• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  09:00 PM

ブツブツした穴が苦手...「トライポフォビア」の原因とは

ブツブツした穴が苦手...「トライポフォビア」の原因とは

160423trypophobia.jpg


インターネットが登場して、人々は自分の病的なところについて、世界中のほかの人たちと意見を交換できるようになりました。時には、非常に変わった症状を抱える人々が、自分以外にも同じような経験をしている人がいることを発見し、からかわれることを心配せずに、その症状について話し合えるようになったりもしました。ディスカッションフォーラムやサポートグループがつくられ、ついには新しい病気が認められるケースもあります。その良い例が「ビジュアルスノー」です。ビジュアルスノーの人の視界には、まるで雪のように、複数のきらめく点が絶えず漂っています。そして、もう1つが「トライポフォビア(集合体恐怖症)」です。

トライポフォビア(「穴に対する恐れ」の意)は一種の恐怖症で、これを抱える人々は、「何かがたくさん集まった画像」を目にした時に、感情的反応にさいなまれます。普通に考えたら無害なもののはずなのに、です。特に、穴の集合に反応する人が多いようです。トライポフォビアはまだ正式な病名として認められていませんが、この恐怖症についてネット上ではじめて話題になったのは2005年までさかのぼります。

この恐怖を引き起こすのは、蜂の巣や蓮の種などの自然物の場合もあれば、エアインチョコレートや積み上げられた工業用パイプ(正面からのアングル)などの人工物の場合もあります。一見すると無害で、インターネットでの共有にも適していますが、これらの画像は不安にまつわる認知的変化や、皮膚のかゆみや鳥肌といった身体的兆候、吐き気や動悸、呼吸困難といった生理的変化など、さまざまな症状を誘発しうるものです。

あなたにも思い当たる節はありませんか?

この感情的反応を誘発するこれらの画像は、しかし一般的には脅威とは考えにくいものです。ですから、この点でトライポフォビアは、ほかの多くの恐怖症とは異なります。


数学的性質


さまざまな恐怖症は、いずれも不安障害です。学習や、持って生まれた進化のメカニズムによって生じると一般的には考えられています。たとえば、犬にかまれた経験が原因で、犬恐怖症になることがあります。あるいは、クモやヘビに対する恐怖心は、進化の過程に根ざしたものかもしれません。ともかく、通常の恐怖症には、明確なものであろうと漠然としたものであろうと、あるいは本物であろうと想像力の産物であろうと、脅威が存在します。

ところが、トライポフォビアの場合、明らかな脅威というものが存在しません。この恐怖症を誘発する画像群には、形状以外に共通点がほとんどありません。

どうやらこの形状こそが、これらの画像が誘発する恐怖の鍵を握っているようです。トライポフォビアを自称する人でなくとも、こうした画像を見れば、恐怖を感じるほどではなくても不快に思いがちです。実は、こうした画像はある「数学的性質」を備えており、視覚的不快感や眼精疲労、頭痛などの原因となる画像の大半がこうした特徴を共通して持っているのです。

こうした数学的性質を持つ画像を、脳は効率良く処理できません。その結果、脳への酸素供給がより多く必要になります。筆者のArnold Wilkins教授は、Paul Hibbard教授との共著の論文の中で、この不快感が生じる原因について、こうした画像は脳への多大な酸素供給を必要とするため、直視を避けようとするのではないか、と提唱しました(脳は身体エネルギーの約20パーセントも消費するため、その使用量は最小限に抑える必要があるのです)。

そんなわけで、トライポフォビアの人たちが苦手な画像というのは、誰にとっても、見ると本能的に不快に思うはずの画像の仲間なのです。では、なぜ一部の人だけが感情的反応を示し、ほかの人々は示さないのでしょうか。筆者たちは現在、その理由を探っているところです。

カビや皮膚病の画像には、トライポフォビアの人たちだけでなく、ほとんどの人が嫌悪感を抱きます。おそらくこの嫌悪感は進化のメカニズムから来るものでしょう。嫌悪感を抱くことで、病原菌などを避けることになるので、生存競争において有利なのです。

こうしたカビや皮膚病変の画像にも、トライポフォビアの人が苦手な画像に似た数学的性質があります。筆者たちの現在の研究では、これらの画像も、たいていの人にとって不快なだけではなく、脳への多量の酸素供給を引き起こすのではないかと考えて調べています。おそらく、こうした画像を見た時に生じる不快感は、脳への過度の酸素供給が起こることを避け、感染症のリスクからいち早く逃れるという意味で役に立つメカニズムなのだと考えています。そしておそらく、トライポフォビアの人たちの場合は、このメカニズムが過剰にはたらいているのでしょう。


COULD TRYPOPHOBIA BE CAUSED BY MATH HURTING OUR BRAINS? | Popular Science

Arnold J Wilkins & An Trong Dinh Le(訳:阪本博希/ガリレオ)
Photo by Sage Ross/Flickr (CC BY-SA 2.0)

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.