• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

藤加祐子

 - ,,,,  06:00 AM

キャンプ道具にプラスしたい! 原始的な方法で火を起こすツール【今日のライフハックツール】

キャンプ道具にプラスしたい! 原始的な方法で火を起こすツール【今日のライフハックツール】

160720_firestarter_001.JPG


ライターなど簡単に点火できる道具はたくさんありますが、火をおこす原始的なツールにはある種のロマンが感じられます。サバゲー好きでなくても、アウトドアマニアでなくても、一度は挑戦してみたくなるのが、火打ち石の火花を利用した点火ツールではないでしょうか。



160720_firestarter_002.JPG


サバイブ・ファイアースターター』はマグネシウム棒と、それを削ったり火花を起こすための金属棒、緊急用のホイッスルがセットになっています。

太くて円柱型の棒が酸素と結合しやすいマグネシウムの塊です。これを少量、付属のナイフで削り出し、燃えやすいものの上に乗せます。

その上にマグネシウム棒を触れさせた状態で、金属に少し力をこめて叩くようにこすり、火花を飛ばして点火します。マッチを擦るよりも少し強い力で叩く! という感じです。


160720_firestarter_003.JPG


ファイアースターター』は、酸素と結合しやすいマグネシウムを使用することで、湿気の高い場所や高所、低気圧下でも着火できる仕組みです。一度に使うのは少量のマグネシウムだけなので、これが一つあればライターのように燃料切れを心配することなく火をおこすことができますね。

着火すると一気に燃え広がるので、火傷や近くへの延焼にはくれぐれもご注意ください。


160720_firestarter_004.JPG


日本において火打ち石で火を起こして生活していたのは、筆者の祖母が子供のころ(昭和初期)の話です。ただ、いつなんどき自然災害が起きるかわからないのは、今も昔も変わりません。頻繁に使うツールではありませんが、こういう手段で火が起こせると覚えておくのも「生きる知恵」になるかもしれませんね。

なお、ご使用の際は、花火や灯油など引火しやすい物の近くでは使用しない、消火用の水を用意するなど、注意が必要です。使用後は必ずケースに入れ、マグネシウム棒が他の金属と触れ合わないよう安全に保管してください。


(藤加祐子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.