• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

wasabiwasabi  - ,,,  09:00 PM

買い物で稼げる!?ドイツの最強クーポン節約男子「エクストリーム・クーポナー」の常識をくつがえすクーポンライフに1日密着

買い物で稼げる!?ドイツの最強クーポン節約男子「エクストリーム・クーポナー」の常識をくつがえすクーポンライフに1日密着

160603extreme_couponer_top.jpg


ドイツの商業を支える重要なビジネス都市、フランクフルト。その近郊に位置するのどかな街、ハーナウに暮らすドイツ人男性トーステン・ハインツさん(28)はごく普通のオフィスワーカー。普段はパートナーと一緒に暮らし、ごく一般的な生活を送っていますが、彼にはもう1つ、別の顔があります。

それが「エクストリーム・クーポナー」としての一面。

これが、よくある"ケチなドイツ人"のクーポン節約術だと思ったら大間違い。トーステンさんを1日密着取材することで、彼のクーポンに対する美学やシェアを大切にする考え方を垣間見ることができました。今回はドイツ在住ライターである筆者が日本では知られざる「エクストリーム・クーポナー」をご紹介します。


日本では聞き慣れない「エクストリーム・クーポナー」って?


そもそも、「エクストリーム・クーポナー」とはいったい何なのでしょう? エクストリーム・クーポナーとはその名前の通り、「クーポンをエクストリームな形で使う人たち」の総称です。彼らのクーポンの使い方は、私たちが想像するクーポンの使い方とは少し違います。「欲しいものを欲しい分だけ安く買う」のではなく、「どれだけ多くの商品をどれだけお得に買えるか」というクーポンさばきの"美"が問われる世界なのです。そのためエクストリーム・クーポナーたちは、たとえ特定の商品を欲しくない場合でも、そのクーポンの効果を最大に利用するために商品を大量購入することもあります。

もともと、この言葉が最初に登場したのは2010年のウォール・ストリート・ジャーナルの記事でした。トーステンさんによると、アメリカのケーブルテレビチャンネルTLC(ザ・ラーニング・チャンネル)が同年に「Extreme Couponing」というリアリティショーを放映したことがきっかけでその存在が広く知れ渡ることになったそう。トーステンさんがエクストリーム・クーポナーとなるきっかけも、「Extreme Couponing」を観たことだったそうです。


買い物は戦場! 実際のクーポンさばきを見せてもらった!


160523_extreme_couponer_01.JPG


それでも、エクストリーム・クーポナーがどんな買い物をするのかいまいち想像が湧かないですよね? というわけでトーステンさんに同行して実際の買い物風景を見せてもらうことになりました。私たちが向かったのは「ROSSMANN」と「dm」いうドイツの大きなドラッグストアチェーン店です。

お店のゲートをくぐると、トーステンさんの表情は狩りモードに。スマホでクーポンの入ったアプリを開き、今日の狙い目を確認したら、商品を探します。

今回両店舗でトーステンさんが使ったのは以下のクーポンです。

  • 特定のメーカーの商品を10ユーロ購入すると50%割引になるクーポン1枚
  • 特定のメーカーの商品がどれでも3ユーロ割引になるクーポン1枚
  • 特定のメーカーの商品がどれでも1ユーロ割引になるクーポン10枚(+ポイントカード10%アップのクーポンと併用)

1番目のクーポン利用にまずトーステンさんが狙ったのは1つ1.3ユーロのシャンプー。クーポンを利用可能にするため、10ユーロ分(8本)をカゴへ。2番目のクーポンでは、3ユーロ以下のクリームを選んで実質無料に。

これだけ大量の商品がレジで激安になることが信じられず、私はまったく現実味が湧きません。エクストリーム・クーポニングの面白さは不可能に見えることが可能になるところにあるのでしょうか? トーステンさんにエクストリーム・クーポニングのもっとも刺激的なところは何かと聞くと、次のような答えでした。

トーステン:レジで会計をする瞬間が一番ドキドキします。自分の計算通りクーポンが使えたときは爽快です! でも、レジのシステム内にエラーがあったり、店員がクーポンのことを知らなかったり、あまりにも安くなりすぎて、店員に「こんなに安くなるわけがない!」と信じてもらえずに使えないということが時々あるんです。そのときに店員にクーポンの説明をしてそのまま30分立ち話するなんてこともありますが、私はその時間さえも楽しんでいます。

