• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

Uber、通勤時間帯の乗り放題プランを発表

Uber、通勤時間帯の乗り放題プランを発表

160715mediagene_gizmodo.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:ライドシェア社会、見えてきた。

Uberがライドシェア競合他社だけでなく電車とも競争し始めています。マイカーを使ってタクシー営業ができるサービスのUber、アメリカでは大手タクシー会社を倒産に追い込むくらいすっかり普及しました。Uberの他にもLyft、Gettといったライドシェア会社が参加しており、激しい競争を繰り広げています。


そんな中ニューヨークにおいて、Uberが7月と8月限定で導入するのが「通勤時間帯のuberPOOL乗り放題プラン」。

の、乗り放題だって...? タクシーが?

そうなんです。このプランを購入するとマンハッタン内は125丁目より以南であれば乗り放題。つまり汚くていつも遅れるニューヨークの地下鉄に乗らずに会社に行き来ができるわけです。利用できるのが通勤時間帯(月曜〜金曜/午前7時〜10時・午後5時〜8時)だけなので、どこに行くにもタクシーとまでは行きませんが、夢のタクシー通勤ができるなんて贅沢すぎですね...。

プランが実施されるのはUberの相乗りサービス、uberPOOLですが、電車も相乗りなので1人や2人、他の会社員とタクシーに乗るくらい大したことは無いのではないでしょうか。気になるお値段は2週間のパスでなんと49ドル! たった5,000円ちょっとです。4週間パスだとさらに安く79ドル(約8,300円)。8週間だと159ドル(約1万6500円)。

Quartzはニューヨーク市の地下鉄定期券と価格を比較して、その安さに驚いています

比較してみると、ニューヨーク市の地下鉄の7日間乗り放題パスは31ドル(約3,200円)となっています。30日間のパスは116.50ドル(約1万2000円)です。(2週間、もしくは2カ月のパスは地下鉄にはありませんが、計算することはできますね)。1日2回、通勤と帰宅のため地下鉄に乗るとします。それを1週間に5日。そうすると30日間乗り放題パスを購入すると、1回電車に乗るのに約2.91ドル(約300円)のコストがかかります。それに比べて、今回のUberの4週間乗り放題プランだと1回の乗車がたった1.98ドル(約200円)のコストしかかかりません。

地下鉄に定期で乗るよりも遥かに安くタクシーで通勤できる、この衝撃、伝わりましたでしょうか。Quartzも「どう考えてもこのプランはUberに利益が出るようなシステムじゃない」と推測しております。

このプラン、ニューヨーク市のレストランやファッション、アトラクションについての情報やディスカウントを届けるサービスGilt Cityのメンバー限定のものです。しかしGilt Cityは入会無料で誰でも入れます。競合他社と差を付けたいUberと、自社のサービスを宣伝したいGilt CityのコラボPR作戦といったところでしょうか。

今回のプランは期間と場所を限定したプロモーションですが、ライドシェアが電車よりも安くなったらさらに多くの人が利用するのが想像できますね。将来、自動運転車の導入でコストがさらに下がれば電車の料金とも十分競争できるようになるかもしれません。

自動運転車がもたらすのはライドシェア社会、という予測にどうもピンと来ていない人は多いかと思いますが、交通手段として何よりも安いのであれば普及しない理由は無いのかもしれません。Uber、もちろん自動運転車の開発しておりますよ。

と、ちょっと妄想が先走ってしまいました。Uberの大胆な乗り放題プラン、アメリカのライドシェア業界の活気が伝わってきますね。


source: Quartz

(塚本 紺)
Photo by PIXTA.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.