• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

鈴木統子鈴木統子  - ,,  08:00 PM

徹底比較。最強の電子書籍リーダーはこれだ!

徹底比較。最強の電子書籍リーダーはこれだ!

160730ebook_readers.jpg


MakeUseOf:もし、あなたがかなりの読書好きなら、いや、たとえそうでなくても、電子書籍リーダーは、今やマストバイアイテムです。持っていれば、何千冊という本をポケットにしまって持ち歩くことができ、数日間再充電の必要なく読書を続けられて、好きな時に新しい本を購入することができます。無料でダウンロードできるフリーコンテンツも山ほどあります。

でも、もし1台買うのだとしたら、一体どの端末を買うべきでしょうか? ランクによって機能が異なり、選択肢もさまざまあるようですし、値段も大きく変わってくるようです。お金を払う価値のあるものは、一体どのリーダーでしょうか? ランクごとに分類して、各リーダーの特徴を見てみましょう。


超ウルトラプレミアム・クラス


Kindle Oasis

このランクの電子書籍リーダーは、1種のみ。Amazonの電子書籍リーダーの最新モデル、Kindle Oasisです。キャンペーン情報つきモデルで税込3万5980円、無料3Gつきキャンペーン情報なしのモデルだと、なんと税込4万3190円という価格。このくらいのお金を払えば、小型のPCを買うこともできます。でも、現在発売されているものの中では、ずば抜けて優れた電子書籍リーダーなのです。

Oasisのもっとも薄い部分は、3.4mm、重さは、カバーを装着していない状態でたったの130g前後。内蔵されている10個のLEDは、目にやさしく(別モデルにあるような明るさの自動調整機能は、ついていませんが)、解像度300ppiのスクリーンは、文字も画像もはっきりと見やすく、バッテリーの持続期間も並外れています。Amazonによれば、使う状況によっては、数か月間充電する必要がないとのことです。

Oasisには、初期モデルにあったような、物理的なページめくりボタンがついています。一見、タッチスクリーンでページをめくるよりもアナログっぽく、退化したかのようですが、これがすごく使いやすいんです。Oasisは、人間工学に基づき、右利き、左利き問わず快適に使えるようデザインされています。また、付属のレザーカバーが、高級感を演出します(バッテリーが内蔵されているため、駆動時間もアップしています)。

要するに、現段階では最高レベルの電子書籍リーダーです。


プレミアム・クラス


Kindle Voyage

もちろん、誰もが電子書籍リーダーのために大金を払えるわけではありませんし、払いたいとも思わないでしょう。それでも、ハイランクの体験を求めているのなら、あなたはラッキーです。良い選択肢がたくさんありますから。このクラスのKindleは、まさにあなたの期待に応える存在だと言えます。

Oasisが発売される前は、Kindle VoyageがAmazonのもっとも高価な電子書籍リーダーでした。今ですら、キャンペーン情報なし、3Gなしの一番安いもので、税込2万3980円という価格。やはり決して安い投資ではありません。でも、Oasisに負けず劣らずたくさんの機能が搭載されており、Oasisの少し経済的なバージョンだと言えるでしょう。たとえばLEDは、Oasisの10個に対して、6個バッテリーの駆動時間は、Oasisが「数か月」であるのに対して、「数週間」という計算です。バッテリー内蔵カバーは付属していませんが、センサーを利用したページめくりボタンの感触は、タッチスクリーンと似ているものの、ベゼル部分についているので使いやすいです。

よく言われていることですが、Voyageは今でも、革新的な電子書籍リーダーです。目に負担のかかるバックライトではなく、明るさの自動調整機能つきのフロントライトが搭載され、解像度は300ppi、そして、重さも190g以下。実際私も使っていますが、大のお気に入りです。


Kobo H2o

Kindle Voyageとの真っ向勝負を避け、楽天のKoboは、別の方向性を追求しています。Kobo のハイスペックモデルAura H2oは、防水機能つき(商品説明によれば、ポートカバーを閉じていれば、水深1mで最大30分まで使用できるとのこと)です。夏のビーチや、お風呂での読書に最適ですね。そのほかの利点としては、基本価格=価格であるということ。Kindleのように、キャンペーン情報なしにするために、追加料金を払う必要はありません。そして、1万8500円(税抜)という価格も、Kindle Voyageよりも経済的です。

ただ防水機能があるとは言え、ちょっとした問題点があるのも事実です。たとえば、スクリーンの解像度は265dpiと、Voyageよりも画像の鮮明さでは劣ります。3G接続もできませんので、新しい本をダウンロードするには、Wi-Fiが必要です。Koboのフロントライト「コンフォートライト」は、バックライトに比べて目に負担が少なく、バッテリー耐用期間が、使い方によっては約7週間という点も素晴らしいですね。重量233gは、Kindleよりも若干重いですが、この重さは、microSDカードスロットによるもの。これにより、32GBのストレージを増やすことが可能であり、主要電子書籍リーダーの中でも、珍しい機能と言えます。ディスプレイのサイズは、電子書籍リーダーとしては抜群の大きさの6.8インチ(ほかのものは、たいてい6インチ)です。AuraH2oは、Kindleだけが電子書籍リーダーではないということを教えてくれます。


