• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 AM

フォーブスの「もっとも価値のあるブランド」、1位はApple

フォーブスの「もっとも価値のあるブランド」、1位はApple

160517gizmodo_mediagene.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:それだけ愛されているってことですね。

過去13年で初めて減益となり、衝撃とともに伝えられたAppleの決算発表。例によってAppleの成長は終わっただの、これからは下り坂になるだの悲観論が多く飛び出しました。しかし同社がこれまで築いてきたブランドの価値は、一回の決算発表くらいで傷つけられてしまうようなものなのでしょうか?


Forbesが発表した2016年のブランド価値によると、Appleのブランド価値は1541億ドル(約17兆円)で、昨年に続き1位の座を守っています。さらにこれは、2位のGoogleの825億ドル(約9兆円)にダブルスコアとまではいかないまでも、ほぼ2倍近いもの。これって十分だと思いますけどね〜。

次に前年からの成長率を見ると、GoogleとFacebookの急成長ぶりが分かります。前年比でAppleは6%増、Microsoftは9%増、IBMは17%減、Samsungは5%減なのに対し、Googleは26%増、Facebookは44%増となっています。こうしてみると、Appleはいまだに十分な売上と利益をだしているものの、その成長に失速が見られるのは間違いないようです。ただしマイナスを記録しているテック企業も多い中、6%増という数字はそれほど悲観する必要はないと思います。

一方日本企業に目を向けると、6位のトヨタ(レクサス除く)がブランド価値で421億ドル(約4兆6000億円)、ホンダが252億ドル(約2兆7000億円)、レクサスが90億ドル(約1兆円)、日産が82億ドル(約9000億円)、ソニーが76億円(約8000億円)、パナソニックが71億ドル(約8000億円)となっています。



source: Forbes via MacRumors

(塚本直樹)
Anton_Ivanov / Shutterstock.com

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.