• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  09:00 PM

「探求型教育」に向く山岳リゾート。「北アルプス・白馬」に新しいインターナショナルスクールを

「探求型教育」に向く山岳リゾート。「北アルプス・白馬」に新しいインターナショナルスクールを

160629mugendai.jpg


北アルプスの雄大な自然に囲まれた山岳リゾート、白馬。

いま、2020年を目標にこの地に国際水準の教育を提供する学校を創立しようというプロジェクトが進んでいます。「白馬インターナショナルスクール(HIS)」だ。全寮制で全教科英語による授業が行われ、国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)認定校でありながら、日本の一条校*を目指すそう。

教師が一方的に教える授業ではなく、徹底した「探求型」教育を重んじ、豊かな白馬の環境を存分に生かしたスポーツ・アウトドア活動や、テクノロジー教育も取り入れ、全人的教育を行います。後押しするアドバイザーは、宮坂学氏(ヤフー株式会社 代表取締役)や、サッカー元日本代表監督・岡田武史氏(FC今治 株式会社今治.夢スポーツ 代表取締役)といった強力な面々。

HIS設立準備委員会代表の草本朋子さんは、米国大手金融企業の海外勤務を経験してきた3児の母。今回は、設立準備に文字どおり東奔西走する中、HISが目指すグローバル人材の教育構想について草本さんにお話しを伺いました。

ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事より抜粋してご紹介します。

*一条校: 学校教育法第一条にある、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・大学・高等専門学校をいう。


白馬には豊かな教育資源がある


── 「教育」にも「白馬」にも直接的には関係のない金融業界でキャリアを築いてこられた草本さんが、白馬の地にインターナショナルスクールを開校しようという構想を持たれた、そのいきさつを教えてください。

草本:白馬との出会いは子どもが生まれる前にさかのぼります。オーストラリア人の友人から「良いところだよ」と教えられて出かけた第一印象は、「日本にまだトトロが住んでいるようなところがあった!」というものでした。主人はオーストラリア出身、私は熊本出身ですが、ぜひここで子どもを育てたいと考えるようになりました。上の子が5歳、下の子が3歳の頃に白馬に移住し、その後3人目が生まれました。

白馬の魅力は、何と言っても雄大な北アルプスを仰ぎ、麓には田んぼが広がっている自然環境。日本の伝統的な風景と雄大な山々が一緒に見える場所はとても珍しいと思います。そして、海外やよその土地から来た移住者も温かく受け入れてくれる人情。実際に外国人の人口は増え続けています。スキーシーズンの冬場は9,000人の人口のうち、約500人が外国人で、そのうち200人ほどは定住しています。それによって人口の下支えはされているものの、日本人だけを見ると1998年の長野オリンピックの影響で増えていた人口は、2004年をピークに減っていて過疎化が進んでいるのが現状です。

そんな中、白馬高等学校が存続の危機を迎え、私も「白馬高校魅力化プロジェクト」をお手伝いする機会を頂きました。白馬高校のスキー部は、数々のオリンピック選手を輩出し、現役の高校生もオリンピックに出場するほどの伝統と実績を持つ高校です。プロジェクトの一環として、学力も同じように高めようと公営塾を創ったり、全国に呼び掛けて生徒を募集するため地元が予算を出して寮を整備したり、社会活動家の湯浅誠さんや宇宙飛行士の山崎直子さん、星野リゾートの星野佳路代表をお招きして高校生のためにご講演頂くなどさまざまな取り組みをした結果、高校の魅力化につながり、存続が決まりました。

白馬高校魅力化のお手伝いをする中で、教育に不安があると人口減少に拍車がかかってしまうことが分かりました。ということは、教育をもっと充実させれば、それだけ白馬のためにもなるということです。そこで、日本のローザンヌとも言われている白馬に、インターナショナルスクールを開校することを考えるようになったのです。

スイスのレザン、ニュージーランドのクイーンズタウン、カナダのウィスラーといった海外の有名な山岳リゾート地は人口が増加していますが、それらに共通して言えることは教育環境の充実です。山岳リゾートの素晴らしい環境で質の高い教育が受けられるということで都市部からの移住者も多く、世界から生徒たちが集まってきて人口が増加しているのです。特にスイスは、人口800万人の小さな国であるにもかかわらず、国内に40以上のインターナショナルスクールを擁し、その多くが都市部だけでなく山岳リゾートや湖畔のリゾート地に立地しています。そうした学校では生徒たちは寮生活をしながら学んでおり、休暇のたびに迎えに来る親の観光消費や別荘購入といった経済的な波及効果もあると聞きます。学校が地域経済に貢献しているわけです。青春時代を過ごす生徒たちは、その土地のファンになりますし、一生を通じて友人や家族と共に訪れてくれるという好循環も生まれます。

