• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

上級ポケモントレーナーになるための戦略をすべて教えます

上級ポケモントレーナーになるための戦略をすべて教えます

160810pokemon_advanced_tactics_top.jpg


モンスターボールを上手に投げられるようになり、キャタピーを何匹か捕まえて、「ポケストップ」へひとっ走りして道具やタマゴをあれこれ集めたら、次の段階に進みましょう。これから紹介するコツやワザを使えば、『ポケモンGO』トレーナーとしての腕前はぐんと上がります。「ポケモンいえるかな」でポケモンの名前を全部覚えるよりもずっと早く、初心者から「ジム」の覇者へと大出世できるはずです。


モンスターボールを左右にスワイプしてすばやくメニューにアクセス


160810pokemon_advanced_tactics1.gif


Pokmon GO画面上のモンスターボールのアイコンから、「図鑑」や「道具」、自分が捕まえた「ポケモン」、「ショップ」など、ゲーム内のほとんどのメニューにアクセスできます。モンスターボールをタップするだけでもメニューは開けますが、「通」らしく振舞いたいなら、サッとスワイプしましょう。モンスターボールを左にスワイプすれば捕まえたポケモンや図鑑のメニューが、右にスワイプすれば道具が、上にスワイプすればショップがぱっと出てきます。


野生のポケモンが出てきた理由をひと目で確認


160810pokemon_advanced_tactics2.jpg


やぶの中から野生のポケモンが飛び出して来たら、それを囲む小さなリングに注目しましょう。リングの色が白なら、そのポケモンはもともとそこにいたという意味です。リングの色が紫がかったピンクなら、近くにある「ルアーモジュール」に引き寄せられてきたのです。リングの代わりに、くるくる回るピンクの雲が見える場合は、そのポケモンはあなたの「おこう」に誘われて出てきたということなので、ほかの人には見えません

リングの違いを覚えれば、ポケモンをたくさん見つける感覚が育ってきます。それに、友達とプレイする時にも便利です。ピンクの雲に囲まれたポケモンを見ても「ゼニガメだ!」などと叫んではいけない、とわかっていれば、図らずも人が殺到してしまう事態を避けられますよね。


ポケモンをゲットする確率を上げて「XP」を稼ぐ


160810pokemon_advanced_tactics3.gif


プレイを始めたばかりのころは、ポケモンを捕まえるのなんて簡単だと思うかもしれませんが、レベルが上がるにつれ、捕まえるのが難しくなっていきます。強いポケモンが出てくるようになりますし、モンスターボールを上手に投げるコツをマスターしなければ、大量にあったモンスターボールもどんどん減っていくでしょう。ポケモンが現れたら、まずはスクリーンのポケモンをタップして、ほかの人の邪魔にならない安全な場所に移動しましょう。ポケモンをタップして遭遇画面に入ったら、捕まえるか、何度も失敗して逃げられない限り、ポケモンはスクリーン上から消えません。

ポケモンを捕まえるためにモンスターボールに指を置くと、ポケモンの周りに白いリングが現れます。ポケモンを捕まえるには、とにかくこのリングの中にモンスターボールを投げるのが最低条件です。白いリングの内側には色付きのリングがあり、「ぱっと大きくなっては徐々に小さくなる」を繰り返しています(色付きのリングについては後述します)。リングの色は、そのポケモンを捕まえる時の難易度を示しています。大きさが変わる色付きリングの「内側」めがけてモンスターボールを投げましょう。そうすれば、ボールが当たった瞬間のリングの大きさに応じて「XP」という経験値がもらえます。

  • 色付きリングが大きい時にリングの内側にボールが当たると「Nice!」と表示され、無事に捕まえれば10XPがもらえます。
  • 色付きリングが白いリングの半分くらいの大きさの時にボールが当たると「Great!」と表示され、50XPがもらえます。
  • 色付きリングがとても小さい時にボールが当たると「Excellent!」と表示が出て、100XPがもらえます。

モンスターボールを上手に投げると、獲得できるXPが多くなるだけではありません。調査力のある「reddit」ユーザーがポケモンGOアプリのデータマイニングを行ったところ、投げ方がうまいとポケモンを捕獲できる確率も高くなる可能性があるとわかったそうです。また、カーブボールを投げて捕まえられた場合にも10XPをボーナスとして獲得できますが、そもそもカーブボールだと捕まえられる確率が高くなるそうです。カーブボールは、モンスターボールに指を置いて、くるくる回してから投げます。ボールがなかなかポケモンに当たらない場合は、AR(拡張現実)モードをオフにしてみてください。ポケモンが固定されます。ついでに、ARモードをオフにするとバッテリーをかなり節約できますね。

