• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  11:00 PM

専門家がすすめる「子どもの健康に必要な睡眠の量」

専門家がすすめる「子どもの健康に必要な睡眠の量」

160712sleepchild.jpg


乳児からティーンエイジャーまでの子どもは、平均的な大人よりも多くの睡眠を必要とします。私たちは長年、さまざまなソースから、「望ましい睡眠時間」を聞かされてきました。これらはだいたい似たような水準ではあるものの、ソースごとに若干のばらつきがありました。ところが、このほど米国睡眠医学会(AASM)から合意声明が発表され、この論争の終結に一役買うことになりました。


複数の専門家からなるパネルが10カ月を費やして、子どもの睡眠と健康の関係について調査した864件の科学的研究を精査しました。そして、子どもの健康状態を最適な状態に高めるうえで理想的な、年齢層ごとの睡眠時間を割り出しました。結果は以下の通りです。

  • 乳児(生後4~12カ月):12~16時間(昼寝を含む)
  • 子ども(1~2歳):11~14時間(昼寝を含む)
  • 子ども(3~5歳):10~13時間(昼寝を含む)
  • 子ども(6~12歳):9~12時間
  • ティーンエイジャー(13~18歳):8~10時間

注意すべき点がいくつかあります。まず、これらの推奨時間は24時間周期に基づいているということ。それから、睡眠によって健康上の恩恵を得るには、規則正しさや睡眠の質も必要であることなどです。

今回のガイドラインについては、これまでに米国小児科学会(AAP)睡眠学会(SRS)米国睡眠検査技師協会(AAST)が支持を表明しています。

今回の研究によると、この睡眠量を守ることは、ケガや事故、高血圧、うつ病のリスク増大など、不十分な睡眠に関連する悪影響を避けるうえでも有益なようです。興味深いことに、この推奨時間より長くても、子どもの健康には良くないということもわかりました。いずれにせよ、お子さんの睡眠パターンが心配という方は(睡眠時間が長すぎる場合も、短すぎる場合も)、お子さんの睡眠の質を改善するためにできることを、かかりつけの小児科医に相談してみてください。


Recommended Amount of Sleep for Pediatric Populations: A Consensus Statement of the American Academy of Sleep Medicine | Journal of Clinical Sleep Medicine

Stephanie Lee(原文/訳:阪本博希/ガリレオ)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.