• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  09:00 PM

「余っちゃう、切らしちゃう、腐らせちゃう...」ITが食材管理のお悩みをまだ解決できていない理由

「余っちゃう、切らしちゃう、腐らせちゃう...」ITが食材管理のお悩みをまだ解決できていない理由

160621mugendai.jpg


冷蔵庫や戸棚の中の食材管理は、一家の食卓を預かる者の尽きない悩みの1つでもあります。「牛乳が切れていたはず」と買って帰ったら残っていたり、逆に買い置きしてあると思っていたものが既になかったり...。

うっかり余分に買ってしまったからといって目くじらを立てるほど高額なものではありませんが、ちょっとした無駄も、度重なれば無視できない出費につながります。

ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事より抜粋してご紹介します。


「アレ、まだあったっけ...?」はまだ完全に解決されていない


そんな食材管理にまつわる悩みをITの力で解決しようという試みは、さほど新しいものではありません。アプリマーケットを検索すれば、ユニークな工夫を凝らしたさまざまなアプリを見つけることができるでしょう。

しかし、そうしたアプリの大半が、食材の「入出庫」を手動で記録する方式で設計されています。食材を出し入れするたびに自分で在庫情報を入力するのは手間がかかり、どれだけ注意しても誤入力や誤差の発生をなくすことはできません。

ホテルや大手のレストランチェーンなど、日々大量の食材を扱うビジネスにおいては、こうした食材管理はより切実な問題です。扱う食材の規模は一般家庭とは桁違いに多く、ずさんな管理による損失も、経営課題の1つとなり得るかもしれません

その一方で、「食材管理機能を搭載した冷蔵庫」がごく当たり前に家電販売店に並ぶ日も、さほど遠い未来のことではないかもしれません。なぜそんなことが言えるのかというと、IoT技術を活用することで、食材の在庫管理をほぼ自動化する仕組みが実現できるからです。以下のリンク先では、IoT技術が具体的にどのようにして食材管理を進化させてくれるかを解説してくれています。今後、クラウド、IoT技術、スマホアプリなどによって私たちの生活がどのように変わるかを押さえておきたい方はぜひご覧ください。


IoTで進化する「余らせない、切らさない、腐らせない」新食材管理法 | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Jérôme Choain/Flickr (CC BY 2.0).

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.