追加でもらえるボーナスXPは、それ自体は大したことがなさそうですが、積み重なれば大きな違いを生みます。特に、「しあわせタマゴ」などの道具を使っている時だと、その効果は歴然です。しあわせタマゴは、もらえるXPを30分間だけ、2倍にしてくれる道具です。しあわせタマゴの使用中にモンスターボールを上手に投げれば、ポッポのようなどこにでもいるポケモンでも、結構XPが稼げます。通常なら100XPしかもらえないところ、2倍の200XPを獲得できますし、カーブボールを投げて「Excellent!」が出れば、ボーナスとして220XPが加算されます。ポッポを捕まえただけで420XPも獲得できるわけです。これは、初めて捕まえた時のボーナスとほぼ同じです。


160810pokemon_advanced_tactics4.jpg


ただし、すでに説明したように、捕まえるのが難しいポケモンもいて、それは大きさの変わるリングの色でわかります。難易度は難しい順に、赤>オレンジ>黄色となり、緑ならとても簡単に捕まえらえます。赤、オレンジ、黄色のリングで囲まれたポケモンでも、捕まえやすくできる道具があります。例えば、「ズリのみ」を使うと難易度が1つ下がりますが、使えるのはたった1度だけ。ポケモンが逃げてしまえば、新たに別のズリのみを使わなければなりません。「スーパーボール」や「ハイパーボール」を使った場合もポケモンが捕まりやすくなりますが、入手しにくいので、強力なポケモンに出会った時のために取っておきましょう。


強化と進化を最大限に活用する


160810pokemon_advanced_tactics5.jpg


各ポケモンの価値を決めるのは、トレーナーのレベル、捕まえた時のポケモンのCP(戦闘力)、ポケモンの「わざ」といった要素です。通常は、CPが一番高いポケモンだけをキープして、残りは博士に送って「アメ」と交換してもらうのが良いでしょう。集めたアメは、手もとに残した最強のポケモンを進化させるために使います(各ポケモンが進化するために必要なアメの数はこちらの表で確認してください)。進化を遂げたら、次は「ほしのすな」を使って強化を図っていきます。

仮に、ヒトカゲを2匹捕まえたとしましょう。1匹はCP230、もう1匹はCP450です。この場合は、CP450のヒトカゲをキープし(お気に入りとして星マークをつければ、自分が持つポケモンの中で最強だということがわかります)、もう1匹は博士に送り、ヒトカゲ用のアメをもらいましょう。キープしたヒトカゲはすぐに強化せず、十分なアメがたまってリザードに進化するまで待ってください。リザードに進化した後も同様に、すぐに強化しないで、アメがたまってヒトカゲの最終形であるリザードンに進化するまで待ちます。リザードンに進化してようやく、ためておいたほしのすなを使って強化を開始してください。

CPの高いポケモンを見つけたければ、トレーナーとしてのレベルアップが必要です。Pokmon Goを開発したナイアンティックはCPの仕組みについて口を閉ざしていますが、もっと詳しく知りたいという人のために、少し説明しましょう。

  • 同じ種類のポケモンのCP最大値は、捕まえた時のCPが何であれ、すべて同じです。基本的には、CP100のヒトカゲでもCP450のヒトカゲでも、CP最大値は一緒です。最大値は、トレーナーとしてのレベルによって変わります。いずれにせよ、CPの高い方のポケモン1匹だけをキープしましょう。長い目で見れば、強化するためのリソースを節約できるからです。
  • ポケモンの種類によっては、CPの最大値がかなり高いものもいます。
  • トレーナーレベルが上がれば、自分が持っているポケモンすべてのCP最大値も上がります。レベル20のトレーナーが持つポケモンのCP最大値は、レベル10のトレーナーが持つポケモンのCP最大値よりも高いということです。
  • ポケモンを進化させるとCPの現在値と最大値が上がりますが、最大値に対する現在値の割合は変わりません。つまり、CPの現在値が20、最大値が100のポッポをピジョンに進化させると、CPの値は40、最大値は200となり、現在値の割合は20%のままです。

わかりやすい目安は、捕まえた時にリングが赤くなかったポケモンは進化させないというもの。では、仮にCPの高いヒトカゲを2匹持っているとしたら、どちらを進化させたらよいのでしょうか。そのうちの1匹をバトルに参加させるつもりなら、どんなわざを持っているか確認しましょう。タイプの違う2つのわざを備えたポケモンを持つのがベストです。ヒトカゲの場合、ノーマルタイプの「ひっかく」、ほのおタイプの「かえんほうしゃ」の2つのわざを持ったものの方が、ほのおタイプのわざを2つ持ったものよりも望ましいでしょう。

