• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

地中に埋めたタイムカプセルの末路

地中に埋めたタイムカプセルの末路

160420gizmodo_mediagene.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:掘り出されたタイムカプセルを見た人が一声「これ、ジップロックのCMには使えないねぇ」、あながち間違っていないです。

アメリカ、 サウスダコタ州で掘り出されたタイムカプセルは、残念なことにドロドロベタベタの雑誌や本、そして認識不可能なものばかり。思い出のために埋められたはずのタイムカプセルが、まさかの汚いゴミに。


Daily Republicが伝えたところによると、悲しいことに1990年に埋められたタイムカプセルのほとんどが水でダメになってしまったとのこと。その中で状態がまだマシだったのは、サウスダコタ州の旗とビデオカセットくらい。このテープが再生可能なのかは不明ですけど。

Daily Republicには以下のように記載されています。

掘り起こしたものをきれいにしてみようと一旦、庁舎に持って帰りテーブルにならべて乾かしてみました。以前庁舎で働いていた職員も現在の職員もみんな総出で、汚れた紙やごちゃごちゃになってしまった書類を新聞紙に広げました。写真はほとんど真っ白になってしまっていて、画像はなくなっていました。ビニール袋は中身が写ってしまい、茶色くなっていました。その上、袋からは腐った臭いも。書類に関しては、これ以上痛めないようにとても丁寧に扱われました。

せっかくのタイムカプセルだったのに、水のせいでダメになってしまった上、逆にその「時間」にもやられてしまったようです。


160420gizmodo_mediagene2.jpg


未来に何かを残そうという時に、それを地面に埋めるっていうのは、どうもいい考えではないようです。でもどうしても私たちは、タイムカプセルは埋めちゃいがちなんですよね。タイムカプセルが、ごちゃごちゃのベタベタになってしまってしまうことがほとんどでも、懐かしいものがいい状態で出てくる可能性が1%でもあると、埋めちゃうんですよね。いつも失敗するわけではないとは思いますが、今回楽しみにして集まったこの街の人たちの残念な顔が目に浮かびます。



image by Matt Gade/The Daily Republic
source: Daily Republic

Matt Novak - Gizmodo US [原文
(リョウコ)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.