筆者が度肝を抜かれたのが、「1ユーロ割引」と「ポイント10%アップ」のクーポンの合わせ技です。なんと、この組み合わせで「買い物をして稼ぐ」ことができてしまうのです。2番目のクーポンのときと同じように、今度は1ユーロ以下の9.5セントのヘアケア製品を10個購入し、実質無料に。そこに、購入額の10%がポイントとして還元されるクーポンを利用し、なんとヘアケア製品10個を無料で手に入れただけではなく、約1ユーロ(95セント)分のポイントを儲けてしまったのです!


160523_extreme_couponer_05.JPG

今回の戦利品。通常23ユーロ分の買い物だが、これだけ買って7.5ユーロに。


それぞれのクーポンの利用規約によりますが、今回のようにクーポンで購入した分もポイントとして加算することができたり、お店が在庫処分のために安くした製品をクーポンでさらに安く手に入れることも可能なのだとか。しかし、こうした事実はあまり知られていないようです。


クーポンで人助け──大量にものを買う理由とは


ビックリするのはこれだけではありません。トーステンさんの自宅にお邪魔すると、そこにはクーポンで獲得した商品がズラリと並んでいて、まるでお店のよう!


160523_extreme_couponer_04.JPG

全部クーポンで購入したもの!


トーステンさんには仕事があり、経済状況は安定しています。それにもかかわらず、クーポンを使って節約し、自分でも使い切れないほど大量の商品を安く買ってストックしています。これらの商品を一体どう使っているのでしょうか?

トーステン:クーポンで買う商品はお得なクーポンを使える商品、要するにプロモーションされている商品なので必ずしも自分が使うものだというわけではありません。自分が使わないものは、お金に困っている人や友人にあげています。たとえば、私には子どもがいないので、赤ちゃん用のおしりふきは、子供ができた若い人にプレゼントしています。若い子持ちのカップルはお金がない人が多いので。


160523_extreme_couponer_08.JPG

自身に必要がないものでも、人に分け与えるためにクーポンで購入。


160523_extreme_couponer_02.JPG

キャットフードはドイツの動物愛護施設「ティアハイム」に寄付しているという。


── すべて無料であげているんですか?

トーステン:はい。私はエクストリーム・クーポニングをお金儲けのためにやっているのではなく、自分の楽しみとしてやっています。それに、クーポンで買った商品は本当に安いので困っている人から取るような金額でもありません。それより私はもっと多くの人にクーポンを有効に使えることを知ってほしいのです。知識さえあれば誰でもできることですから。

── トーステンさんが個人的に忘れられないクーポンの思い出はなにかありますか?

トーステン:キャンペーンを利用して石けんを1500個購入し、半分をシリア難民のいる難民キャンプへ寄付したときのことです。石けんは1つ40セント。あるメーカーの商品を買うと50セント分のポイントが付いてくるキャンペーンを利用して、最終的にポイントで清算しました。石けんの購入は大量すぎたので何回かに分けたのですが、ある店で石けんを買いまくって、店頭に在庫がなくなってしまったんです。だから店員に「店にある石けんを全部ください」と言ったら、店員が驚いて「本気か?」というので「本気だ」と。

バックルームに連れていってもらったら、そこにはズラリと並ぶ900個の石けんがあって...。「ここからここまで全部ください」と言ったときのあの快感は特別なものでした(笑)

── 消費活動をまさに楽しんでいらっしゃるのですね! しかも効率的に購入した商品を必要な人にあげることで社会貢献にもなっています。でも、ここにある商品はすべて無料で手に入れたわけではないですよね? お部屋がまるでお店のようになっていますが、これらを売ろうと考えたりしないのですか?

トーステン:クーポンで購入した商品を売ろうと考えたことはありません。それでお金を儲けている人もいますが、私はお金を儲けるためにエクストリーム・クーポニングをしているのではなく、どのクーポンがお得かを調べたり、新しいクーポンや新しい商品を試すことが楽しいのです。

先ほど言ったように、大した値段でないものは、友だちにあげてしまいます。とはいえ、クーポンを使っても買い物をする以上は出費もしますから、場合によっては元が取れるようにカンパしてもらうこともあります。


ドイツのクーポン事情。コピークーポンが問題に


実はドイツでエクストリーム・クーポニングが可能になったのは比較的最近です。もともとドイツはクーポンを使って安く買うというより、元からムダな包装や手間を省いたりコストを徹底的に抑えることで最初から品物を安くするという考え方が主流だったとトーステンさんは言います。


160523_extreme_couponer_07.JPG

クーポンは丁寧にファイリングされ、ファイルや箱に整理されている。


── 欧米ではどの国が一番エクストリーム・クーポニングしやすいのでしょうか?

