• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,,,  08:00 PM

成功のための基本的スキルはもう持っている

成功のための基本的スキルはもう持っている

160402youalreadyhavetheskills.jpg


誰もがライフハックの名のもとに、1日を乗り切るため、仕事を楽に進めるためのショートカットを探しています。とはいえ、毎日出勤して働かなければならないという現実がなくなることはありません。あなたの責任が根本から変わることはないのです。でも、すでに持っている知識を着実に適用すれば、どんな競争も勝ち抜けるでしょう。

私は新卒で就職した会社で、データ編成プロジェクトに携わりました。当初のプロジェクトメンバーは3人でしたが、開始直後にそのうちの1人がメンバーから外されました。

それは、とてもつらい出来事でした。なぜならその人は、私たちが扱おうとしていたデータのエキスパートだったからです。本当は、彼女がデータの意味を理解し、私がインターフェースを構築し、もう1人が運用を管理するデータベース管理者という構成で仕事をするはずでした。

彼女が去ってからというもの、データベース管理者と私は、ほぼ2人だけで働くことになりました。私たちの努力とは無関係な、コントロールできない何かのせいで、社内には「あのプロジェクトはトラブっているらしい」という噂が流れていたようです。

当然ながら、その1年間で、データベース管理者と私の間には強いきずなが生まれました。データセット間の関係を知るために、データの勉強に計り知れない時間をかけました。似たようなデータセットのためのインターフェースをたくさん見て、それらのいいところを盗もうとしました。

努力は実を結びました。プロジェクトは驚くほどの進捗を見せ、マイルストーンであるすべての社内レビューをクリアしたのです。食物連鎖の上に立つ意思決定者たちの態度が変わりました。おかげで、正社員になるオファーをいただきました。

なぜこんな話をしているかって?

当時の同志であったデータベース管理者は、高校教師をしていた人でした。とはいえ、コンピュータ科学の先生ではありません。アイオワの田舎の高校で、農業を教えていたのです。そんな彼が、どのようにしてオラクルデータベース管理者になったのでしょうか。彼は大学でコンピュータ科学や情報サービスを学んだわけではありません。

彼は、コンピュータ科学とはまったく無関係のスキルを大量に適用することで、そこに至ったのです。彼が適用したのは、誰もが持っているスキルにほかなりません。唯一の違いは、彼が実際にそれを適用したこと。キャリアチェンジを考えるなら、学校で学びなおすのも1つの方法です。でも、そのシフトを起こすために必要なスキルや特性は、すでにあなたに備わっていることが往々にしてあるのです。

以下に、きっとあなたが持っているのにうまく使えていない、7つのスキルと特性を紹介します。これらを実行に移せば、現在のフィールドで優位に立てるだけでなく、キャリアチェンジも容易になるでしょう。



信頼感


誰かがあなたの助けを必要としているとき、あなたは手を差し伸べてあげますか? あなたが病欠の連絡をするのは、本当に病気のときだけですか? あなたが職場でやるべきことをやっているという事実を、同僚は信じることができますか?

驚くことに、レベルの高い仕事であっても、信頼性というものはあまり存在しません。知り合いに何かを頼んで快諾してくれたにもかかわらず、その後なんの音沙汰もないということがよくあります。同様に、いつも「病気」で仕事に来ない人もたくさんいます。

そんな人たちは、信頼できません。たとえ世界最高のスキルを持っていても、信頼できなければ意味がないのです。

どんな組織でも、スキルは高くとも信頼できない人より、比較的スキルが低くても信頼のおける人のほうが重宝されます。信頼のおける人は、素晴らしいものを生み出すことはできなくても、頼まれたことは必ず成し遂げます。また、必要なときは必ずそばにいてくれます。では、信頼感を高めるにはどうしたらいいのでしょうか。

