• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  12:00 PM

ビッグデータで判明。メールの返信が来る確率を高める6つの法則

ビッグデータで判明。メールの返信が来る確率を高める6つの法則

160809mail_response1.jpg


カスタマーサービスに対してクレームを入れる時でも、オフィスで同僚からの返信がほしいだけの時でも、これから紹介する6つのメールのルールを使えば、返信が返ってくる確率を高めることができます。


他人に対してメールを書く目的は、大抵の場合、相手から返事をもらうことです。しかし、メールが長すぎる、怒りが感じられる、回りくどい、十分な情報が書かれていないなどの理由で、相手にスルーされてしまったり、忘れられてしまうことがしばしばあります。そこで、メール効率化サービスのBoomerangが、530万以上のメールを確認し、どのようなメッセージが相手に最も多く返事をしてもらえるかを見つけ、いくつか有益な発見をしました。

BoomerangブログのAlex Moore氏がまとめた、これらのデータに基づいた6つのアドバイスは次の通りです。

1. よりわかりやすい言葉で、短くまとめる。小学3年生でも理解できるレベルの文章が一番良く伝わる。

2. メールの中には1つから3つの質問を入れる。

3. メールには必ず件名を入れる。そして、件名は3〜4ワード程度に抑えること。

4. 若干ポジティブ、もしくは若干ネガティブなトーンの文章にする。どちらも、ニュートラルなトーンよりも効果がある。

5. 意見を明確にする。意見がちゃんと記されたメッセージには、客観的内容のメッセージよりも返事が返ってくる確率が高い。

6. 十分に、しかし、ちょうどよくまとめる。全体的に、50ワードから125ワードくらいの長さにすること。

この方法を使ってメールを書くことを実践してください。そうすれば、気が付かないうちに必ず返信が返ってくるようになります。


7 Tips for Getting More Responses to Your Emails (With Data!) | Boomerang Blog via The Atlantic

Patrick Allan(原文/訳:コニャック
Image by Joe the Goat Farmer.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.