• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史印南敦史  - ,,,,,,  06:30 AM

必ずしもポジティブである必要はない? ネガティブな気分がもたらす効用

必ずしもポジティブである必要はない? ネガティブな気分がもたらす効用

160622book_to_read.jpg


「ポジティブであること」は、あたかも正しいことのように解釈されがちです。ところが『ネガティブ思考力』(榎本博明著、幻冬舎)の著者は、心理学博士としての立場から、そのような考え方に真っ向から疑問を投げかけています。

世の中で成功している人はポジティブな心理傾向を身につけている。だから、ポジティブ思考を身につけて、ネガティブな思いは捨ててしまおう。そんなポジティブ信仰が猛威を振るっている。
だが、実際に世の中で成功している人たちは、けっしてネガティブな心理傾向をもたないわけではない。(「序章 ポジティブ信仰に戸惑う人々」より)

その例として名前が挙がっているのは、巨人軍の4番打者として不動の地位を築いたのち、メジャーリーグでも活躍した松井秀喜選手。あるいは、映画やドラマ、舞台でもおなじみの俳優・竹中直人氏。彼らのような大御所であっても、常に不安に脅かされているということです。

つまりポジティブ信仰に洗脳され、なんでも楽観的に構えるのがいいわけではなく、本当に大切なのは、自分の未熟さや力不足を認めること。あるいは、不安を感じ危機感を持つこと。本来はそれこそが、成功の秘訣でもあるという考え方です。

では具体的に、ネガティブであることはなぜいいのか? ポジティブのなにが悪いのか? その答えを、2章「ネガティブの効用とポジティブの罠」から探してみましょう。



ネガティブ気分は記憶をよくする


気分によって記憶能力が変わるなどということは、普通に考えればありえない話。しかしそれでも、気分と記憶能力との間には密接な関係があるようだと著者は記しています。事実、心理学的な実験によって、ネガティブな気分が記憶の機能を向上させ、判断の誤りを防ぐことが証明されているのだとか。

たとえば心理学者のフォーガスらが、郊外の小さな店の買い物客を対象に、店のインテリアについて尋ねるという記憶実験を行っているのだそうです。その際に選んだのは、晴れて暖かい日と、雨が降って寒い日。その結果、晴れて暖かい日よりも、雨で寒い日のほうが、買い物に行った店のインテリアについて、より細かく覚えているということがわかったというのです。

いうまでもなく、雨が降って寒い日のほうが気分はネガティブになりやすいもの。にもかかわらずこのような結果が出たということは、すなわちネガティブ気分が記憶機能を向上させる証拠とみなすことができるわけです。(57ページより)


ネガティブ気分はモチベーションを高める


昨今の研究によれば、ネガティブ気分がモチベーションを高めることもわかっているのだといいます。意外な気もしますが、そもそもポジティブ気分のときは気が緩みやすいもの。しかしネガティブ気分のときは切羽詰まったような感じがあるため、なんとか少しでもマシな気分状態に回復させようと必死になるというのです。たしかにそう考えれば、ネガティブ気分がモチベーションを高めるという考え方にも納得できます。

心理学者のゴールデンバーグらは、実験参加者の半分をポジティブ気分にさせ、残りの半分をネガティブ気分にさせ、テスト課題への取り組み姿勢や成績を比較しているそうです。その結果としてわかったのは、ネガティブ気分の人の方が、課題により粘り強く取り組むということ。時間も長く、より多くの問題を解こうとしたのだそうです。

同じく、心理学者のアルターによって行われたのが、「セルフ・ハンディキャッピング」と組み合わせた実験。セルフ・ハンディキャッピングとは、自分が否定的な評価を受ける可能性があるとき、前もって自分にはハンディキャップがあることを吹聴したり、実際にハンディキャップをつくり出すこと。いわば、万一失敗したときの評価や印象の傷を最小限に防ごうとする心理メカニズムです。

その結果、課題をうまくこなせるかどうかわからない状況においては、ポジティブ気分の人の方が、セルフ・ハンディキャッピングをよく用いる傾向がみられたというのです。つまりそれは、失敗を恐れている証拠ともみなせるわけです。

いってみれば、楽しい気分のときの方が失敗を恐れる傾向が強いということ。それは、失敗によって、せっかくのポジティブ気分が損なわれることを恐れるから。しかしもともとネガティブな気分の場合は、そのような防衛に走る必要がないのです。(63ページより)