  • 出社する:成功の大部分を占めるのは、シンプルに出社すること。目が覚めて仕事に行きたくないことは誰にでもあります。職場に行かずに家でゴロゴロしていたいと思うのは、普通のことなのです。信頼される人は、それでも出社します。その積み重ねが、職場での価値を高めることになるでしょう。
  • 頼まれたことは記録に残し、すぐに対応する:ToDoリストを作り、それを効率的にこなすことに時間をかけましょう。あなた待ちで他人の仕事が止まってしまうことがないように、優先順位を考えます。
  • 時間を無駄にしない:忙しくない時間帯でも、何か進められることはあるはずです。忙しいときに備えて、課題を少しでも楽にする準備をしておきましょう。職場の整理整頓やスキルの向上なども欠かせません。


聴き上手になる(特に会議中)


職場で行われる会議の大半は、恐ろしく退屈です。どこか別の場所で別のことをしたほうがいいと思うことがほとんどでしょう。

会議であなたがしなければならないことはたった1つ、他人の発言に注意を払うこと。これは、1対1のミーティングでも大人数の会議でも同じです。その瞬間にできるかぎりの集中力を持って、見たこと、聞いたことに自然に反応してください。

以下に、そのための3つのステップを紹介しましょう。

  • 質問をする:誰かの発言に不明確な点があれば、質問しましょう。ばかげた質問なんてものは存在しません。あなたにとって必要な情報が得られるだけでなく、発表者を油断させない効果もあります。
  • メモをする:会議に出なければならないということは、(たとえ自分にはわからなくても)あなたがそこにいる意味があるはずです。だから私は、たとえ無駄に思える議題でも、価値のある重要なことだと思うようにしています。そのためのソリューションとして、私はいつも会議室にノートとペンを持ち込み、たとえ間接的でも自分に関係があると思われることはすべてメモしています。そして会議終了後、メモをざっと見直し、自分が行動すべき項目がないかを確認します。そうすることで、人より一歩も二歩も抜きんでることができるのです。
  • フォローする:会議メモを読みなおして新たな疑問が浮かんだら、フォローの質問をしましょう。会議中の質問と同様、あなたにとって情報が得られるだけでなく、同僚や上司とのつながりを強固なものにするチャンスになるでしょう。


やりたくないタスクや課題にも果敢に挑む


誰もやりたがらない仕事というものは、常に存在しています。人前で話すのが楽しいという人はほとんどいませんし、小さなグループを率いるのが好きな人もあまりいません。

それらの楽しくないタスクの多くは、成功者とそうでない人をわける重要な役割を果たします。果敢にもそれらの課題に挑む人は、長くそこに残れる人。昇進に有利です。転職のオファーもあるでしょう。それに、どんどん新しいスキルを習得していきます。

それを実現するには、以下の3つのステップが有効です。

  • 誰の手も挙がらなかったら自分が挙げる:楽しくもない困難なタスクが待っているのは間違いありません。やらないほうが楽な毎日を過ごせるのも間違いありません。でも、その過程で、確実にスキルを蓄えることができるでしょう。上司もあなたの努力を認めてくれるでしょう。つまり、真の恩恵が得られるのです。
  • タスクが悲惨な状況になってもめげない:仕事がいつでもうまくいくとは限りません。やりたくない日だってあるでしょう。それが人生です。でも、成功する人とそうでない人の違いはそこにあります。あなたは、迫りくる課題に正面から立ち向かうつもりはありますか?
  • よりよい結果を得るために、もう1歩前へ進んでみる:ただタスクを終わらせることと、うまくやることには大きな違いがあります。数分(あるいは数時間)だけでも時間をプラスして、最低限の仕事に少し彩を加えてみませんか?


