• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,,  08:00 PM

経営者必見。社員があなたに隠している3つの秘密

経営者必見。社員があなたに隠している3つの秘密

160701_3secrets.jpg


Inc.:経営者の権限が不足していることはそんなにありません。どちらかというと、不足しているのは情報です。

PayPalのピーター・ティエル前CEOは数年前に、ワシントンポストにこのように話しています。

どう言うわけかCEOとは、完全なるインサイダーであり、同時に完全なるアウトサイダーでもあります。あるときは組織の中心ですが、それ以外の状況ではほとんど情報が入ってきません。

CEOがどんな聞き方をしても、また何度聞いても、会社の最前線からのバッドニュースを率先して話したり、正直に不満を吐露したりする従業員はほぼいません。自分だけは違うと思うあなたは、Know Your Company社のClaire Lew CEOが最近「Signal vs. Noise」に投稿していた記事が参考になるでしょう。

経営者へのフィードバックを増やすツールを開発している同社は、200社1万人以上の従業員を対象に、「怖くて上司に言えないこと」を尋ねました。その結果、ほぼ例外なくどのチームもリーダーには言えない秘密を持っていること、さらにその秘密が主に3つのテーマに分類できることがわかったのです。

そこで、チームメンバーが経営者に言い出せない3つの秘密を紹介します。詳細は元記事(英語)に任せるとして、特に重要だと筆者が感じた部分を引用します。


1. もっと貢献できる


Know Your Companyのインタビューに対し、「現在の役割以外にも貢献できると感じている分野がある」と答えた従業員は、実に75%に上りました。これは、CEOが共通して持つ認識と異なります。CEOは、従業員は多忙でキャパシティに余裕がないと思っているのです。

ただし、チームが暇なわけではありません。

彼らは私たちCEOが認識しているよりもずっと、成長、学び、そして能力を高めることに貪欲なのです。


2. 自社が後れを取っている


耳が痛いかもしれませんが、このような結果も出ています。

多くの従業員が、「自社はある分野で後れを取っている」と考えています。

彼らは、競合他社が先を行っていること、自社でやりたいことがすでにやられていることを認識しています。「最近何かを見て、うちの会社でやってたらなと思ったことがある」と答えた従業員は76%に上ります。また、「競合他社が最近やったことに感銘を受けた」と答えた従業員は65%でした。


3. もっとフィードバックがほしい(でも、これ以上勤務評定が増えるのはイヤ)


誰しも、年次業績評価という儀式が嫌いです。そのことは同社のデータにも如実に現れています。一方で、一見これと矛盾するような結果も。

従業員の80%が、「もっと自分の業績に対するフィードバックがほしい」と考えています。

彼らは(公式なレビューよりも)、定期的で有益なフィードバックを求めています。そのようなフィードバックはお互いの意思疎通にもなり、定期的に行うほど従業員の主体性が高まるでしょう。


3 Things Your Employees Are Too Scared to Tell You | Inc.

Jessica Stillman(訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.