• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  07:00 PM

「たった半年で人生も仕事も大きく変えられる」TEDxYouth@Kobeで新卒フリーランサー・wasabiさんが語ったこと

「たった半年で人生も仕事も大きく変えられる」TEDxYouth@Kobeで新卒フリーランサー・wasabiさんが語ったこと

160726wsbi_top.jpg


新卒でフリーランサーとなりドイツに移住するという、平均的な日本人が歩むレールから大きく外れたキャリアを実現し、ライフハッカー[日本版]でも翻訳者寄稿者として活躍しているwasabiさん。実は、今年2016年2月に、TEDxYouth@Kobeに登壇し、トークを行っていました。今回、そのときのトークが動画として公開されましたので、登壇直後に編集長の米田智彦が行ったインタビューを公開します。

wasabiさんがTEDxYouth@Kobeで語ったのは「社会のレールを外れる方法」。これからフリーランスになりたい、海外へ移住したい──ほかの人とちがうキャリアを歩みたいという人にはとても参考になるでしょう。

wasabi(わさび)
ベルリン在住のブロガー・翻訳家。既成概念を打ち破るオピニオン記事を中心に、ドイツ情報、フリーランス関連情報やライティング、語学のノウハウなど多岐にわたって発信中。TEDxYouth@Kobe 2016登壇。ライフハッカー[日本版]のほかにも、ドイツ大使館公式ブログ「Young Germany」、「ハフィントンポスト日本版」などに起稿している。


「夢」からではなく「欲」から出発しよう


TEDxYouth@Kobeのトーク動画。大学時代に友人に依頼されたアート関係の翻訳がフリーとしてwasabiさんが初めて受けた仕事でした。仕事にしたいと思ったものの、支払いが少ないのがネックになり、迷った末にたどり着いたのがクラウドでの翻訳ライティング。月々5万円ほど稼げるようになったとき、ふと「もうベルリンでの家賃くらいは払えるんだな」と気づき、ベルリン移住を決意したそう。

── TEDxYouth@Kobeでは、新卒でフリーランサーになりベルリンに渡ったことについてお話されたそうですが、おおまかにどんな内容だったのでしょうか?

wasabi:「フリーランサーになった理由」ですね。ざっくり言うと、もっと自由に、既存の枠組から外れて、いろんな挑戦をしてみたいから、実際にやってみたということになります。

もう1つお話したのが、本当は誰もが「やりたいこと」を持っているということです。「やりたいことが見つからない」という人が多いですが、「やりたいこと」を「夢」と言ってしまうと、高尚な感じになってしまって、なかなか見つからないのではないでしょうか? あえて「欲」という低いレベルから考え始めたら、絶対に見つかるはずです。私の欲は「ヨーロッパに住んで、好きなことをして働きたい」だったので、それに素直に従ってみたんですね。


レールを外れてみて、レールの上に乗っていたのだと本当にわかった


160720wasabi.jpg

ライフハッカー[日本版]を運営する株式会社メディアジーンのオフィスにて。ブログ記事を見たTEDxYouth@Kobeの担当者に連絡を受けたとき、手元にたまたま日本に帰る航空券があったため、wasabiさんは登壇を決意したそう。


── トークにはどんなメッセージを込めたのですか?

wasabi:私のメッセージは「社会の定めたレールから外れてみないと、自分がレールの上に乗っているかどうかすらわからない」ということです。私自身、実際に新卒でフリーランスになってみて、今まで社会のレールに乗っていたことを痛感しました。批判も受けましたが、常識を疑いつつ突き進んで見たからこそわかったことがあったと思います。

今強く感じているのは、「半年くらいで私はこんなに変わってしまうんだ!」ということです。翻訳のスピードもライティングの腕も上がったという実感があります。やりたい仕事をやれるようになりましたが、やっている仕事は変わり続けています。少し前まではニュースリサーチャーなどの仕事もしていたのですが、今後は翻訳5割・ライティング5割くらいでやっていくことになりそうです。また、ウェブデザインやプログラマーチームとコラボレーションする仕事も始めようと思っています。




「外国に住んで自由に働きたい」という欲に素直に従うことで夢を叶えることができたwasabiさん。自分の夢や目標に対して、あまり気負わないほうがいいのかもしれませんね。動画の中では、そうした「欲」が学生時代に感じたことと結びついて、やりたいことを実現する強いモチベーションに変化していったことなども語られています。自分の人生を見つめるうえで参考になるはずですので、もしよろしければトークをご覧になってください。


The first sight after going off the ordinary rail | wasabi | TEDxYouth@Kobe | YouTube

(聞き手/米田智彦、構成・写真/神山拓生)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.