• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

香川博人  - ,,,,,  10:00 PM

エアレース・パイロットの室屋義秀さんが実践する「多国籍チームをまとめるための考え方」

エアレース・パイロットの室屋義秀さんが実践する「多国籍チームをまとめるための考え方」

airrace2016_04 _top1.jpg


「レッドブル・エアレース千葉2016」で念願の初優勝を成し遂げた室屋義秀(むろや・よしひで)さん。これまで、エアレース・パイロットであり「チーム FALKEN」を率いるリーダーとして、「世界チャンピオンになるためのチーム力」「チームリーダーとしてやるべきこと」「チーム力が試された、もう1つの戦い」と、室屋さんが世界と戦うために考えているチーム力について話を聞いてきました。今回は、4カ国7名の多国籍メンバーで構成されるチームをまとめるためのスキルについて語っていただきました。


室屋義秀(MUROYA YOSHIHIDE) /エアレース・パイロット
lh_160602_airrace_prof.JPG1973年生まれ、福島市在住。アニメ『ガンダム』に憧れ20歳で渡米して飛行機のライセンスを取得。24歳のときに本格的なエアロバティックス(曲技飛行)を学ぶために再び渡米し訓練を積む。その後、曲技飛行世界選手権では日本代表に選ばれ、日本のエアショーでも活躍。2009年、36歳で『レッドブル・エアレース』に初参戦。2015年シリーズの第5戦アスコット(イギリス)、第7戦フォートワース(アメリカ)で3位となり、年間総合6位を獲得。2016年シーズンの千葉大会では念願の初優勝を成し遂げた。現在、全日本曲技飛行競技会のサポートなどスカイスポーツの振興や地元福島の復興支援活動にも積極的に参画している。


お互いの文化を尊重し、型にはめない


airrace2016_04 _01.jpg▲テストフライトを終えてレース・アナリストとコース戦略を検討する室屋さん Jörg Mitter/Red Bull Content Pool


── レッドブル・エアレースシリーズを戦う「チーム FALKEN」の主要メンバーは、室屋さんを除いてすべて外国人で構成されているそうですね。

室屋氏:はい。2016年シーズンからメンバーが増えましたが、すべて外国人です。チームプロジェクトのまとめ役のチーム・コーディネーターはニュージーランド、世界各国を転戦するレースに帯同するチーム・テクニシャンと2名のレース・アナリストはアメリカ、2名のレース・エンジニアがブラジルの出身です。

──多国籍の人たちと仕事をしていく上での大切にしていることは?

室屋氏:国籍は違っていても、速く飛び勝利を目指すという明確な目標を共有しているので、それほど大きく意識することはありません。しかし、育った環境や習慣が違うので、それぞれの文化を尊重することは大切ですね。逆に、日本的な型にはまってもらおうとするとお互いに疲れますからね。

また、レース日程は事前に決まっていて、そこに合わせてプロジェクトごとの締め切りがあるわけですが、「大丈夫かな?」と思うときもありますが、任せることにしています。

エンジニアのブラジル人は大雑把だったり、期日に間に合わないこともあったりしますが、そういうときは「こうだよ」と話せば理解してもらえます。日本的な「報連相」をピシッとさせるのは無理だという前提で考えていますね。


自由な環境と自己責任が新しいアイデアを生む


airrace2016_04 _02.jpg▲お互いの意見を交換しながら最善の策を考えるチーム FALKENのメンバーたち Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool


── チームのメンバーは、常に一緒に作業しているんですか?

室屋氏:メンバーが集まるのは、各レースの前後1〜2週間と冬に機体を調整・改良するときぐらいです。あとは、チーム・コーディネーターがスケジュールを管理しています。各メンバーとメールやチャット、Skypeなどを通じて進捗をチェックしているので作業に支障が出ることはありません。

逆に、自己責任の下で各自で自由に作業を進めていると、すぐには機体に実装できなくても、今後に役立ちそうな突飛なアイデアや型にはまらない話がブレーンストーミングの際に出てきたりするので、それが楽しいですね。

レッドブル・エアレースは、0.001秒を争う戦いなので、思いついたことは積極的に開発・テストを繰り返すことが重要です。その多くはレースでは実装できないことが多いわけですが、他のチームがやっていないことをトライしてみることが勝利を近づける大きな一手になるわけですからね。


多様な文化を知ること、許容することが最初の1歩


airrace2016_04 _03.jpg▲チームメンバーの思いとともに世界の大空で戦う室屋さん Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool


── グローバルな社会となり、多国籍企業で働く機会が増えています。20年以上前に単身で世界に飛び出した立場から、読者にアドバイスするとしたら...

室屋氏:年齢に関係なく、多国籍な人たちが集まる場所に身を置くことは大切だと思います。いろいろな文化を許容するなかで、それぞれが個々で生きている社会形成を肌で感じていると、いろいろな場面で違和感に思うことがないんですね。

異文化に対する「わからない」が違和感や足かせになっていると思うので、世界の文化を知ることができたことは、いまの仕事、チームのマネジメントにも役立っているような気がします。




文化、習慣、環境など異なるものを受け入れながら自らを律して目標や夢に向かって挑んでいく。レースもビジネスもこの点においては同じですよね。世界と戦うときには、室屋さんの話をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

さて、「レッドブル・エアレース千葉2016」は室屋さんの初優勝で幕を閉じましたが、レースはまだまだ続きます。次戦、ブダペスト(ハンガリー)大会は今週末の7月16日、17日に開催されます。室屋さん率いる多国籍チームのさらなる活躍に期待しましょう。


レッドブル・エアレース2016
室屋義秀オフィシャルウェブサイト
Red bull TV(英語のみ)

(文/香川博人 写真/神山拓生)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.