ネガティブ気分は対人関係をよくする


「ネガティブ気分が対人関係を良好にする」といわれても、いまひとつピンとこないかもしれません。どう考えても、ポジティブな気分のときの方が周囲の人ともうまくいきそうだから。しかし、この種の研究でいわれているのは、ネガティブ気分のときの慎重さが対人関係上のメリットをもたらすということなのだそうです。対してポジティブ気分は、ラフだったり、あるいは強引な接し方につながりやすいというのです。

前出のフォーガスも心理学的な実験によって、ネガティブ気分が多くの対人関係上の恩恵をもたらすことを証明しているそうです。つまり、ネガティブ気分の人が、ポジティブ気分の人よりも用心深く配慮し、礼儀正しく、ていねいに関わることが示されたということ。

また当然のことながら、頼みごとをする際には、相手からうまく受け入れてもらえるように、適度にていねいな頼み方をする必要があるもの。そんなときにもネガティブ気分の人の方が、用心深く相手の反応を予想し、礼儀正しく、洗練された頼み方をすることがわかったとか。

たとえば隣のオフィスにファイルを取りに行ってもらう実験でも、楽しい気分の人よりニュートラルな気分の人の方がていねいで洗練された頼み方をし、さらには悲しい気分の人の方がよりいっそうていねいで洗練された頼み方をすることが証明されたというのです。

これらの実験結果からわかるのは、ネガティブな気分のときは慎重な心の構えになり、相手の気持ちを考えて、自分のものの言い方で嫌な感じを与えないように調整しようとするため、対人関係がうまくいきやすいということである。(69ページより)

なるほど、「ポジティブであるべき」という思い込みから距離を置いて考えてみれば、たしかに納得できる考え方だといえるのではないでしょうか?(67ページより)


能力の低い人ほど自己過信しやすい


なぜか、できない人が自信満々で、できる人物のほうが謙虚で自信がなさそうに見えたりするもの。それを証明したのが(コーネル大学の)デビッド・ダニングとジャスティン・クルーガーで、これは「ダニング=クルーガー効果」と呼ばれているのだそうです。すなわち、能力の低い人ほど自分の能力を著しく過大評価し、能力の特に高い人は自分の能力を過小評価する傾向のことです。

ダニングらは、ユーモアのセンスなどいくつかの能力に関するテストを実施し、そうした個々の能力について自己評価させたのだそうです。その際、能力の自己評価に用いたのは「パーセンタイル」。自分のその能力が下から何%のところに位置づけられるかを答えてもらったというのです。

たとえば12パーセンタイルは下から12%のところなので、自分はその能力がかなり低いほうだと見なしていることになるわけです。逆に80パーセンタイルは、「自分はその能力は相当に高い」と見なしていることを意味するということ。

そして実際の成績順に全員を4等分し、最優秀グループ、平均より少し上のグループ、平均より少し下のグループ、底辺グループに分けたのだとか。その結果、ユーモアのセンスに関するテストの成績が下位4分の1に入る底辺グループの平均得点は12パーセンタイルと、非常に低い得点になっていたのだといいます。

ところが、底辺グループの自己評価の平均は58パーセンタイルとなっており、つまり自分は平均以上にユーモアのセンスがあると見なしていたわけです。それに対して最優秀グループでは過大評価は見られず、むしろ自分の能力を実際よりも低く見積もる傾向が。

このような実験結果は、なぜか仕事のできない人ほどポジティブで、根拠もなく自信をもっているということを裏づけるものといえる。
できない人の方が楽観的で、自分の能力を実際以上に見積もり、できる人ほど不安が強く、自分の能力を実際以上に低く見積もる。これは、できる人の方が、現実の自分自身や状況を厳しい目でみているため、自分を過信するよりも、まだまだ力不足だと思うということだろう。(84ページより)

いってみればそれが、さらなる成長の原動力になるといった好循環になっているということ。ポジティブであればいいというわけではなく、ポジティブ信仰にハマるのは非常に危険で成長を阻害する面もある。----著者はそう分析しています。(81ページより)




程度の差こそあれ、たしかに私たちは著者のいう「ポジティブ進行」に毒されている部分があるのかもしれません。だからこそ、本書を通じてそこから抜け出てみるべきではないでしょうか?


(印南敦史)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.