• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

wasabiwasabi  - ,  09:00 PM

誤った情報に左右されないように、自分自身に対して「天の邪鬼」になろう!

誤った情報に左右されないように、自分自身に対して「天の邪鬼」になろう!

160426_misinformation.jpg


誤った情報はネット上にどこでも存在します。そして、時として自分の信じていることを疑う努力を怠ると誤った情報を真に受けてしまうこともあります。そんなときは自分自身に対して天の邪鬼になると良いでしょう。


自分の持っている既存の考えや、自分が信じたいことを確かめたい傾向のことを「確証バイアス」と呼びますが、これはネット上で情報を読むときにかなり強く作用します。なぜならネット上で情報を仕入れるとき、周りに自分とは別の考え方を突きつけて来る人がいないからです。コーネル大学の心理学者David Dunning教授は、常に情報に対して高い意識を持ち、自分自身に問いかけることで誤った情報を信じないようにする大切さを説きます。

もし周囲に誰もいない場合、自分自身が天の邪鬼になる必要があります。インターネットに書かれていることをそのまま信じるのではなく、代わりに疑ってみましょう。反確証バイアスを鍛えるのです。たとえばもしあなたになにか健康上の問題があったとして、自分に合う医療法を探しているなら最初に見つけたそれらしい診断を信じないでください。その代わりに別の方法がないか探してみましょう。それどころか、その診断が間違っている可能性があることを示した別の情報を探してみましょう。研究結果によると、反対意見を考慮すること、すなわちその結果が間違っているかもしれない可能性を積極的に自分から問うことは、間違った情報に左右される危険性を減らすためにできるとても有効な方法なのです。


というわけで、次に「ああ、なるほど!」と思う記事を読んだら、いったん間を置いて、その情報を再精査してみましょう。「この情報は自分にとって十分か、もしくは自分の信じていることと同じなのか?」と自分自身に問うのです。もしそうだった場合、あえて逆の立場を演じて、反対側の意見を立証するような情報を探してみましょう。情報の捉え方がずいぶん変わってくるはずです。


Why the internet isn't making us smarter - and how to fight back | The Conversation via Science of Us

Patrick Allan(原文/訳:wasabi)
Photo by Leonid Mamchenkov.

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.