• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

和田美樹  - ,,  09:00 PM

夜型人間でも9時・5時の職場世界で活躍できる6つの方法

夜型人間でも9時・5時の職場世界で活躍できる6つの方法

20160724nine_five.jpg


夜明けの電話会議、朝食ミーティング、あるいはオフィスのコーヒーメーカーのスイッチが正午までには必ず切られているという事実は、職場世界が朝型人間向けにできていることを示す一握りの例です。しかし夜型人間が活発になるのは、別の時間帯なのです。


Matchock博士は、朝型人間と夜型人間には、生物学的な違いが存在すると言います。メラトニンは、分泌量が増えたときに体の覚醒度を下げるホルモンですが、夜型人間の場合、午前中の遅い時間になるまでメラトニンが減りません。また、午後に深部体温が上昇するので、そのタイミングで元気が出る場合が多いと言います。

超朝型や超夜型という人は少なく、私たちの大半は、その中間に属します。しかし、それぞれが活発になる時間は、遺伝によるところもあるらしいのです。

「朝型の人は、比較的早い時間に"睡眠惰性"すなわちだるさをあまり感じることなくすっきり目覚め、早い時間に生産性のピークを迎えます」と博士は説明しています。一方夜型の人は、「午前中の遅い時間に目覚める傾向があり、早く起きなくてはならないと、一般的に、強い睡眠惰性を感じ、生産性が高まるのは、遅い時間になる」と言います。

残念ながら、私たちは現代の就業時間のシステムをあなたのモグラ人間スタイルに変えたり、生まれつきの体内時計を書き換えたりすることはできません。しかし、良い知らせは、特定の習慣や日課を少し変えるだけで、仕事ができるようになるということです。では、体の仕組みと、ちょっとした戦略を利用して、成功を収める方法を紹介しましょう。


1.前日に仕事の手順書を作っておく


もしあなたが、夜型人間で昼間の仕事をしている人なら、出勤時は、おそらく脳がまだ覚醒していない状態で、その日にやらなければならないタスクについても、認識があいまいなのではないでしょうか。霧のかかったような、非生産的な状態で午前中を無駄にする代わりに、朝のTo-Doリストを、活力と集中力のある前日の午後に作っておきましょう――と勧めるのは、職場エキスパート(正確には、職場についてのアドバイスをするコラムニスト)で『不機嫌な上司――あなたのボスはなぜ怒る?』の著者Anita Bruzzese氏です。

リストはできるだけ詳細にし、しなければならないことに優先順位をつけます。「前日やり残したこと、しなければならない電話など、なんでも細かく書き出して優先度順に並べ、頭が働くようになるまでは、それに従います」とBruzzese 氏は言います。具体的な手順が用意してあれば、午前中の低調な時間を乗り切ることができるというわけです。


2. 朝のルーティンを短縮する


シャワーを浴び、服を並べ、カバンやバッグにモノを詰め、朝食とお弁当を作る。これを前の晩にやっておきます。これらのルーティンを済ませておくと、毎日、朝の時間を1時間削ることができ、その分寝ていられるのです。それによって、午前中の反応時間、覚醒度、気分、生産性が劇的に向上する可能性があるとMatchock博士は言います。

これは、誰にでもできることではありませんが、職場のそばに引っ越すことも考慮しましょう。通勤を、寝室からホームオフィスまでにして、寝る時間を稼ぐのです。また「私は以前オフィスの隣にアパートを借りて、9時始業のために8時半に起きていたことがあります。起床時間は通勤時間によって大きく変わるのです」と言うのは、リーダーシップ・コンサルタントで『大学では教えてくれないビジネスの真実』の著者Alexandra Levit氏です。


3.考えずにできるタスクから先にやる


Levi氏は、すべての仕事が同等のブレインパワーを必要とするわけではないと言います。夜型人間は、午前の時間を、あまり考えずに自動的にできるタスクに使うべきです。たとえば、一部のEメールに対する返事、経理関係の事務、経費報告書、フォローしているブログやウェブサイトを見る、LinkedInの投稿、折り返しの電話、といったことです。こうした、つまらないが必要な作業が片付いた頃には、体と脳にエンジンがかかり、最も生産性を必要とする仕事ができる状態になっているでしょう。


4.難しいタスクはパフォーマンスが最高潮の時間帯に


じっくり考えることが必要な仕事――たとえば重要な報告書や、プレゼンテーション、チームのブレインストーミングなどを、あなたの活力がピークに達する時間枠にもってきましょう。それは、夜型人間の場合、午後の遅い時間から夕方にかけてということになりますが、その限りではありません。

「夜型人間にとって、難しいタスクを、昼前にしなければならなかったとしても、それは朝早いよりはましなのです。私は、ランチ前の午前遅くか、午後遅くを勧めます。というのは、しっかりした食事の後は、食後の一時的活動低下といって、覚醒度、体温、血糖値がすべて下がるので、昼過ぎは、厄介な時間帯だからです」


5.仕事の一部を持ち帰る


夜7時から9時は、多くの夜型人間がエンジン全開になる時間だといいます。この体の仕組みを活用し、その時間帯を負荷の高い仕事に当てましょう。つまり、一部の仕事を家に持ち帰るのです。冗談ではありません。朝の10時にやろうとするよりあなたの作業効率が良いのですから、やる価値があります。そう言うのは、シカゴのEnerpace, Inc. Executive Coaching の創業者で社長のElene Cafasso氏です。

自宅での夜の1~2時間を、深い思考を必要とする仕事に当てることは、夜型人間にとっては有効です。ただし、あまり遅くまで作業しないように。「9時に出社しなくてはならないのに深夜すぎまで仕事をしているのは非生産的です」とMatchock博士は言います。それに、寝不足になり、翌日オフィスで最大限に機能することができません。


6.始業時間を遅くしてもらう・在宅勤務日を設けてもらう


夜型人間は、目を閉じている時間が1時間でも余計に取れたほうが朝調子が良いのですから、9時から5時の勤務時間を10時から6時に変えられないか検討する価値はあります。「就業時間に合わせて体の仕組みに抗うのではなく、体の仕組みに合わせて就業時間を変えるという手もあるのです」と Matchock博士は言います。

すべての上司が理解を示すことはないでしょうが、最近では、個人や家族のニーズを満たすために時間を少しずらしてほしいと頼むことは、けっして外れたことではありません。「ラッシュアワーの交通を回避したり、保育事情で勤務時間の変更を頼む人はいます。大事なのは、時間変更によって、あなたの仕事効率がどれだけ向上するかを説明することです」とCafass氏は言います。

夜型人間にもっといいのは、週に何日かだけでも在宅勤務にしてもらい、通勤がなくなった分、20分のパワーナップ(パフォーマンスを向上させることが研究で示されているとMatchock博士は言います)を何度か取ることです。これは、あなたのオフィスの文化にもよりますが、今日の職場環境では、妥当な要求と言えるでしょう。「きちんと連絡が取れる状態である限り、たまの在宅勤務日を検討してもらえるかもしれません」とCafasso 氏は言います。


Dana Hudepohl(原文/訳:和田美樹)
20160724nine_five.jpg
Photo By Shutterstock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.