• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,  08:00 PM

スタンディングデスクは「健康的」ではなくても「生産的」ではある

スタンディングデスクは「健康的」ではなくても「生産的」ではある

20160328-standingdesk01.jpg


スタンディングデスクの議論は、一日中イスに座っているより健康に良い、とか、そんな健康効果はまやかしだ、など健康に関することばかりです。正直、あまり興味がもてません。私にとって重要なのは、スタンディングデスクで生産性や創造性、活動性が高まるのかどうかです。


立つことで仕事に緊迫感が生まれる


私にとって、座ることは休息の時間を脳に知らせるスイッチになっています。立つことはその反対です。立って仕事をすると、ふだんは頭と手しか使わない仕事が、体全体を使う仕事に変わります。ごく単純な作業、たとえば文字の入力、ページの閲覧、リンクのクリックなどがすべて、体全体の作業になるのです。少なくとも、そうした作業をする間、体は直立姿勢を保たなければなりません。なんだか疲れそう、と言うならそのとおりです。でも、いいこともあります。立った姿勢になると自然と緊迫感が生まれ、仕事に集中しやすくなるのです。

立った姿勢が、脳に、まだ片付けねばならない仕事があること、それが終わるまで休めないことを伝えます。重要な作業に取り組んでいるのだという気分が高まり、Facebookをダラダラ見ることもなくなります。実際、仕事も速く片付きます。急いでやっつけ仕事をするわけではありません。タスクに完全に集中することで、スピードが増すのです。また、立つことでゾーンに入りやすくなり、長続きもします。仕事を速く片付ければ、それだけ早く休憩できるのを知っているので、気を散らさず、生産性をキープしようとします。私は、スタンディングデスクを使うことで、生来の怠け癖が抑えられ、生産的でいられるようになりました。


スタンディングデスクで朝のダラダラがなくなる


スタンディングデスクで仕事をすれば、朝のダラダラした気分もすぐに吹っ飛んでしまいます。スタンディングデスクを使い始める前は、朝パソコンの前に座ってもなかなか仕事モードに入れずに、かなりの時間を浪費していました。暖機運転が必要な機械みたいな感じです。一応動き出しはしても、フルパワーで駆動するまでにたっぷり1時間はかかったものです。ゆっくり1日を始めるのが好きな人もいますが、私には時間とエネルギーの浪費でしかありませんでした。

立つことで、強制的にスイッチが入ります。朝のぼんやりとした、「えっと何をしなくちゃいけないんだっけ」的な気分はすぐに消え去ります。なにしろ、立った姿勢を保つために、常に気を張っておかなければなりません。この効果は劇的でした。今では、パソコンの電源を入れるとすぐに仕事モードに入れます。立つことで体から、もう仕事の時間だ、「Kotaku」を読む時間じゃないよ、というサインが発せられるからです。頭と体を休めるために定期的に休息をとっていますが、以前より時間管理もきちんとできるようになりました。朝一番からすぐに生産的なモードに入れて、休憩も適切なタイミングでとるといった、ワークスタイルが確立できたのです。


スタンディングデスクで昼食後の眠気ともオサラバ


食後のまったり感は気持ちがいいものですが、あまり堪能していると、1日の生産性が下がってしまいます。食べ過ぎや、炭水化物の摂取からくる昼食後の眠気のせいで、午後いっぱいが台無しになることも珍しくありません。私にとってスタンディングデスクは、食後の睡魔を追い払い、仕事の波に乗せてくれる強い味方なのです。

私は毎日、朝にできるだけ多くの仕事を片付けて、遅めの朝食と早めの昼食を兼ねた食事をとります。かつては、デスクで食事をとり、休憩がてらNetflixを見るのが常でしたが、食べたあとは眠くなってしまい、なかなか本調子に戻ることができませんでした。スタンディングデスクにしてからは、デスクでランチを食べることはなくなり、かわりにダイニングのテーブルでちゃんとした昼休みをとるようになりました。休みのあとも、直立した姿勢がすぐに私を仕事モードに戻してくれます。眠くもならないし、食べたものが睡魔ではなく仕事のエネルギーに変わるのを素直に感じ取れます。


スタンディングデスクを使うと活動的になれる


立った姿勢は座った姿勢よりも少しばかり活動的なのは明らかですが、それだけではありません。立つことには活動意欲をさらに高める効果があるようです。立っていようと座っていようと、よく体を動かしているほうが健康的なのは言うまでもありません。私は、スタンディングデスクで仕事をするようになってから、考えながら歩きまわったり、エアロバイクにまたがったり、いつもデスクのそばに置いてあるダンベルを持ち上げたり、息抜きのために外を散歩することが多くなりました。音楽に合わせてバカみたいに踊りまくることさえあります。Fitbitを見れば、スタンディングデスクを使い出してから、1日の歩数が劇的に増えたことがわかります。もちろん、歩数が多ければ健康的だとはかぎりませんが、体感的には明らかに調子が良くなっています。「立ち上がる」ことがどれほど意志力を必要とするかがよくわかります。「あれをするために立ち上がらなくちゃ...」が、「もう立ってるんだし、あれやっちゃおうか」に変わったのは大きなことです。

なによりうれしいのは、活動的になったおかげで、集中力と創造性が高まったことです。もちろん、歩きまわったり、踊ったりすれば、仕事は中断されますが、おかげで頭がリフレッシュされ、集中力を切らさずに仕事に戻ることができます。こうした効果は、ジョギングやシャワーの最中に良いアイデアが浮かびやすいのと似ています。1分間のダンスのあと、書きたいことが泉のように湧いてきて、無我夢中でタイプしまくるなんてこともよくあります。


スタンディングデスクは座ることに確かな目的を与える


スタンディングデスクを使っていても、座ることは絶対に欠かせません。定期的に、足(特にヒザ)を休ませる必要があります。しかし、これもスタンディングデスクを使う利点の1つだと言えます。座るという行為に明確な目的を与えているからです。ただ、習慣的に座るのではなく、休憩という確かな目的のために座るのです。

生産性を高めるには休息が必要です。座ることが休憩の役割を果たします。以前は、一日中デスクに座り続け、さらに夜にソファに座ることに罪悪感を抱いたものです。今では、座って映画を見たり、ゲームで遊んだりすることを、当然の報酬を受け取っているのだと感じられます。また、スタンディングデスクで仕事をすると頭と体がほどよく疲れて、よく眠れるようになります。当然ながら、よく眠れれば、仕事の調子が良くなり、生産性も高まります。

とはいえ、これは両刃の剣でもあります。スタンディングデスクで頭と体が疲れるせいで、仕事のあとに出かける意欲がなくなってしまったのです。一日中立って仕事をしたあとは、ジムに行ったり、友人とバーに繰り出したり、用事をしに街に出かける意欲が湧いてきません。ショップ店員、ウェイターなど、一日中立つ仕事の人はみんなそうかもしれませんね。とはいえ、立つことと座ることのバランスをうまくとれば、デメリットよりもメリットが多くなるのはまちがいありません。


Patrick Allan(原文/訳:伊藤貴之)
Illustration by Angelica Alzona.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.