• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  12:00 PM

スタンフォード大の研究者が作り上げた「フェンシングの剣を事前に避けるドローン」

スタンフォード大の研究者が作り上げた「フェンシングの剣を事前に避けるドローン」

160723drone1.jpg


Popular Science:ドローンの動きというのはぎこちないものです。だからこそ、ドローンが飛行できる場所も制限されているのです。スタンフォード大学の航空宇宙工学専攻のRoss Allen氏とMarco Pavone氏は、ドローンに障害物を回避させることを教えており、ドローンはフェンシングの剣でさえ回避できるようになったのです。


彼らの論文、「キノダイナミック動作計画のためのリアルタイムフレームワークの開発およびクワッドロータの障害物回避性能への応用」にて、Allen氏とPavone氏は、クワッドローターのドローンに障害物を避けて飛行させるようにした、自分たちのシステムを解説しています。今回の研究には膨大な数学的基盤があるのですが、Allen氏とPavone氏はほとんど誰が読んでも理解できる言葉で、今回の方法を1つの文章でかみ砕いて解説しています。いわく、「機械学習を通して探索を行い、最適な制御で意志決定を行い、可能な時に事前計算を行う」のだそうです。

この実験ではクワッドコプターに周囲の障害物を認識させるため、衝突検出モジュールが搭載され、障害物回避アルゴリズムが送られています。研究室では、このセンサーはデータをコンピューターとドローンに送る外部取り付けカメラでした。将来的には、この入力は視覚的センサー、レーザーのセンサー、超音波のセンサーなど、さまざまな形で行われるだろうと2人は言います。

周囲の障害物を感知して避けることのできるシステムは、すでに商業用のドローンにも実装され始めています。クワッドコプター産業の大手、DJIは、新しく発売されるPhantom 4には、50フィート先の障害物が見えるようになる視覚センサーとソナーセンサーが搭載され、障害物を避けながら飛行できるようになると発表しました。障害物の検出と更新された飛行経路を組み合わせたAllen氏とPavone氏のアプローチが研究室の外で再現できるようになれば、彼らの研究はドローンが将来向かう道を示すことになりそうです。

下のリンクから動画を見てみましょう。



THIS DRONE DODGES SWORDS|Popular Science

Kelsey D. Atherton(訳:コニャック

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.