いろいろ書きましたが、本気でポケモンを強く育てたかったら、できるだけ早くトレーナーレベルを上げるのが一番です。ゲームを始めたばかりの段階では、捕まえたポケモンを強化するのは得策ではありません。結局、リソースがムダになってしまいます。これは、ほしのすなに関してとりわけ重要な点です。ほしのすなは、長くプレイすればするほど、見つけにくくなるからです。道具は無駄遣いせず、まずはトレーナーとしてのレベルアップに専念しましょう。


しあわせタマゴでトレーナーとして一気にレベルアップ


一気にすばやくレベルアップしたいなら、弱いポケモンをたくさん捕まえておいて、進化させる時にしあわせタマゴを使い、XPを2倍獲得しましょう。そのために、ポッポやコラッタなどを大量に捕獲し、アメを十分に集めておいてください。それから、しあわせタマゴを使って、たまったポケモンを一気に全部、進化させます。ポケモン1匹を進化させると、通常は500XPがもらえますが、この方法なら倍の1000XPを獲得できます。

プロの技:経験値を稼ぐのが目的なら、ピジョンをピジョットに進化させないでください! ポッポならば4匹まとめてピジョンに進化させるとしても、必要なアメは48個です。この時にしあわせタマゴを使えば、一気に4000XPが手に入ります。一方、ピジョンをピジョットに進化させるには、1匹につき50個のアメが必要なのに、進化させた時にもらえるXPは、しあわせタマゴを使っても、1匹につき1000XPです。ちゃんと計算をした上で、それまで積み上げてきたリソースを投入するようにしてくださいね。

また、ウェブサイト「Goliath」のNick Steinberg氏は、進化するために必要なアメが集まっているのであれば、進化前にバトルに参加させて、体力(HP)を使い果たすのもありだと言います。敵のジムに乗り込んで戦って瀕死状態になっても、アメを使って進化させればHPは100%回復するでしょう。

足跡機能を使って捕まえたことのないポケモンを手に入れる


※このセクションで説明している足跡機能は、現在開発者が停止しています。ご参考までに。



ポケモンの足跡機能はそれほど正確ではないので、必ずしも何かを見つけたり捕まえたりできるという保証はありません。けれども、うまく追跡するためのコツはいくつかあって、「GameXplain」がYouTubeチャンネルに載せた上の動画で紹介しています。

  • 足跡が3つある時は、現在の地点から1キロメートル以内にポケモンがいるということです。足跡が2つなら100メートル以内に、足跡が1つなら10メートル圏内にポケモンがいます(これは正式発表された数字ではありませんが、ほぼ間違いなさそうです)。足跡が消えたら、あなたはそのポケモンのいるところまで来た、という意味です。
  • 追跡するポケモンを1匹に絞り込んではいけません。「近くにいるポケモン」のタブを開けたままにしておきましょう。そうすれば、ポケモンがいる場所までの距離に応じてポケモンの表示順が変わるのがわかります。左上に表示されているのが一番近くにいるポケモン、右下にいるのがその中では一番遠くにいるポケモンです。
  • リストの中に追いかけたいポケモンがいたら、方角を選んでください。ポケモンの表示順や足跡の数が変わらないか見てみましょう。順番が下がったり、足跡の数が増えたりした場合は、方角が間違っているという証拠です。

足跡が消えるのを待ちながらのポケモン探しはもどかしいものですが、ポケモンを追跡するなら、今のところはこれがベストの方法です。とはいえ残念なことに、足跡機能には問題が生じていて追跡が難しくなっており、開発者が解決に乗り出しています。特定のポケモンを探しているのなら、『Poke Radar』などのアプリを使ってみましょう。トレーナーたちがどこでどんなポケモンを捕まえたかがわかります。ポケモンの種類によって、孵化する可能性の高い場所は違います。どこに行けば良いのかがわかれば、そこに頻繁に足を運び、図鑑に表示されるポケモンが増やせますね。


