• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,  07:23 AM

ポケモンアプローチ失敗でわかった、Google社内で優秀なチームが備えている5つのダイナミクス

ポケモンアプローチ失敗でわかった、Google社内で優秀なチームが備えている5つのダイナミクス

160427most_productive_teams.jpg


Inc.:Google人事部は、矛盾に直面していました。彼らは、多くの人事組織と同じで、個人を採用し、個人を育成し、個人の業績を評価していました。

でも、Googleの仕事の大半は、チームでの仕事です。

そこで考えました。「人事部のサービスの少なくとも一部をチームレベルに方向転換したらどうなるのか」と。Googleのピープル・アナリティクス・ディレクター、Brian Welle氏は、フィラデルフィアで開催された「Wharton's People Analytics Conference」で、聴衆に向けてこう語りました。彼らが最終的にたどり着いた目標は、巨大で困難、そして大胆なものでした。

各部門のリーダーがプロジェクト開始時に組むべきチームの姿(人数とタイプの両方)を、人事部が明確に示すことができる。そんな未来を描いたのです。

まず、人事部が「チーム内のワクワクとモチベーションを保つために、外向的な人を1人、細部まで目を配ることができる勤勉な人を2人、ダイバーシティのために、女性が3人、男性が2人。最初の半年は同じ場所で働き、次の半年は分散して働く」といったアドバイスをします。その後、その要件にあった社員のプロフィールを人事からリーダーに提示します。

「これを人員配置のポケモンアプローチと名付けました。正しいカードを見つけて、チームに挿入する。それだけで有能なチームのできあがり。そう考えたのです」とWelle氏。

でも、そのアプローチはうまくいきませんでした。そこで人事部は、社内の営業や開発の180チームを調査し、何百ものインタビューを行いました。その結果、個々の特性はチームの業績に大きな影響を及ぼさないことがわかったのです。重要なことは、チーム全体のダイナミクス。つまり、人員配置に注力するよりも、一緒に働く方法についての洞察をメンバーに与えることの方が重要だとWelle氏は述べています。

調査結果から、Google社内の優秀なチームは、5つのダイナミクスを持っているそうです。重要なものから順に、以下に紹介します。


1. 心理的安全性

メンバーは、自分たちが弱くなる可能性があることを知っている。また、自分のアイデアや意見が、たとえチーム内の他メンバーと対立するものであっても、尊重され検討されることを知っている。


2. 信頼性

同僚がやるべきときにはやるべきことをやってくれると確信できる。


3. 構造と明瞭性

誰もがチーム全体の目標、自分の役割、他メンバーの役割を理解している。


4. 意義

仕事の内容に自ら意義を見出せる。


5. 社会的影響

やっていることが会社や世界にポジティブな影響を与えると信じている。




Welle氏によると、1番の心理的安全性は何よりも重要です。調査の結果、心理的安全性が高い営業チームは、平均して売り上げ目標を17%過達していました。逆に、心理的安全性が低いチームは、平均19%低い結果でした。

また、2番と3番は相補的であることもわかりました。つまり、チーム内の信頼性が高くても、役割の定義や目標といった構造上の問題によって妨げられることがあります。逆に、チーム内の信頼性が低くても、構造と明瞭性があれば救われることもあるのです。これは、メンバー同士の信頼関係が築けていない新しいチームに有効なやり方です。

Welle氏は、聴衆に対して、同じような実験の実施を求めました。学術研究は「無菌環境で」生まれるものだが、むしろ「生きた組織の乱雑性の中で」行われた研究の方に興味があると。


The Most Productive Teams at Google Have These 5 Dynamics | Inc.

Leigh Buchanan(訳:堀込泰三)
Photo by Flattr/Flickr (CC BY-SA 2.0).

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.