ネガティブな会話をしない


あなたの期待どおりに動いてくれない、性格的な問題がある、グループ内に余計な軋轢を生じさせているなど、さまざまな理由で同僚を叩くのは簡単です。

いえ、それらの理由が、あなたの心の中にネガティブな感情を引き起こすのはやむをえません。でも、その感情を表に出すのは関心できません。職場の会話で同僚の悪口を言うことやネガティブな発言をすることは、長い目で見ていいことは何一つありません。

ネガティブな会話の最悪の結末は、ネガティブな発言をしている人物が、ゆくゆくは問題の一部だと思われるようになることです。同僚への悪口は(たとえプライベートな会話でも)、いつか思いもよらない方法で自分に返って来るでしょう。

それでも多くの会社で、いまだにネガティブな会話や噂話が存在しています。みんな何かしらのネガティブな感情を抱えていて、それを噴出しているのです。そんな状況に引きずり込まれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

  • ネガティブなコメントを始めない:同僚や職場内でのことについてネガティブな感情をぶちまける理由はありません。特に、やぶから棒にそういう話題を持ち出すのはやめましょう。そのような感情はそっとしまっておいて、別の人と話すようにしましょう。
  • 誰に対してもポジティブでいる:私の場合、知人の良いところを探すのが有効です。地球上に住む人は誰でも、いい面と悪い面を持ち合わせています。相手のいい面を積極的に探すことで、その人をポジティブな目で見られるようになるでしょう。
  • ネガティブな感情を別の方法で爆発させる:誰しも、時には怒りを爆発させることが必要です。そんなときは、職場の同僚ではない人を相手に選びましょう。ジャーナルに書いたり(私はこれが多いです)、ジムに行ってサンドバッグを殴ったりするのもいいでしょう。職場にネガティブさをもたらさない方法であれば、何でも構いません。
  • ネガティブな会話に参加しない:ネガティブな会話が聞こえてきたら、積極的にその場を去りましょう。もちろん、どうすることもできなければ、その場にいて聞くぐらいなら構いません。私はたいてい、会話がネガティブな方向に進むと、ほかにやるべきことを探します。


常に学ぶ姿勢を持つ


勤務時間中でも、忙しい時間帯とそうでない時間帯があります。それに通勤時間も比較的、暇な時間と言えるのではないでしょうか。家でも暇な時間があるでしょう。その暇な時間に何をするかが、成功の鍵の1つです。ただ座ってボーっとしているのか、それともネットで無駄なおしゃべりをするのか、長いトイレ休憩を取るのか。

これらはみな、時間を過ごすのにもってこいの方法ですが、あなたのキャリアには役立ちません。人生の時間を無駄にしているだけなのです。ですから、暇な時間を見つけたら、以下のことを試してみてください。

  • オンラインクラスを取る:オンラインでも、さまざまな認定証や、場合によっては学位を取れることもあります。そこまでいかなくとも、オンラインクラスで学べることはたくさんあります。現在の仕事やキャリアにおける次のステップに役立つスキルを磨きましょう。
  • 学んだことを説明するブログを始める:新しいことを学んでいるとき、それを自分の言葉で他人に説明すると学習効果が高まります。そのために、ブログを開設して記事を書きましょう。書いたら、FacebookやTwitterなどのSNSを使ってそれをシェアしてください。
  • 同僚から学ぶ:同僚はどんな仕事をしているのか? どんなスキルを持っているのか? 何に取り組んでいるのか? 彼らのスキルを自分が学ぶにはどうしたらいいのか? これらの疑問を同僚に直接聞くと、相手は喜んでくれるでしょう。同時に、他者のスキルやタスクについて知ることで、あなたの価値も高まるはずです。


十分に休み、高いエネルギーを持つ


データベース管理者と2人で働いていたとき、途中からデータ入力の学生アルバイトを雇いました。それが、本当に不満の溜まる出来事でした。

その学生は、起きて集中さえしていれば、ペースは遅くとも、それなりの仕事をしてくれました。しかし出社時の彼は、半分起きている状態でもまだマシなほうで、到着するなりデスクで寝てしまうこともありました。おかげで彼に託した仕事が進まないばかりか、私たち2人までもが自分の仕事を止めて、彼を起こさなければならないこともありました。

