• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

藤加祐子

 - ,  06:00 PM

リラックスした夜を過ごしたい...。静かな和空間は『畳&竹細工ランプ』で作れる

リラックスした夜を過ごしたい...。静かな和空間は『畳&竹細工ランプ』で作れる

160804_tatamolamp_top.jpg


仕事の忙しさも夏の暑さもストレスになるこの季節。

休息の時間は静かに涼しげに過ごしたいですよね。そこでご提案したいのが「和空間づくり」です。畳に使われるい草の香りと、ほんのりともるランプの灯りが、ゆったりした時間を演出してくれます。

部屋の一角だけを和室にできる手軽な畳が、machi-yaに出店している「TATAMO!」さんに数多くラインナップされています。今回は「THE COVER NIPPON」さんで取り扱いの「駿河竹千筋細工ランプ」と合わせてご紹介します。


シックにまとめて大人和空間を創る

160804_tatamolamp_001.jpg

TATAMO!さんで扱っている畳の材料「い草」は全て熊本県産です。『OKI TATAMO! 1.5畳 Cool』はナチュラル(無着色)ブルーグレーを組み合わせて、モノトーン系のインテリアコーディネートが楽しめます。

1.5畳というと広すぎるのでは?と感じるところですが、「OKI TATAMO!」シリーズは60×30cm、30×30cm、60×60cmの畳をパズルのように組み合わせて使います。今日は広めに、明日は数枚だけなど、気分によって配色も面積も変更できる点が最大の魅力ですね。

【サイズ詳細】
・60×60ナチュラル(無着色)3枚、
・60×30ナチュラル(無着色)4枚/ブルーグレー3枚
・30×30ブルーグレー2枚
合計210cm×120cm


160804_tatamolamp_002.jpg


シックな色合いの畳には、シンプルなデザインの『駿河竹千筋細工 行灯 月光』がおすすめです。駿河竹千筋細工江戸時代武士の内職として作られたのが始まりと言われています。

江戸時代をそのまま再現したような雰囲気のある行灯(あんどん)ランプで、武士のように正座して読書してみたくなりますね。

サイズ:幅19×奥行19×高さ35(cm)
素材:材質:真竹、孟宗竹

前向きになれるカラーの畳には縁起物を置いてみる

160804_tatamolamp_003.jpg

OKI TATAMO! 1.5畳 Modern』はブルーグレーサフランイエローの組み合わせで、ポップになり過ぎない大人らしい明るさが演出できます。
日中こそ元気いっぱいの色に見えますが、夜には落ち着いた畳の風合いにより、日中に気合の入りすぎた心を沈めてくれるかもしれません。

TATAMO!さんでは売上の一部を熊本地震の義援金として寄付するとのことです。応援しながら模様替えも素敵ですね(対象期間2016年12月末まで)

【サイズ詳細】
・60×60ブルーグレー2枚、サフランイエロー1枚
・60×30ブルーグレー4枚、サフランイエロー3枚
・30×30サフランイエロー2枚
合計210cm×120cm


160804_tatamolamp_004.jpg

縁起物の「赤富士」をイメージした『駿河竹千筋細工 ミニランプ 小さな赤富士山』は、今仕事を頑張りたい!と思っている方の休息時間にピッタリです。静岡県と長野県で採れた竹を使用し、丸ひごを1本1本を組み千筋に仕上げる、職人技の光る繊細な逸品です。

頑張りすぎて元気切れにならないよう、一呼吸おきたい時間にも赤や黄色の色合いは心に元気をチャージしてくれそうですね。

サイズ:14×奥行14×高さ12(cm)
素材:真竹、孟宗竹

なお、お手入れの際は柔らかな刷毛で、ホコリを取るようにしましょう。

*商品はすべて天然素材です。湿気や直射日光を避けてご使用ください。


souce:machi-ya

(藤加祐子)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.