• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  10:00 PM

「無制限休暇制度」を利用して猫カフェを創業してしまったNYビジネスウーマン。アメリカの新しい起業スタイルとは?

「無制限休暇制度」を利用して猫カフェを創業してしまったNYビジネスウーマン。アメリカの新しい起業スタイルとは?

160530erin3.jpg


「Hello~, Cutie♪」(こんにちは、かわいこちゃん)。ここを訪れた人はそう言いながら、まるで赤ん坊に話しかけるようにして猫たちと戯れる。ニューヨーク市内3店舗目となる猫カフェ「Little Lions」(リトルライオンズ)がマンハッタンのオシャレなSOHOエリアにオープンしたのは今年2月。

オーナーは33歳のアメリカ人女性、エリン・マックシェーンさん。彼女は何を隠そう、本業はテクノロジー系企業の会社員で、もともとはGoogleで働いたこともあるビジネスウーマンです。大の猫好きが興じて、会社員をしながらこの猫カフェまでオープンしてしまったといいます。そんな二足のわらじを履くエリンさんに、アメリカでの新しい起業スタイルや副業についてうかがいました。


Erin Mcshane(エリン・マックシェーン)
アメリカ人起業家、会社員。大学卒業後にコンピュータ系企業に就職し、Google本社に転職。2010年までの4年間、プロジェクトマネージャーとして在籍。Guilt勤務を経て2014年9月、Bonobos(2007年ニューヨークで創業した男性用ファッションのEコマース)に入社、プロダクトマネージャーとして勤務。今年に入って取得した2カ月の長期休暇(バケーション)中に起業、2月にニューヨーク市内で3店舗目となる猫カフェ「Little Lions」をオープンした。サンディエゴ出身、ニューヨーク在住。


動物保護施設での経験をもとに猫カフェ開業を思いつく


160523erin9.jpg

飲食店経営とIT系企業の会社員という二足のわらじを履く、エリン・マックシェーンさん。


── ニューヨークで3店舗目となる猫カフェ「Little Lions」をオープンして3カ月ほどになりますね。どういうコンセプトのお店なのですか?

エリン:通常の猫カフェと同じように、ここに来ればコーヒーやお茶を飲みながら、猫たちと触れ合うことができます。うちはそれに加えて特に力を入れているのは、猫の里親探しです。Best Friendsという里親探しの動物協会と提携していて、もらい手が見つかったらまた次の猫をここに連れて来ます。オープン以降トータルで25匹の子猫に里親が見つかりました。


160523erin5.jpg

猫のサンクチュアリー的空間「Little Lions」。入店料は30分で6ドル、1時間で11ドル。


── 猫カフェをオープンするに至ったきっかけは?

エリン:私はもともと西海岸出身で、サンフランシスコのGoogleの本社で働いていました。ニューヨーク支社で夏の間に働く機会があり、この街に魅了されて2010年にこちらに引っ越し、その後退職しました。

ある時、アニマルシェルターでボランティアのお仕事をするきっかけがあったのですが、そこで動物にとって劣悪な環境を目の当たりにしました。この大都市では収容される動物が多過ぎて、ケージは万年不足気味。ケージがあったらあったですごく狭い。おまけに引き取り手がいなければ安楽死が待っているのです。

私は猫がいる家で育った大の猫好きです。今もニューヨークのアパートで3匹の猫の里親になって一緒に住んでおり、アニマルシェルターでの経験から自分なりに何とかできないかと考え、猫カフェをオープンすることを思いついたんです。


会社員としてテック系企業に在籍しながら起業


160523erin4.jpg

猫カフェは台湾が発祥、日本が火付け役で、現在世界中でブームとなっているがニューヨークにはまだ3店舗しかない。「ロンドンの猫カフェには行ったことがある。いつか日本にも行きたいな」。


── エリンさんは実はテック系企業の会社員なのですよね?

エリン:そうです。男性用ファッションのEコマース企業「Bonobos」で2014年から働いています。Bonobosは本社がニューヨークにあり、全米に21のガイドショップを持ちます。ウェブサイトではスーツからデニム、シャツ、水着、ファッション小物までメンズトータルファッションを扱っており、気になる商品があれば実際にガイドショップで試着できるというシステムです。

私はこの本社オフィスで、プロダクトマネージャーをしています。仕事は主に、ウェブサイトのインターナル(社内)システムに関することです。ウェブサイトの機能面においてユーザーエクスピリエンスやデザインのことを考えたり改善したり、またインターナル・ステークホルダー(社内プロジュエクトについて担当している部署)たちと一緒に、運営や会計において、より使いやすいシステムに改善することも任務の1つです。


160530bonobos.jpg

エリンさんがプロダクトマネージャーとして働く、男性用ファッションのEコマース「Bonobos」。2007年創業で現在従業員数200人、全米に21拠点のガイドショップを持つ。


── 働きながらお店をオープンしたのですか?

エリン:働きながら開業というのは語弊があるかもしれません。体調を悪くしたこともあり2カ月のまとまったお休みを申請したところそれが許可されてお休みをいただいたので、実際にはその休職期間=バケーションを利用しました。ですので、「本職がありながら開業した」と言うほうが適切ですね。

── そのバケーションの期間はいつ?

エリン:2016年2月上旬から4月末まで2カ月少しです。お店は2月にオープンしました。


1  2  3
  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.