彼が夜によく寝て、すっきりした頭で出社していたら、あんな苦労はなかったでしょうし、彼の生産性もずっと高かったことでしょう。でも彼は、そのエネルギー不足が原因で、ひょっとしたら今後のキャリアにとって素晴らしいチャンスだったかもしれない仕事を、解雇されることになったのです。彼にとって唯一必要だったのにできなかったこと、それはエネルギーを持って出社することでした。

この種の罠に陥らないためには、以下の3つのステップに気をつけましょう。

  • 十分な睡眠と栄養を取る習慣を付ける:疲れが抜けない人は、睡眠か栄養が足りないのかもしれません。早寝を心掛けましょう。それを続けても疲れが抜けないようであれば、お医者さんに診てもらいましょう。
  • 仕事中の自分のエネルギーレベルを知る:私は朝のエネルギーレベルが高いので、困難なタスクは朝にやるようにしています。逆に、あまり多くのエネルギーと集中力を必要としないタスクは、遅い時間帯。こうやって1日の流れを決めておけば、1日中最大のエネルギーと集中力を保つ必要はありません。
  • 運動する:エネルギーを燃やしてしまうのではないかと思うでしょう。でも、私たちの体はうまくできています。適度な運動をすることで、その変化に慣れてしまえば、体にも心にもエネルギーがみなぎるのです。軽めの運動は自然のエネルギーレベルを高めてくれるので、職場でのパフォーマンスも向上します。


個人的な目標を定める


5年後、どこにいたいですか? 10年後は? そのころ、どんな生活を送っているでしょうか? 自由に、そのころの生活を詳しく想像してみてください。次に、それを実現するために何が必要か、考えてみましょう。そのビジョンを実現するためには、人生の何を変える必要があるでしょうか。自問を繰り返すうちに、それなりの変化のリストができあがると思います。

では、そのリストにある項目を前進させるために、今日のあなたには何ができますか? 明日でも来週でも「いつか」でもなく、今日できることです。

目標とそれを実現する方法について考え出すと、人生のいろいろなことがうまくいくようになります。日々の選択は単なる独立した行為ではなく、すべてが望む道につながっていると考えられるようになるでしょう。

そう思えるようになるための方法を紹介します。

  • 望む人生について真剣に考える:朝晩の通勤時に考えるのがオススメです。どんな未来を送りたいか。プライベートは? 仕事は? 楽天的に、でも非現実的にならないように。可能性のある範囲で考えましょう。
  • 目標にたどり着くためのプランを作る:未来のビジョンが描けたら、そこにたどり着くまでに何が必要かを考えましょう。その変化を起こすには、どんなステップが必要でしょうか?
  • 目標にたどり着くためにプライベートと仕事で何ができているかを毎日自問する:プランの実行のために今日は何をしていますか? 今この瞬間、素晴らしい未来を築くために何をしようとしていますか? 職場で無駄な時間を過ごしたり、あえて課題に立ち向かわなかったり、スキルを伸ばさなかったりしても、素晴らしい未来は得られるでしょうか?


最後に


この記事でお伝えした7つの戦略は、今あなたが持っているスキルでできることを表面的に紹介しただけに過ぎません。あなたは、安月給の仕事から逃げることも、昇進することも、もっといい仕事を得ることもできます。必要なことは、今持っている能力を適用することだけ。

やり方次第で、あなたは信頼を得ることができます。未来のプランを作ることができます。聴き上手になることができます。しっかりとした人になれます。新しいスキルを習得できます。十分に休んで出社することができます。困難なタスクに取り組むことができます。

これらはすべて、今のあなたにできること。毎日続けることで、よりよい仕事、よりよいキャリア、よりよい収入が得られるようになるでしょう。これらのことは、想像以上の機会をあなたにもたらしてくれるのです。

あなたに必要なのは、ドアを開けることだけです。


You Already Have All The Skills You Need to Succeed|The Simple Dollar

Trent Hamm(原文/訳:堀込泰三)
Image by Studiostoks (Shutterstock).

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.