• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

wasabi  - ,,,  08:00 PM

サボっている同僚に自然と仕事させる方法

サボっている同僚に自然と仕事させる方法

160517coworker_help.jpg


もし同僚がサボっていることが原因で自分まで生産性が落ちてしまうようなら、彼らに手を差し伸べることでやる気を起こさせることができます。

同僚が仕事の責任を果たしていないのは、見ていて腹が立つことでしょう。でも、そんな人にこうするべきだと頭ごなしに命令すれば職場でドロドロのドラマを巻き起こしてしまいます。「The Muse」のAlyse Kalish氏は、同僚に何かを命令するのではなく、同僚に歩み寄ることが大切だと言います。そんなことしたくないかもしれませんが、実際歩み寄ってあげることでやる気を起こさせることができるのです。


同僚がサボっているのには、いつも必ず理由があります。アイデアに煮詰まっているのかもしれないし、仕事で迷いがあるのかもしれないし、やることが多すぎて諦めてしまっているのかもしれません。そんなとき、「大丈夫? 1日中スクリーン眺めているようだけど、何か手伝おうか? 今少し手が空いているから」と声をかけてみましょう。それを手伝ってあげれば同僚がやる気を取り戻すための突破口を開けるかもしれません。一番良い展開は、同僚が「いや、大丈夫! ちょっと集中力が途切れていただけ」と言って仕事に戻ってくれる流れです。

そうやって声をかけることで、自分の仕事はうまくいっていて余裕があるということを、同僚に対して敵意のない方法で暗に伝えることができます。すると、その同僚は自分も仕事に追いつかなければいけないと、考えるかもしれません。手を差し伸べるときのコツは、「やってあげている」と腹の底で思っていても、それを表に出さないことです。純粋に手を差し伸べる謙虚な気持ちで歩み寄りましょう。もちろん、同僚の仕事を全部手伝わないよう注意が必要ですが、もしオフィス内に、なかなかやる気を見せない同僚がいるならば、この方法を実践してみてはいかがでしょうか?


Patrick Allan(原文/訳:wasabi)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.