• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  08:00 PM

睡眠に関する間違った10の思い込み

睡眠に関する間違った10の思い込み

20160426myths sleep1.png


人類は今や睡眠について熟知していると思うかもしれませんが、いまだに睡眠がうまく取れない人がたくさんいます(だからこそ『睡眠の質を向上させる10のコツ』の出番です)。これは、健康維持のために何よりも重要な睡眠に関して、時代遅れの情報を信じていたり思い込みがあったりすることが一因です。今こそそんな誤りを正しましょう。睡眠に関して完全に間違っている10の思い込みをご紹介します。



1. 睡眠時間は長いほど良い


20160426myths sleep2.png


長時間眠り過ぎてしまうとしたら、それはこの思い込みのせいかもしれません。必要な睡眠量は人によっても年齢によっても違います。ハーバード大学の研究により、9時間以上の睡眠は睡眠の質の低下につながることがわかりました。だから、週末でも、普段より長く眠ろうとするのはやめましょう。睡眠の質を向上させる方向に努力してください。


2. アルコールや薬物を飲むと良く眠れる


20160426myths sleep3.png


ほとんどの人は寝る前にいわゆるナイトキャップとしてアルコールを飲むと眠りにつきやすくなります。しかし、そのせいで夜中に目が覚めやすくもなるので、睡眠の質が低下します。さらにマリファナを吸うと眠たくなりますが、常用しないとなかなか寝つけなくなったり、変な夢を見たりするかもしれません。アルコールやマリファナと睡眠に関する科学について詳しくはこちらをご覧ください就寝前はノンアルコールのビールにしてみてはどうでしょうか


3. 真夜中に目が覚めたら、また眠れるまでベッドで横になっているほうが良い


160515sleep_10myths.jpg


真夜中に目が覚めるのは最悪ですが、誰にでもあることです。すぐにまた眠れたらいいなあと誰もが思うので、ベッドに横になったまま、眠りに落ちるのは今か、今かと待ち望んでいることがよくあります。でも15分以内に眠れなかったら、ベッドから出て、あまり刺激の多すぎないことに体と頭を使うことを多くの専門家は推奨しています。時計も見ないようにしましょう


4. 不眠症だと寝つきが悪い


20160426myths sleep5.png


不眠症は複合的な睡眠障害であり、寝つきの悪さは不眠症の4つの症状の中の、たった1つに過ぎません。国立睡眠財団によれば、残りの3つは、「早く目が覚めてしまい再び眠りに落ちることができない」、「たびたび目が覚める」、「すっきりしない気分で目覚める」です。不眠症やその他の睡眠障害を緩和するためにできることがいくつかあります。長期的治療でベストなのはたいていの場合、薬物治療ではありません。認知行動療法のほうが効き目が持続します


5. 誰でも毎晩7~8時間の睡眠が必要だ


20160426myths sleep6.png


必要な睡眠時間は人によって違います。睡眠は長さより質のほうが重要です。というわけで、国立睡眠財団は、年齢層別推奨睡眠時間を提示しています。それによると、1日の睡眠時間は新生児なら14~17時間、18歳から64歳の成人は7~9時間、それより上の年齢層は7~8時間が望ましいということです。子供は一般的に大人より長く眠る必要があります。ある調査によれば、毎晩8~9.5時間眠る人は翌日は機嫌が良くなると報告されています


6. 昼間に眠くなるのは前の晩の睡眠が足りないせい


20160426myths sleep7.png


前の晩に良く眠れない、あるいは全然眠れなかったら、間違いなく翌日は最悪の気分になりますが、昼間に疲労感や眠気を恒常的に感じているなら、それは睡眠が原因ではない可能性があります。食生活、ストレス、基礎疾患が原因かもしれません。アレルギーや服用している薬でもエネルギーを消耗することがあります。睡眠の質を考えることはもちろん大切ですが、ほかに可能性のある原因がないか調べてみましょう。


7. パワーナップを取ると気分がリフレッシュする


20160426myths sleep8.png


昼寝は良い点がいろいろありますが、元気回復の強壮剤とまったく同じというわけではありません。昼寝の長さによっては、目を覚ましたときだるくなってしまうこともあります。エネルギーと頭の回転の速さを取り戻すには、昼寝は20分ぐらいにしましょう。


8. 朝型タイプと夜型タイプがある(そして朝型のほうが生産性が高い)


20160426myths sleep9.png


ほとんどの人が、自分は「朝型」か「夜型」のどちらかだと思っていますが、それ以上に睡眠サイクルが影響しています。人によって日中にエネルギーが高くなる時間帯が違っていて、これは必ずしも朝型、夜型とは関係ありません。「早起きは三文の徳」という諺がありますよね。職場や学校制度の中で生きていると、朝型が得をするように見えますが、比較してみれば夜型も同じぐらい生産的でクリエイティブです。実際に、学校は現在の始業時間では睡眠不足になってしまう夜型の生徒の健康に配慮して、始業時間をもう少し遅くすべきだという意見の医師もいます。


9. 平日の寝不足は週末たっぷり寝れば補える


20160426myths sleep10.png


平日に睡眠不足になると、一種の睡眠「債務」がかさんでしまいます。土日にたっぷり眠ることでその債務を返済できると思っていませんか? ことはそう簡単にはいきません。そんなことをすると翌週はもっと眠くなるかもしれません。週末は寝坊するよりも、普段より就寝時間を早くしたり、午後に昼寝をしたりするのがお勧めです。


10. スヌーズ機能を使うと睡眠時間が稼げる


20160426myths sleep11.jpg


最後に、これを認めるのはつらいことかもしれませんが、目覚まし時計のスヌーズ機能を使うと寝覚めの気分が悪くなるだけです。起きるまでの時間が稼げるわけではなく、スヌーズとスヌーズの間にうとうとすると睡眠サイクルの深いところに入ってしまいます。そうなると、その日は終日ゾンビ状態になってしまいます。だからスヌーズ機能を使うのはやめてベッドからはい出しましょう。そうすれば、より快適な1日を過ごせて、もしかしたら夜も良く眠れるかもしれません。


Melanie Pinola(本文/訳:春野ユリ)
Photo by mislav-m.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.