• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,,  09:00 PM

運動後におすすめ!冷たくて美味しい栄養補給「スムージー・アイスキャンディー」のレシピ

運動後におすすめ!冷たくて美味しい栄養補給「スムージー・アイスキャンディー」のレシピ

160608_Popsicles_01.jpg


暑い日は、運動をすると汗だくになります。運動後に水をゴクゴク飲んだり、プロテインバーをおやつに食べたりしている人は、この季節はスムージー・アイスキャンディーに変えてみてはいかがでしょう。作り方はいたって簡単。材料を混ぜて、凍らせるだけです。

アイスキャンディー型に入れて凍らせるのは何でもいいのですが、運動の後にはタンパク質が入ったスムージーが完ぺきです。運動後1時間以内にタンパク質を摂ると、長期的に見て筋肉増強を促します。また、砂糖や炭水化物に含まれる糖質は、筋肉にグリコーゲンを補給します。短時間の運動であれば大した違いはありませんが、本当にキツい運動をした後には回復を助けてくれます。

スムージーは甘いものですが、フルーツにタンパク質を加えると、いわゆるアイスキャンディーとはかなり違うものになります。手作りする場合は、糖分を最小限に抑え、好きな栄養や食材をなんでも入れることができます。運動後にタンパク質や炭水化物を補給するなら、軽食やスナックでも満たすことができますが、暑い日はアイスキャンディーで栄養が摂れた方が爽やかな気分になれますよね?

では、スムージー・アイスキャンディーのレシピをいくつかご紹介しましょう。


バナナ・マンゴー


160608_Popsicles_02.jpg


これは、そのままでも凍らせてもいい、私のイチオシレシピです。材料をミキサーに入れて、ピューレ状のスムージーにします。

【材料】

  • バナナ 大1本
  • 冷凍マンゴー 2カップ
  • 味のついていないホエー粉末 スクープ山盛り2杯
  • ハチミツ 大さじ1杯
  • 牛乳 1カップ
  • 水 2カップ
  • シナモン、カルダモンパウダー お好みで

ミキサーで混ぜたら4等分します。このスムージーは冷蔵庫に入れて冷やして飲むのもいいです。どちらにしようか決めきれない人は、瓶の中に入れて、瓶ごと振ってから飲むといいです。


チョコレート・ココナッツ


160608_Popsicles_03.jpg


これは「Men's Fitness」に載っていたレシピです。極端に低糖、高脂肪ですが、こういうのが好きな人もいます。材料もたった2つだけです。

【材料】

  • チョコレート味のプロテイン粉末 スクープ2杯
  • 低脂肪でないココナッツミルク 1缶

この2つをミキサーで混ぜ、アイスキャンデー5つ分の型に流し込むだけです。出来上がったアイスキャンディーは、なめらかでクリーミーです。味はプロテイン粉末の量によって変わるので、甘くしたい場合は、凍らせる前に少し甘味やバニラなどのフレーバーを入れて凍らせましょう。


ピーナッツバターとジャム


160608_Popsicles_04.jpg


これは手作り好きの人におすすめです。ピーナッツバターとフルーツやジュースの2層のスムージーは、アメリカの懐かしの定番ピーナッツバター&ジェリーのサンドウィッチを彷彿とさせます。さらにお洒落な仕上がりにしたい場合は、「DailyBurn」のようにピーナッツバターの層で挟んだり、ゴマを周りにつけたりするのもいいです。今回はシンプルな2層タイプのレシピをご紹介します。

【材料】

  • ピーナッツバター 2分の1カップ
  • 低脂肪プレーンヨーグルト 1カップ
  • スキムミルク 1カップ
  • ハチミツ 小さじ2杯
  • バニラエッセンス 数滴
  • 生のラズベリー 1と2分の1カップ
  • ジュース 2杯

ラズベリーとジュース以外をすべてミキサーに入れて混ぜ、8つ分のアイスキャンディー型にそれぞれ半分くらい入れます。そのまま冷凍庫で1時間ほど置き、それからラズベリーとジュースを上に注ぎます。DailyBurnでは甘みをつけていないラズベリージュースを使っていましたが、米Lifehackerではストロベリーレモネードを使いました。

このアイスキャンディーは、ピーナッツバター部分がクリーミーで(かつヨーグルト風味)、ジュースとフルーツ部分はゼリーみたいな甘みと酸味です。


オリジナルをつくる


160608_Popsicles_05.jpg


作り方は大体わかったと思います。スムージーを作り、それを凍らせるだけです。自分好みのスムージーをつくるには、このリンク先のインフォグラフィックをチェックしてみてください。簡単に言うと、液体(水分)を選び、好きなプロテイン粉末をスクープで入れ(ヨーグルトのようなタンパク質でも可)、そしてフルーツや野菜を加えるということです。自分で作ったスムージー・アイスキャンディーの栄養価が知りたい場合は、「CalorieCount.com」のようなサイトでレシピを分析してみてください。


おまけ


160608_Popsicles_06.jpg


特別な容器を使わずにスムージーを凍らせる場合は、紙やプラスチック製のカップに、半分くらいスムージーを入れ、棒を差して凍らせましょう。割った割り箸や、使い捨てのフォークやスプーンを半分くらいの深さまで入れればOKです。バナナ・マンゴーのような質感がぽってりとした固めのスムージーは、凍らせている間も棒が立ったままです。

このスムージー・アイスキャンディーをこの夏の定番にするつもりなら、10ドル程度のアイスキャンディー用の容器を買ってもいいと思います。手作りした場合は、食べる前に容器の外側をお湯に浸けると、アイスキャンディーと容器が早く離れます。


Beth Skwarecki(原文/訳:的野裕子)
Blender photo by Daniel Lee. All other photos by us.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.