タマゴを早く孵化させるには


タマゴをかえしたかったら、「ふかそうち」が必要です。プレイを始めた時点で、ずっと使える「ムゲンふかそうち」をひとつもらえます。その後も、トレーナーレベルが上がった時のボーナスとして、「ふかそうち」を何度かもらえますが、これは3回使うとなくなってしまいます。2kmのタマゴを孵化させる時はつねにムゲンふかそうちを使い、ほかのふかそうちは5kmや10kmのタマゴ用に取っておきましょう。なぜかというと、ボーナスでもらったふかそうちに2kmのタマゴを入れてしまうと、3回しか使えないので、たった6km歩いただけで使い切ってしまうからです。これではもったいないですよね。もし10kmのタマゴを入れれば30km分のタマゴを孵化できるのですから。それに、2kmのタマゴから生まれるポケモンはたいてい、良くいるタイプなので、孵化させなくてもすぐに見つかります。一方、5kmと10kmのタマゴに入ったポケモンはなかなか見つけられないレアものです(タマゴからかえるポケモンの全リストはこちら)。

また、タマゴをゲットしたらできるだけ早く孵化させなければなりません。中にいるポケモンのCPは、孵化した時ではなく、それをゲットした時のトレーナーのレベルで決まります。おまけに、タマゴは最高で9個しかキープできません。その数に達すると、ほかのタマゴを集められなくなります。レベル20のトレーナーであっても、手もとにあるタマゴがレベル5の時に集めたものであれば、孵化させてもそれほどすごいポケモンにはなりません。ですから、タマゴはできるだけ早く孵化させるのが一番です。ウォーキングやジョギングに出かけ、自転車に乗りましょう。必要とあらば、道具を使ってみては?


ジムを楽々制覇する



初心者のトレーナーは、ジムでの戦いに挑んでも、やみくもにタップしまくる羽目になります。力任せで相手を打ち負かすわけです。上の「Tech Insider」YouTubeチャンネルの動画では、もっとうまく戦う方法が紹介されています。カギとなるのは、いくつかの重要なわざです。

  • 敵のジムに挑む時は、自分が持っている中で一番強い上位6匹のポケモンを使いましょう。原文筆者と友人はこの6匹を「bunker busters(バンカーバスターズ)」と呼んでいます。戦う前に、すべてのポケモンのHPが満タンになっているかどうか、忘れずに確かめましょう。
  • バトルが始まったら、スクリーンが黄色に光るのを待ちましょう。黄色に光ったら、左右にスワイプして相手の攻撃をかわします。黄色のフラッシュはバトルの間じゅう、何度も出てきますから、「光ったら攻撃をかわして攻める」を1セットにして最後まで繰り返してください。かわせないわざもありますが(「じしん」など)、大半は避けられます。
  • ジムを防衛しているポケモンは1.5秒ごとに攻撃してきます。この点を念頭に置いて、「相手をかわして攻撃する」というパターンを計画しましょう。かわした後にいつまでも攻撃していてはいけません。

バトルに勝ったら、チームのために、ポケモンを1匹ジムに残して防衛に当たらせます。一番強いポケモンを守りにつかせたくなりますが、2番目か3番目に強いポケモンにしましょう。最強のポケモンは自分のバンカーバスターズとしてキープし、残りの強力なポケモンを、ジムを守り堅持するために配置します。一定時間ジムを防衛していられると「ポケコイン」が手に入り(1カ所につき10コイン)、ショップで買い物ができます。24時間で獲得できるのは最高で100ポケコインです(1人のトレーナーがジムに置けるポケモンは1カ所につき1匹で、最高で10カ所までだからです)。

とはいえ、ポケコインの獲得よりもトレーナーとしてのレベルアップに専念したい人は、ジムのレベルを上げて守ることには時間をあまりかけない方が良いと思います。自分のジムでトレーニングを行い、守りを固めるよりも、敵を倒してそのジムを制覇した方が、5倍のXPを獲得できるからです。また、ジムレベルを上げる方がずっと時間がかかります。1回のトレーニングに参加させられるのは自分のポケモンの中から1匹だけですが、敵チームのジムに戦いを挑む時は6匹のポケモンを使えます。ポケモンの強化の項目でも同じことを書きましたが、まずはトレーナーとしてのレベルアップに専念しましょう。チームのためのジム防衛は後回しでもかまいません。


ポケコインを賢く使う


ポケコインを持っていてショップで買い物をするなら、ポケストップで手に入るような道具を買って無駄遣いしてはいけません。ルアーモジュール(近所にポケストップがないなら「おこう」)やしあわせタマゴを買いましょう。タマゴがありすぎて困っているなら、ふかそうちを買うのも良いかもしれません。また、レベルアップするたびにもらえる道具が何かを把握しておきましょう。そうすれば、まもなく無料で手に入る道具を買ってしまうといった失敗をせずに済みます。「Reddit」内の「TheSilphRoad」には、レベルアップするたびにもらえる道具がすべてリストアップされているので参考にしてください。


Patrick Allan(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)
Illustration by Sam Woolley.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.