.jpg


Inc.どんな新しい電化製品がほしいかと誰に尋ねても、「トースター」と答える人はほとんどいないでしょう。どの家庭のキッチンカウンターにもトースターはありますが、おそらく大抵の人がトースターのことを考えるのは、今使っているのが壊れて、似たようなものに買い替えなければならない時ぐらいではないでしょうか?

確かに、洒落たブランドや頑丈なブランドもありますが、本当の意味でトースターを魅力的なものにできる工夫というと、すぐには頭に浮かんできません。ところが、どうやら日本のメーカーがそれを成し遂げたようです。

「Bloomberg」のライフスタイル/高級品セクション「Pursuits」に7月3日付けで掲載された記事では、東京に本社を構える家電メーカー、BALMUDA(バルミューダ)の楽しくて魅力的なプロフィールと、日本で大ヒットしている同社のオーブントースター「BALMUDA The Toaster」が紹介されています。


まるで手品のようにパンを美味しくする


なぜこのトースターが、手に入れるのに3カ月も待たなければならないほど、日本で大ヒットしているのでしょうか? BloombergのReed Stevenson氏は、BALMUDAによるトースターの再解釈が意味するものは、トースター技術の飛躍的な進歩であり、「スチームと、入念に調整された熱サイクルを使って、市販のパンを、ベーカリーのオーブンから飛び出してきたかのような香りと味、食感を持つパンに変えること」だと説明しています。

「低温で加熱されているパンの内側には、スチームによって水分が閉じ込められます。オーブン内の温度が上昇するのは最後だけで、それがパンに上質のクラストを与えます」と説明は続きます。

まさに手品のような素晴らしい焼き上がりです。人々が熱狂するのも不思議ではありません。実際、BALMUDA The Toasterは約230ドル(22,900円(税別)」で販売されています。その価格は「日本で販売されている標準的なトースターのほぼ5倍」だと、Stephenson氏は指摘しています。


起業家として成功するまでの紆余曲折


BALMUDA The Toasterを支えている技術に魅力を感じた方は、BALMUDAの共同創業者であり、デザイナーチームとともにこの製品を開発した人物である寺尾玄氏にも大きな好感を覚えるでしょう。

Stephenson氏は次のように述べています。「高校を中退し、大学進学のための資金(母親の他界により支払われた生命保険金)を使ってスペインやモロッコなど地中海沿岸の国々を旅して回った」寺尾氏は、「帰国後、ロックバンド『Beach Fighters』のフロントマンを務め、レコード契約も獲得しましたが、大きな成功には至らず、バンドは結成から9年で解散しました。生計を立てるため、寺尾氏はパチンコ店(ピンボールスタイルのギャンブルホール)で働きつつ、次の一手を模索しました」

彼を音楽へ向かわせたのと同じ創作意欲が、やがて彼を家電メーカーの設立へと駆り立てました。BALMUDAはこれまでに扇風機や空気清浄機などを生み出してきましたが、「食」に目を向けるようになったのは、つい最近のことでした。

この路線変更が大きな成功を生みました。「寺尾氏は月1万台の出荷という目標を立てていますが、それでも販売店に在庫を確保するには十分ではありません」とStephenson氏はレポートしています。しかも「2015年6月の販売開始以来、BALMUDAは広告枠を買ったこともなければ、TVコマーシャルを放送したこともない」のです。

残念ながら、消費者からのこうした熱狂的な反応にもかかわらず、同社はアジア以外への事業拡大を計画していません。ですから、標準的なスライスパンを、おばあちゃんが得意げにオーブンから引っ張り出してきたかのようなパンへと変身させるという、この魔法のオーブントースターがほしくなっても、手に入れるには日本まで足を運ばなければならないでしょう。

けれども、ほかの国の人たちも、この物語からちょっとした起業家的インスピレーションを得ることはできます。最高に退屈に思えるありきたりな家電も、まったく新しいものに作り変えることが可能であることを、BALMUDAの物語は証明しています。


How This Company Is Convincing People to Pay 5 Times More for a Toaster|Inc.

BALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター) | バルミューダ

Jessica Stillman(原文/訳:阪本博希/ガリレオ)
Photo by BALMUDA

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.