Amazon Kindle Paperwhite

Kindle Voyageの弟的存在、Kindle Paperwhiteは、ぐっとリーズナブルな値段で、キャンペーン情報あり、3Gなしで税込1万4280円。ページめくりボタンはついていませんし(タッチスクリーンのみ)、LEDは、Voyageの6個に対して、4個。VoyageやOasis同様、3G機能の追加、キャンペーン情報なしにすることも可能。ただ、追加料金を払う必要があります。重さは、Voyageより25gほど重く、Wi-Fiのみのモデルでは205g、無料3Gつきモデルでは217gです。


スタンダード・クラス


Kindle

今まで紹介した電子書籍リーダーが予算を大幅に上回っている方にお知らせしたいのは、Kindleのスタンダード版なら、1万円以下で入手することができるということ。

AmazonのベーシックなKindleは、キャンペーン情報つきであれば、税込8980円。解像度は167ppiタッチスクリーン形式で、3Gがついているバージョンは発売されていません。重さは、161gです。特別に高機能が搭載されているわけではありませんが、それでも電子書籍リーダーとして十分に役立ちます。数千冊の本をダウンロードできて、自然光の下の読書が可能、そしてポケットに入れて持ち歩くことができます。


番外編:手持ちのデバイスにアプリをダウンロードする


お気づきでないかもしれませんが、あなたはおそらくすでに電子書籍リーダーとして使えるデバイスを持っているはずです。もし、スマートフォンやタブレットを持っているなら、KindleやKoboなどのアプリをダウンロードすれば、そのデバイス上での書籍の購入や読書が可能です(電子書籍リーダーのサブ機として使うことも可能です。私は、自分のスマホにKindleアプリを入れ、Kindleを持ち歩いていない時のちょっとした時間の読書に使っています)。

一番のメリットは、無料であるということでしょう。お金を払うのは、書籍の代金だけ。電子書籍リーダーにわざわざお金を払わずに、電子書籍を楽しむことができるという、悪くない方法です。でも、デメリットもあります。電子書籍リーダーは、非常に軽く、人間工学に基づいてデザインされていますが、スマホやタブレットは長時間手に持って本を読むのには向いていません。それに、モバイルデバイスに使われているバックライトは、ナイトモードにしたとしても、目に負担がかかります。

もし、iPhoneやiPadを持っているなら、iBooksも便利なアプリです。実際、Kindleやほかの電子書籍リーダー用のアプリよりも、使い勝手がいいかもしれません。繰り返しになりますが、デバイスをすでに持っているのなら、アプリにお金を払う必要はありませんので、かなりお得です。

電子書籍リーダーアプリは、PCにダウンロードすることもできます。これもまた決して読書するのに快適とは言えませんが、仕事の合間、ちょっとした休憩に読書をしたいという時には悪くないかもしれません。


決定! 最強の電子書籍リーダー


ここまで読まれた方はもうおわかりかもしれませんが、価格のことを考えなければ、Kindle Oasisが圧勝だと言えるでしょう。圧倒的な薄さと軽さ、使い勝手の良いページめくりボタン、10個のLED、長持ちするバッテリー、そして、バッテリー内蔵のレザーカバーを考えれば、その差は歴然としています。もし、最高の電子書籍リーダーがほしいのなら、Oasisを買ってください。

とはいえ、多くの人は電子書籍にそんなに高いお金を払おうとは思わないでしょうし、最高級ランクの電子書籍リーダーがあらゆる面で圧倒的に高性能であるのは、その価格であってのこと。それぞれの価格とメリットのバランスで考えれば、Kindle VoyageかKobo Aura H2oのどちらがいいかは迷うところです。ただ、Voyageのほうが高解像度で、軽く、ページめくりボタンもついており、3Gつきを選ぶことも可能であることを考えると、機能と値段の両面において、Kindle Voyageに軍配が上がると思います。予算が2万数千円から3万前後であるのなら、自信を持ってオススメします。

Kobo Aura H2oのような、耐水機能がないのは若干残念ではありますが、今後AmazonのKindleにも耐水機能が搭載される可能性はあります。買うのをもう少し待つかどうかは、あなたが水中に電子書籍リーダーを落とす可能性がどのくらいあるかによるでしょう。

もちろん、人によって優先事項はちがうので、どのリーダーがベストかはあなた次第です。でも、ほかの条件を考えなければ、Kindle Voyageがその機能と値段に対して、最強の電子書籍リーダーだと言えるでしょう。


The Best Ebook Reader: 7 Models Compared | MakeUseOf

Dann Albright(訳:鈴木統子)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.