• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

西村おきな

 - ,,,  06:00 AM

気軽に買えるポップな活動量計『UP move』【今日のライフハックツール】

気軽に買えるポップな活動量計『UP move』【今日のライフハックツール】

160501_lht_upmove_1.jpg


機能も充実し、活動的な人の間で定着してきたアクティビティトラッカー。

家電量販店には専用のコーナーもあり、多種多様なデザイン・機能を持ったものが並んでいます。その中でも、気軽さの点からオススメしたいのがjawboneの『UP move』です。


Push

電源はボタン電池で、バッテリー寿命は4カ月ほど。裏蓋はコインで開けることもできますが、傷をつけないようプラスチック製の専用のドライバーが付属しています。


160501_lht_upmove_3.jpg


この『move』はUPシリーズの中でも機能を省いたエントリーモデル。多くの活動量計がリストバンドタイプですが、『move』は付ける箇所を選ばないクリップタイプです。ズボンやシャツのポケット、ベルトなど好きなところに装着でき、クリップ上部のループのおかげで取り外しもスムース。

スマホを確認せずとも、ワンクリックで運動と睡眠の達成度が確認できるのもポイント。またほかのUPシリーズにはない5分刻みの時計機能があり、2回押すことで現在時間を表示します。端数は切り上げですから、スケジュール管理に使っても問題ないでしょう。

カラーリングは、ツートンカラーのスレートローズ・ブルーバーストと、モノトーンのブラックバースト・ルビーローズ・グレープローズ。ちなみに「ローズ」と「バースト」は本体の模様です。


160501_lht_upmove_5.jpg


腕時計のように手首に装着するためのストラップがJawboneから販売されているほか、サードパーティー製のクリップもあるので、自分好みのカラーリングを作るのも良いかもしれません。


160501_lht_upmove_4.jpg


リストバンドモデルに比べて、活動のトラッキングも睡眠のトラッキングも、ざっくりしているというかおおらかというか、上位モデルと比べると物足りない点はあるかもしれませんが、「活動量計に興味はあるけれど、どうにも手を出しにくい」方にぴったりのとっつきやすいモデルです。手首をお気に入りの時計のために空けておけます。

睡眠モードへの切り替えは手動で行う必要がありますが、もし切り替え忘れたとしても、トラッカーが睡眠中の動きを記録していますから、起きた後に寝ていた時間を指定することで、睡眠データの追跡が可能です


UP move│Jawbone

(西村おきな)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.