トーステン:一番クーポンが流通しているのはアメリカですね。

近隣ヨーロッパ諸国の事情と言えば、私はオランダが好きで旅行に行くんですが、オランダはドイツよりもクーポンが定着していません。一方、イギリスはアメリカほどではないですがドイツよりもエクストリーム・クーポニングがしやすい環境です。ドイツとアメリカの中間がイギリスと言えるかと。

── ドイツではクーポンがそこまで一般的でなかったことは知りませんでした! でも、クーポンが浸透してきている現状はトーステンさんにとってはうれしいことですよね。

トーステン:はい。しかし、エクストリーム・クーポニングが知られていくにつれ、問題も出てきています。本当は枚数が決まっているはずのクーポンを何枚も違法に印刷して大量に商品を購入するエクストリーム・クーポナーも多く存在し、ドイツ国内でもそうした違法コピークーポンを配布しているウェブサイトが問題となっているんです。

── それらを取り締まる法律はないのですか?

トーステン:現状、これを取り締まる法律は存在せず、違法クーポンの流通に気がついた時点でメーカー側がキャンペーンを中止するしか対策がない状況です。ほかには大量のボトル水を購入し、中の水を全部捨ててペットボトルのデポジットでお金を稼いだ人を知っていますが、私はそういうクーポンの使い方には賛成できませんね。必要がないのにムダに物を買うのは良くない。エクストリーム・クーポニングはシェアのために使われるべきだと思っています。


買い物の概念を変える、生活のなかの小さな革命


── トーステンさんは、クーポンで得た品物は友人や困っている人たちに寄付するだけでなく、こうしたクーポンのノウハウを包み隠さず自身の運営するサイトで公開して情報をシェアしています。なぜ、自らのクーポニングをシェアという形で社会に還元しようとしているのでしょうか?

トーステン:これはドイツ人特有なのかもしれませんが、一般にドイツ人は嫉妬深いし、ケチなんです(笑)。エクストリーム・クーポンをやっている人は自分だけおいしい思いをしているという優越感を得たいので情報を公開しない傾向にあります。羨ましがられるのが好きというか...。それはバカバカしいと思ったので私は自分で見つけたお得なクーポンのダウンロードリンクやテクニック、おすすめの店など情報を公開しています。

── エクストリーム・クーポニングを始めてから生活の中で変わったことはなんですか?

トーステン:やっぱり、節約上手になりましたね。

あとは、クーポンのおかげでいろいろな商品を試すようになったこと。ドイツのクーポンはたいてい、新商品や、普段は手を出せない高価な商品のマーケティングのために発行されます。顧客はいつも使っている商品を好んで購入するため、ドイツでは新商品の90%がヒットしません。でも、私はいろいろな商品をクーポンで試すことができるので、本当に自分に合う商品は何か、数ある商品のうちから選ぶことができるようになったのです。しかも、こんなに激安でね。




消費にまみれ、物質主義になった世の中への反抗として最小限にしかモノを持たない、買わない「ミニマリスト」が注目を浴びている一方、トーステンさんのクーポンニングは既存のマーケットを最大に利用し、たくさんのモノを買い、たくさん分け与えることでしなやかに、そして彼自身が情熱を持って楽しみながら周囲を豊かにしているのです。

買い物は日常生活とは切っても切り離せない活動の1つです。そのありふれた行いの概念を根底から覆すような革命を、ここハーナウで見ることができたように思います。

みなさんも、自宅に眠っているクーポンをエクストリームに使えないか調べてみてはいかがでしょうか?クーポンを使ったお得な買い物は、自分だけの喜びでなく、その周りの人も幸せにできる力を持っているのかもしれません。


トーステンさんの運営するクーポン情報サイト「Coupon-Palme」(ドイツ語)

(文・写真/wasabi)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.