• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  10:00 PM

旅に出たくてたまらないのは遺伝子のせい?

旅に出たくてたまらないのは遺伝子のせい?

160617travelling_gene.jpg


Inc.:タトゥーは病みつきになるそうで、1つ入れるともう1つ入れたくてたまらなくなるとか。その真偽のほどは私にはわかりませんが、旅行が病みつきになることは確かです。

私は初めて外国を旅したときに、なんと世界は大きく、美しく、不可思議で、驚くべきものなのだろうと感動しました。それ以来、また飛行機に乗りたい、旅行先を書き連ねたリストに済のチェックマークを増やしたい、といつも思ってきました(旅をするのがうまいことと仕事や起業の成功とは相関関係があるとわかって喜んだのはごく最近のことですが)。

しかしどうやら私の場合は大学時代に好ましくない形の放浪癖に取りつかれずに済んだようです。科学が実証するところによれば、私は生まれつきそのリスクがあったようです。生活情報サイト「Bit of News」でXiao Xu氏が発表した目からうろこが落ちるような記事によると、どこかに出かけたくてウズウズしてしまう人は冒険好きな先祖からその性質を遺伝子しているかもしれないということです。


探検好きの遺伝子


Xu氏は自身の記事に次のように記しています。

1999年に、カリフォルニア大学アーバイン校の4人の科学者が『世界の人口移動とドーパミンD4受容体(DRD4)対立遺伝子頻度のバリエーション(Population Migration and the Variation of Dopamine D4 Receptor (DRD4) Allele Frequencies Around the Globe)』と題する論文を発表しました。この論文は移住パターンと有史以前の人類の遺伝子プールの配列を探ることになりました。もともとはドーパミン受容体D4(DRD4)と注意力欠如障害との関連性を調べる研究でしたが、研究を進めていくうちに、別の不思議な関連性が発見されたのです。それは、DRD4遺伝子がある人はスリルを求める性質と放浪癖を持つ傾向があるということです。

そして、それはほかの研究でも実証されており、Xu氏は、DRD4遺伝子と放浪傾向の関連性を示す研究はたくさんあると主張しています。早く言えば、次の旅先をいつも夢見ている人はスリルを求め旅がしたくてたまらなくなる脳を祖先から遺伝していると科学は言いたいようです。


世界は放浪癖によって築かれた


さらにXu氏は、リスクを恐れぬ少数の冒険家たちが世界中に入植したと説明しています。有史以前、ほとんどの人は自分が生まれたところから離れずに生きる人生でした。きわめて少数の人間だけが「さて、この海/山/灼熱の砂漠の向こうにはいったい何があるんだろう」と大胆にも思いを馳せて、未知の世界に繰り出したのです。世界中の大陸を発見したのも、世界地図のほとんどすべてのところに人間が住みつけるようにしたのも、この少数の人たちでした。

現代の旅行好きの人たちは、きっと大昔は放浪の民だったであろう、そうした少数の冒険者たちの子孫かもしれないと考える根拠を科学が実証しているとXu氏は結論づけています。

そうとわかれば、ますます旅に出たい気持ちが強くなるのではないでしょうか。

でもそれは素晴らしいことです。先祖の時代と同じように、現代においても人類の知恵と功績の限界を拡げているのは冒険者たちだからです。だから旅をし続けましょう。


Can't Stop Traveling? Blame Your Genes | Inc.com

Jessica Stillman(訳:春野ユリ)
Photo by Hanumann/Flickr (CC BY 2.0).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.