• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

和田美樹和田美樹  - ,,,,,,  11:00 PM

実際に体験した私が考える「有料の瞑想アプリ」を使う価値

実際に体験した私が考える「有料の瞑想アプリ」を使う価値

160809meditation_app1.jpg


瞑想アプリは、瞑想する時間を作り出してくれたり、瞑想を手ほどきしてくれたり、新しいテクニックを紹介してくれたり、といった機能があります。その種類は、単純なタイマーから、大がかりな一連の講座やチュートリアルの購読まで、多岐にわたります。いくつかを例に取って、内容を説明したいと思います。


アプリは、音楽やお香、座布団などと同様、瞑想の必需品ではありません。実際、瞑想を始めるには何も必要なく、私はこれまでも、簡単に始められる方法をたくさん紹介してきました。呼吸を数回数えるだけのプチ瞑想もあれば、毎日の日課を中断して行うものもあります。また、お皿を洗ったり、近所を歩きながらマインドフルな状態になる方法もあります。

瞑想で何を達成したいのかによっては、アプリが役立ちます。アプリは以下のような役割を果たします。

  • 習慣化を助ける。毎日瞑想のことを通知してくれるアプリもあれば、最長継続日数や、そのアプリで瞑想した累計時間などのデータを記録してくれるものもあります。
  • 瞑想用のタイマーや、バーチャルの家などを提供する。瞑想時間は、時計でも計ることができますが、ガイドアプリを使ったほうが、より本格的な感じもして、今ここでやらねばと思うことができます。
  • 瞑想をより上手に行う方法を学んだり、新しいテクニックを試したりできる。瞑想中に心がさまよったとき、また他の種類の瞑想を試してみたいとき、ガイド付きのセッション(音声による指導)が、進行を助けてくれます。

なかには、精神衛生を向上させると約束するアプリもあります。瞑想は、本当に精神的恩恵をもたらす部分もあるのですが、確固たる科学的根拠がないまま、不安を取り除くとか、うつ症状に効果があるなどとうたうアプリも多いので、問題がある人は、そのようなうたい文句に依存せず、信頼できるところに助けを求めましょう。瞑想だけでなく、専門家に連絡したり、ホットラインやサポートグループを探したりしてください。


日常生活の各シーンにマインドフルネスをもたらすBuddhify (iOS/Android対応)



このアプリには、無料バージョンはありませんが、たった数百円でダウンロードでき、継続課金の購読サービスはありません。ここで紹介する3つのうち、最も安価です。Buddhifyは、iOSと Androidに対応しています。

有料コンテンツ:さまざまなシーンや目的に応じた瞑想ガイダンスのレコーディング。その大半は、「呼吸に意識を向けましょう」というたぐいの単純な瞑想ではなく、自分が体験していることに意識を向けることを促すもの(マインドフルネス瞑想)です。たとえば、食べる瞑想では、自分が食べているものをじっくりと意識し、味わいます。また、自分に批判的になっているときに、自分の思考を特定し、それに名前をつけることで(「懐疑心さん、こんにちは」というように)、自分の感情を理解しつつ、客観的な距離を取りましょうといった瞑想もあります。


学びの道を手ほどきするHeadspace(iOS/Android対応)



Headspaceは、かわいいアニメーションが使われている人気の瞑想アプリで、iOSとAndroidに対応しています。ほとんどのコンテンツが、毎月12ドル95セント(年間95ドル88セント)の定期購読の対象ですが、10回の無料セッションだけであなたの必要とするものが学べる可能性もあります。

無料コンテンツ:音声ガイド付きの10種類の瞑想。これらは、順番に行われなければなりません(最初のものを終了しないと2番目に進めないシステム)。コンセプトを学ぶための動画で始まるセッションもあり、たとえば、あなたの思考を表す車のアニメーションが出てきて、あなたはそれをただ眺める傍観者だという説明があったりします。

いったんすべての瞑想をやり終えたらば、どれでも再度行うことができますが、この10種類以外の瞑想をするには定期購読が必要です。

また、何種類かのデータを見ることができます。あなたの平均瞑想時間、行ったセッションの累計回数、そのアプリで瞑想した累計時間、継続日数、といった数字です。また、最高5人の友達を瞑想仲間として登録し、互いのデータを見ることもできます。


至福の場所へ連れていってくれるCalm(iOS/Android/Web対応)



Calm はもともと、リラクゼーション・サウンドと動画が再生できるウェブサイトとしてスタートしましたが、現在は、iOSとAndroidに対応する、本格的な瞑想アプリになっています。Headspace に比べ、無料サービスが多く、定期購読も低額で、月額9ドル99セント、年間39ドル99セントです。

無料コンテンツ:手始めに、心安らぐビーチの波の音など。無料アプリでは、全28シーンの自然の音や癒し音楽が利用可能です。私はここの、葉に落ちる雨の音が大好きです。

Headspace同様、Calmにも、無料でできるガイド付き瞑想のシリーズ、the Seven Days of Calmがあります。さらに、1日1回、無料購読者限定のセッションを提供しています。これは有料定期購読を促すためです。また、ガイドなしの瞑想も無料です。終わったらやさしい鐘の音がなる瞑想タイマーか、自分でやめるまで無限に続けられる瞑想が選べます(時間を知りたい人には2分/5分/10分ごとに鐘の音を鳴らすオプションもあります)。そして、シリーズになっていない2種類の単独セッション「ボディスキャン」瞑想と「慈悲」の瞑想も、3分~30分の好きな時間設定で行うことができます。

有料定期購読者は、the Daily Calmという、特定テーマの日替わりの瞑想(アプリの中にはありません)が配信されます。ちなみに今日は、「受容」の10分間瞑想でした。


まとめ


以上のアプリは、どれも、瞑想を始めたり続けたりするのに役立ちます。Headspaceは、瞑想の方法を手ほどきするコースとして構成されており、あるシリーズを一度選んだら、それをやり通すことが求められます。Buddhifyは、あなたが日常の瞬間、瞬間にやっていることをマインドフルに行うのに最適ですが、一連のコースにはなっていません。Calm は、コースをたどるのもよし、単独の瞑想を行うのもよしのハイブリッドです。またCalm は、3つのうちで唯一、BGMやサウンドの提供を行っています。

これらのアプリの機能は、他の方法でも利用可能です。Spotifyでは、瞑想ガイダンスや、自然の音、癒し音楽などをストリーミングで再生することができます。また、タイマーだけが必要という人なら、普通にタイマーを使ってもいいわけです。しかし、すべてのツールが1つの場所にまとまっていて、瞑想の累計時間を記録できたりするのは便利です。そうした機能に利用価値を見いだせるなら、アプリを使う価値があるということです。

私は、他を試した後に、Calmを使い始めたのですが、これからも使い続けようと思っているのはやはりCalmです。使い始めた頃、多くのストレスと戦っていたのですが、癒しの雨音が、私を心のバケーションに連れていってくれました。私は、アプリに枠組みを与えてもらわないと、落ち着いて瞑想することができません。しかし、Headspaceの、コースを順番に進まなくてはいけないスタイルは、あまり自分には向いていないと判断しました。私には、中間に位置するCalmがちょうど良いのです(また、ナレーターのTamara Levittの声も大好きです)。今は、有料定期購読をしていますが、いずれ解約し、雨音とシンプルな瞑想を無料で楽しむことも考えています。


Beth Skwarecki(原文/訳:和田美樹)
Illustration by Sam Woolley.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.