白馬は、まさにこうした国際教育に最適の地。圧倒的な自然環境、各国からの観光客や移住者を受け入れる寛容で多様性に富んだ風土、農業や手仕事による豊かな食文化があり、全人的教育にふさわしい要素に溢れています。この地で、 世界中から集まった生徒たちが切磋琢磨する国際水準の教育の場を創りたい。こうした白馬インターナショナルスクール(HIS)の構想をいろいろな方に語ってみたところ、白馬の住民の方々、村と地域活性化に向けた連携協定を結ぶヤフーの社長であり、ご本人も白馬村との縁の深い宮坂学さん、その紹介でインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)の小林りんさん、さらにその紹介でサッカー元日本代表監督の岡田武史さんといった方々が、「やるべきだ」と背中を押してくださいました。多くの人に勇気づけられ、本格的に立ち上がる決心をしました。


スポーツ・アウトドア活動と勉強の両立が鍵


── 探究型の教育を重視した学校を、白馬という山岳リゾートに開校するメリットはどのあたりにありますか?

草本:日本には勉強ができる子は勉強ばかり、運動が得意な子は運動ばかり、という棲み分けがあるように思います。それはすごくもったいないことですよね。スイスのインターナショナルスクールを見ると、夏は週1回の登山、冬はスキー三昧で氷河まで探検に行かせるなど、野外活動に力を入れています。生徒たちはアウトドア活動やスポーツで精神力、人間力を鍛え、なおかつ勉強も妥協せず、ハーバード、MIT、オックスフォード、ケンブリッジといった大学に進学するわけです。日本にもそういう学校があっても良いのではないでしょうか。北アルプスの圧倒的な大自然に抱かれた白馬は、知力、体力、精神力、そして道徳観のバランスの取れた全人的教育にふさわしい場であると考えています。

日本の場合、いわゆる文武両道が難しい理由の1つに受験のあり方が挙げられるでしょう。時間をかけてかなりの量を暗記するといった勉強に耐えなければ、希望する大学に受からないような現状があります。もちろん、米国にもSAT(大学進学適性試験)など基礎学力を問う部分はありますが、日本は暗記などに費やす比率があまりに高すぎますよね。

今後は、日本でも国際バカロレアの成績を入試で重視し、センター試験的な暗記系の勉強の比率を下げるといった大学も増えていくでしょう。すでに文科省も大学入試制度改革を進めていて、2016年時点の中学2年生の年次から、大学入試制度が大きく変わると聞いています。考える力を問うような受験に変わっていくことになると思います。HISはインターナショナルスクールという形で始めますが、日本の教育にも影響を及ぼしていけるようになりたいと思っています。たとえば白馬高校などと交流し友情を深めるとともに、出前授業で探求型の国際バカロレア教育の魅力を伝える取り組みなども考えていきたいところです。同時に、白馬高校から日本の学校ならではの学びをインターナショナルスクールに紹介して頂くことができれば、1つの村の中で2つの違うタイプの学校が相互作用し切磋琢磨して高め合っていく夢のような関係が気付けるのではと思っています。

岡田武史さんは、「野外活動を重視する学校が日本にも必要。都会にいると人間が万能だと錯覚してしまうが、大自然の中にいると自分がいかに無力でいかに死と直面しているかが分かり、謙虚になれる。そういう経験を子どもの頃からしていくことが人格形成に重要」とおっしゃっています。

そうした考え方に基づいて、たとえば少人数のグループで山に登るという野外活動が考えられます。生徒たちは自らルートを吟味し、装備を用意し、実際に登山を経験する中で試行錯誤する。そこからさまざまな知識を獲得していくと同時に体も鍛えられます。そして大自然の圧倒的存在感と美しさを愛するとともに、畏敬する気持ちも体得していくでしょう。




草本さんは以下のリンク先で、「探求型」と「日本的」教育を融合させた新しい学校教育によって、「いろんな経験の中から自分がやるべきことを自分で見つけられる人材」を育成していきたいと語っています。山岳リゾートのインターナショナルスクールならではの教育とはいったいどのようなものなのでしょうか? 将来の学校教育を考える上で大いに示唆的ですので、ぜひご一読ください。


日本を「教育輸出国」にしたい。 ――国際色を増す山岳リゾート白馬にインターナショナルスクールを | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.