• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  09:00 PM

「世界を知る人に、日本文化を知ってほしい」美術館のあり方を革新しつづける山種美術館

「世界を知る人に、日本文化を知ってほしい」美術館のあり方を革新しつづける山種美術館

160622mugendai.jpg


山種美術館 館長の山﨑妙子さん。隣の作品は、上村松園の《新蛍》1929年(昭和4年)山種美術館


「優れた日本画との一期一会は、人生の幅を広げ深い潤いと趣を添える」「真のグローバル人材とは、自国の文化や芸術に誇りを持ち、それを海外の人にもきちんと説明できる人」そう語るのは、山種美術館 館長の山﨑妙子(やまざき・たえこ)さん。

日本初の日本画専門美術館である山種美術館は1966年に開館し、今年50周年を迎えます。2009年に東京・広尾に新美術館を新築・移転して以降、入館者数を順調に伸ばしてきました。近隣に大使館が多く外国人の来館者も多く、土地柄もあってか、日本画にあまり縁がなく関心も薄かった若い世代にまでファン層を広げています。国の重要文化財6点を含む約1800点の質の高いコレクションは定評があり、それらを親しみやすく、かつ魅力的な切り口で紹介しつづける企画力にも注目が集まっています。

ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事より、山﨑さんが語ってくださった「美術館で本物の芸術に触れる意義」に関する部分を抜粋してご紹介します。


「楽しい、癒される」そんな美術館でありたい


── 山種美術館は今年2016年7月に創立50年を迎えますが、この間常に心がけて来られたことや培って来られたものは何でしょうか?

山﨑:山種美術館は、山種証券(現・SMBCフレンド証券)の創業者である祖父・山﨑種二が個人で集めたコレクションをもとに、1966年、日本初の日本画専門美術館として東京・日本橋兜町にオープンしました。2009年に東京・広尾の現在地に移ってからも、「美術を通じた社会貢献」という創設当時からの理念を守り、日本の自然や風土の中で磨かれてきた日本画の魅力を未来に引き継いでいくことを目指しています。

当館のコレクションが今あるのは、証券会社の経営者という本業の一方で、美術を愛し、画家たちとも親交の深かった祖父の存在があったからです。「絵は人柄である」という信念のもと、祖母とともに画家たちと家族ぐるみの交流を続けた祖父の思いは、私の父母にも受け継がれ、私も常に心がけているものです。

また、種ニは開館に際して、こんな言葉を残しています。

自分の楽しみにと、あれこれ蒐集してきましたが、このまま私物化してしまったのでは、諸先生方が精魂こめて画かれた作品もさぞかし不本意でありましょう。美術を愛好される方も、またこれまであまり縁のなかった方にも広く日本画の良さを味わっていただけたらというのが、実は私の願いなのであります。

この「作品を私物化しない」という考え方も、今日まで受け継いでいます。

種二は、「お世話になった下町の方々が着流しに下駄で来られるような美術館にしたい」とも考えていました。私としても、美術に造詣の深い美術愛好家や研究者にご評価いただくだけでなく、より幅広い層の方にも「美術館に来て楽しかった、癒された」という気持ちを抱いていただけるような美術館を目指しています。

いつの時代も変わらない驚きや感動こそ美術館が発信できる強み


── 今後、山種美術館はどんな役割を担っていくのでしょうか?

山﨑:日本人はもっと自国の文化を知り、誇りを持ってよいと思います。戦後、日本は生活様式も考え方もアメリカナイズされましたが、これからは歌舞伎や能を鑑賞したり、美術館でじっくりと日本画に触れたりすることによって、それを育んだ日本の風土や歴史などをあらためて知り、自国の文化・芸術を誇りに思うことができるようになるでしょう。また、若い人だけでなく、中高年の方々の中にも、そういった日本ならではの素晴らしいものに触れる機会が少なかった方が多いのは非常に残念だと思うのです。

近年よく「グローバル人材」の育成が大事だと言われ英語教育の必要性が叫ばれていますが、まず、自国の文化を知り、誇りを持って海外の人にも説明できてこそのグローバル人材ではないでしょうか。

フランスを始め、ヨーロッパ圏の方々は自国の文化や芸術、歴史などに非常にプライドを持っており、知識も豊富です。そして皆さん他国のものにも高い関心を持ち、日本画も熱心にご覧になっています。私どもの美術館がある広尾という土地は大使館が多く、各国の大使を始め大使館員の方々やそのご家族なども多数足を運んでくださっています。リピーターとして、何度もご来館くださる方も多く、まさにグローバルな視点から日本画を高く評価し愛してくださっていることを嬉しく思っております。

よく「海外に出て日本のことを訊ねられ、あらためて自分が日本の文化や歴史についてよく知らなかったことに気付いた」と耳にします。そういった意味でも特に、次代を担う若い方や、グローバルに活躍するビジネスパーソンには、日本画との出会いをお薦めしたいと思います。

美術館では、作者が渾身の力を込め描き上げた本物の作品とじかに出会うことができ、人生の幅が広がり、深い潤いと趣を添える一期一会となることでしょう。また、描かれている作品を見て、名もない花や虫や日本の四季を愛でるきっかけになることもあります。

そのような場として、美術館がお役に立てば嬉しく思います。

私どもは毎年、休館日に近隣の小学校から全校児童を招待し特別鑑賞会を実施しています。展示を見て感じたことや考えたことを、全員が手紙にして届けてくれます。子どもたちの豊かで多彩な視点に、私も刺激をもらっています。また、音楽家や華道の家元など多方面の異なる分野の専門家とのコラボレーションや、自治体・文化センターと協力した社会人向け講座なども行っており、日本画専門の美術館として、社会のお役に立てる活動を引き続き実施していきたいと考えています。

今後、一層グローバル化が進み、テクノロジーは進歩していくでしょうが、実際に芸術作品に触れた時の新鮮な驚きや感動は消えないと信じています。科学や技術がどんなに発達しても、それらでは代用できないことを芸術が担っていくはずです。自ら絵を描く。あるいは絵を観ることで癒される。美術館はそういう領域で人々の心を豊かにするお手伝いができると考えています。




山﨑氏は以下のリンク先で、山種美術館に収蔵されている作品を紹介してくれており、美術館で味わえる「癒やし」を手軽に体験させてくれます。ぜひご覧になってみてください。


「世界を知る人に、日本文化を知ってほしい」 ――美術館のあり方を革新しつづける山種美術館 | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.