• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,,,,  12:00 PM

キャリアを守るためにはファンを持て

キャリアを守るためにはファンを持て

160503fans1.jpg


99u:こんな経験はありませんか? 業界で有名なAさんが、有名企業Xから解雇されました。あなたは心の奥でぺろりと舌を出して、こう思います。「Aはそれほど能力があったわけでもないし、これで新しい人材にチャンスがくる」と。

でも、そのことを忘れかけていた数週間後、そのAさんが今度は有名企業Yで仕事を始めたと知ります。もう、Aさんの不幸を喜ぶことはできません。Aさんには、どんな秘密があるのでしょう?


その秘密は、(いつも)才能とは限りません。クリエイティブな人たちが雇用を確保し、運命を自らコントロールできているのは、隠れた特別な才能のおかげではないのです。彼らが持っているのは、ファンを持ち、そのファンに仕える能力。皮肉なことに、Twitterで4000人のフォロワーがいる人を静かに退職させるのは難しいことです。実際、会社や部署の顔ではなく裏方として仕事をしている人にとっては、ファンを持つことが最高の仕事の保険になるのです。

クリエイティブな人材を採用する人の苦境を考えてみましょう。いえ、実際は誰を採用する場合でも同じです。彼らには、クライアント向けに顧客を増やすためのマーケティングキャンペーンがあります。または人数の少ないチームの採用をしているかもしれません。求人市場側はリスクがあるものですが、採用する側はリスクを非常に嫌います。


あの人を知っている、という価値


どんなときも、既知の商品のほうが安全です。つまり人々は、知人やかつての同僚を採用しやすいのです。これはもちろん、有名な格言「何を知っているかではなく、誰を知っているかだ」の元になっています。ファンを持つ志望者は、「知られていることによるボーナス」をとても大きく感じます。この場合、ファンを持つクリエイターを知っているのは採用マネジャーだけではありません。業界が彼のことを知っているのです。他の知られた商品が、この商品について知っているのです。

わかりやすいように、とても能力があるけれどファンがいない人の例を考えてみましょう。名前はサラ。サラはスキルが高く、優れた仕事をしますが、裏方に甘んじていることがよくあります。サラのチームメンバーは彼女の才能を知っていて、彼女はいつも仕事の出来に満足しています。普通であれば、彼女にはそれで十分でしょう。完璧な世界ではそのはずです。しかし、サラは極めて弱い存在なのです。

例えば、親会社が人員削減のためにサラの部署を閉鎖するとします。または彼女が持つスキルの需要が急になくなったとします。もっとひどければ、新しく来た上司が、変化を決めたとします。これらはすべてサラにとって不可抗力であり、サラの能力とも無関係です。それなのに、これらすべてがサラのキャリアに悪影響をもたらします。このような状況は毎日のように起こっていて、人生に一度くらいは誰の身にも起こる可能性が高いのです。

サラは職探しを始めます。でも、彼女の能力を知っている人、彼女と働くことが好きだった人は、みな前の会社で働いています。彼女の優秀さを知っている人は彼女を採用することができないので、彼女は昔の同僚の推薦に頼るしかありません。これで解決することもありますが、多くの場合は解決しないのです。

ファンを持つことが仕事の保険になるのはそのためです。クリエイティブな人たちがMediumや Twitterをするには理由があるのです。この保険の掛け金は、お金ではありません。それは自分の行動に透明性をもたせ、信念を持ち、日常的にその信念を世界と共有することです。多くの場合、これは何かを書くことを意味します。ときには、自分の仕事を気に入ってくれる人のメールアドレスの入手を意味することもあるでしょう。または、これまでの自分の仕事のケーススタディを載せておくことかもしれません。あるいは、自分の仕事を特定のネットワーク(バイアスはありますが、Bēhanceがオススメです)でフォローしてもらうことかもしれません。新しい仕事が必要になってからこれを始めるクリエイターが多すぎます。

サラがキャリアを通して自分のデザインについての考えを綴っていたらどうなていたでしょうか? その内容は、正しいこともあれば間違っていることもあるでしょう。でも、それよりも大事なのは、彼女の仕事を常に追っていた、考え方の似た人のグループができること(おまけとして、彼らの多様な視点に触れることで、サラ自身の仕事もよくなっていたでしょう)。たとえ、そのグループがたったの40人だとしても、この40人はサラの味方です。40人もの人がサラの仕事ぶりを知っていて、考え方を尊重しているのです。

放っておくと、私たちは身内のファン以外を満足させようとしません。たしかに身内のファンとは毎日のように会い、強力なフィードバックループが構築されているでしょう。ですが、新しい職場に身内のファンを連れていくことはできません。もちろん身内も大事なので十分なコミュニケーションが必要ですが、自分の分野でもっと幅広い人とのやり取りを持てることを無視しないでください。

あなたがどんな業界で働いているかは知りません。でもどんな業界も、あなたの声を必要としています。同室で仕事をしている人よりも多くの人々に、あなた独自の考え方を知ってもらいましょう。特に、「思想的リーダー」がそろって疲れきった顔をしていることに不満があるならなおさらです。

ここでサラの最悪のシナリオに戻りましょう。会社が人員削減したことでサラの仕事の見通しが変わりました。あなたがサラだったら、がっかりですよね。でも40人のファンに問うことは可能です。このケースでは、あなたのポジション削減を決めたのは1人の人間です。無防備だったあなたは、権力闘争または無能なマネージャーの被害者なのです。このように私たちは、たった1人の人間によって、キャリアの道から引きずり下ろされてしまいます。でも、誰もあなたのファンを奪うことはできないのです。


The Most Defensible Thing You Can Do for Your Career: Build an Audience | 99u

Sean Blanda(訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.