• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

特殊強化ガラス「Gorilla Glass」の次世代モデルが発表!

特殊強化ガラス「Gorilla Glass」の次世代モデルが発表!

160725mediagene_gizmodo.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:スマホの落下はなくなりません。きっと。

だから、今ぼくたちにはより強いガラスが求められています。その「強いガラス」であり、世界中でさまざまな端末で採用されているコーニング社の特殊ガラス「Gorilla Glass」シリーズの次世代モデル「Gorilla Glass 5」が発表されました。



動画では旧シリーズと比較したデータが解説されています。落下実験によると、新開発のGorilla Glass 5では、1.6mの高さから落下しても80%の確率で無事であるとしています。

旧Gorilla Glass 4では1.0mの高さから落下した場合に80%無事であるとしているので、性能は確実に伸びていますね。160cmというと、まさに動画のように手を掲げたときと同じような高さです。


160725mediagene_gizmodo2.jpg


スマホを選ぶにあたって、あまりガラスの素材までは注目しないかもしれません。大体は...スペックや容量やカラーでしょうか。

「ガラスがGorillaだから決めちゃった。やっぱゴリってないとだめよね〜」なんて話は聞きませんよね。でもGorilla Glassシリーズはスマホにおいては本当に主流なディスプレイガラスです。


160725mediagene_gizmodo3.jpg


最近の端末ですとSONYの「Xperia Z5」、ASUSの「ZenFone 3」、サムスンの「Galaxy S7 edge」などにも採用されていますね。その他にも画面が大きく、ミドルクラス以上のスマホの場合はだいたいGorilla Glassなのではないでしょうか。その数は累計45億台、世界のさまざまなメーカーの端末で採用されています。

新発表のGorilla Glass 5を搭載したスマホは、年内のうちにも次々と登場してくるでしょう。

今後スマホがどんな風に進化していくのか、未来はさまざまな可能性に満ちています。ひょっとしたら電話というものから再び画面(ディスプレイ)が無くなる日もやって来るのかもしれません。

きっとその日まで、ガラスもまたより強く、より美しく。進化を続けていくのです。ウホウホ。


source: Corning, YouTube

(小暮ひさのり)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.