• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,,  10:00 PM

疲労が思考と肉体のパフォーマンスに及ぼす影響

疲労が思考と肉体のパフォーマンスに及ぼす影響

20160519tired1.png


私は本当に疲れたと感じるたびに自分がとてもがさつになっていることに気づきます。次から次へとカップを落としてしまう、膝をデスクにぶつける、ドアを開くとき自分の顔にぶつけそうになることが2、3時間の間に何度もあります。私の場合、こんなことが起こったら、疲れ過ぎている証拠です。

がさつになるととても厄介なので、これは早々にベッドにもぐりこまなくちゃと実感します。しかし、ここまでわかりやすい形でないにしても、疲労はほかにもさまざまな形で影響を及ぼしています。具体的にどんな影響かわかったところで必ずしも解決にはつながらないかもしれませんが、少なくともこれは疲労のせいだと認識できるようになりますし、さらに大切なこととしては、極力睡眠不足にならないように努められるようになります。


疲れているとリスクを取らなくなる


何かを決めようといているときに、疲れているのは良くないと思うかもしれません。重要な選択をするときは特にそうです。でも、それはどのような選択かにもよります。疲れていると安全な選択をしがちだということが研究により実証されています。たとえば、ギャンブルを控えるようになり、不確実なことを選択するリスクを取らなくなる傾向があります。5つの研究によって、被験者が疲労していると、リスクの高い行動をしなくなる、安全性が強調された製品を選択する、健康診断を受診するというような予防策を取るようになる、などの傾向があることがわかっています。

健康やお金の使い方に関して何かを決めようとしているなら、これは良い傾向だと思うかもしれません。疲れているとき買い物に行くようにして衝動買いに走ることが普段より少ないことを確かめてみるのも、おもしろい実験ではないでしょうか。

一方で、疲れていると、新しい出会いや未体験のことに挑戦するチャンスを逃してしまうかもしれません。上述の研究では、被験者が疲れているとリスクに対して敏感になるので、より慎重な選択をする結果につながることがわかっています。人脈を作るためのネットワーキング・イベントに参加しているときや旅行中だと、これは良くありません。そういう場合は、ちょっと冒険して新しいことを体験できるほうが良いからです。

疲れていると自分の選択の仕方にどのような影響が出るかを知っていると、社交イベントに参加する前には昼寝をする、旅行中は十分な睡眠が取れるようにスケジュールを調整するなどの事前措置を取ることができます。


疲れていると、昔の習慣に戻ってしまう


最近私が書いたジャンクフードが無性に食べたくなることに関する記事を調べていて驚いたのは、人は疲れているとき必ずしも不健康な食物を選ぶわけではないとわかったことです。実は、その人にとっての平常の習慣に戻ってしまうのです。だから、私の場合は、お手軽にさっと手に入る不健康な食物を食べることなのですが、健康的な食習慣を身につける努力をした人の場合は、疲れるとその健康的な食生活に戻るのです。

これは生活のあらゆる場面でも言えることです。たとえば、毎晩寝る前に短い散歩に出かける習慣がしっかり身についていると、疲れたときほどその習慣を楽に実行できます。習慣化していることを実行しないほうがむしろ努力を要するのです。一見実行するのに努力を要するように見える健康的な習慣であっても例外ではありません。

これは喜ばしいことです。頑張って健康的な習慣をしっかりと身につける努力さえできれば、身についたその習慣を維持するのは疲れたからといって辛くなるわけではないとわかったので安心できます。

こうした良い習慣を身につけようとしているときは、疲労を感じる瞬間にどうしても以前の習慣が割り込んでこようとするので、悪戦苦闘することになります。これを解消するために私が思いついたワザは、そういう瞬間に備えてリストを用意しておくことです。Vlad Dolezal氏は自身のブログに彼がこの方法をどのように使っているか書いています。

私Vladは壁に「Vlad国の食べ物」と題した紙を貼っています。そこには、私が定期的に作りたい料理とそれを作るのに必要な材料が書いてあります。このリストは、私が疲れてどんな料理を作ったらいいかわからないときの命綱になります。リストを見て、そこに書いてある料理のひとつひとつを思い浮かべます。そして、私の体が「そうだ。これを食べよう!」と言ったら、それがそのとき作る料理になります。全然頭を悩ませる必要がありません。

Vlad氏は仕事の作業に関しても、それぞれの作業がどのぐらいのエネルギーを要するかで仕分けしたリストを作っています。

このリストを作る前は、気が散ってしまい、やらなければならないことを先延ばしすることもありました。ほかにどんな作業をしなければならないか覚えていられなかったからです。

つい先延ばししてしまいそうなときに、このリストは生産性を保つ助けとなっています。


疲れた体は効率が低下する


疲労が影響を及ぼすのは思考力だけではありません。肉体も睡眠不足だと本来の力を発揮するのに苦労します。

現に、アスリートは疲労しているとパフォーマンスが通常より低いレベルになることが研究によりわかっています。反応時間や筋力が疲労により劣化して、肉体が本来備えている能力を発揮することが難しくなります。アスリートが定期的に睡眠量を増やすとスポーツのパフォーマンスが高くなることがいくつかの研究で実証されており、水泳、テニス、バスケットボール、フットボールと多種目にわたりそれが観察されています。

肉体はエクササイズやトレーニングからきちんと回復するためにも睡眠を必要としています。十分な睡眠を取って筋肉を回復させないと、翌日は筋肉のパフォーマンスがさらに悪くなり怪我のリスクが高まります。よって、恒常的な睡眠不足は、複数の悪影響がどんどん重なることになるので、ますます危険なものになります。

プロのスポーツ選手の選手生命の長さと睡眠量と間には関連性があることがわかっています。下のチャートは野球選手とその「眠気を感じる度合」を示しています(スコアが高いほど、選手は眠いと感じています)。この研究を実施した3年後、青色の選手は全員まだ選手として活躍していましたが、白色の選手は全員選手を辞めているか降格していました。


20160519tired2.png

Image via Huffington Post.


睡眠がもたらす認知機能の向上は肉体のパフォーマンスにまで及ぶため、毎晩睡眠の質を高めたり、睡眠量を増やすことに注力したほうが良い理由は数えきれないほどたくさんあるのです。


Here's what happens if you work when you're tired | Crew

Belle Beth Cooper(原文/訳:春野ユリ)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.