• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

wasabiwasabi  - ,,,,  08:00 PM

作業に向いているのは刺激的な場所よりも◯◯な場所

作業に向いているのは刺激的な場所よりも◯◯な場所

160412unfamiliar_workspaces.jpg


私にとって一番作業効率が良いのはカフェです。でも、特に刺激的な環境というわけではありません。実際、私が行くカフェはうるさくて居心地が悪い場所が多いですが、そこにいる間はいつもより仕事を効率的に早く終わらせることができます。ライターのAsher Stephenson氏はこのことについて、「目新しさ」がカギだと持論を展開します。


私たちは多くのエネルギーと時間を、インスピレーションの湧きそうな作業場所選びに費やして、生産性を高めようとします。しかし、Stephenson氏は、単純に馴染みがない新しい場所で働きさえすればどこで働こうが関係ないのだと指摘します。

カフェで作業する利点は、自宅やオフィスにいるときのように、作業を遮る誘惑がない環境を提供してくれることにあります。馴染みのない場所に行き、そこで仕事を終わらせることは自分にとって目新しいことです。それは、カフェでNetflixを6時間立て続けに観続けるのと同じくらい馴染みがないことですよね。いつもと同じ環境にいることで起きる誘惑にさらされていない分、体も脳もいつもの非生産的なスランプには陥らないのです。

私は意識的に働く場所を変えますが、それはより良い環境を求めているわけでも、より生産的になれる場所を求めているからでもありません。ただ、環境に慣れないよう、変化をつけるためにしているのです。それと同時に、自身の生産性を、こうした外的な要素に影響されすぎないように十分気をつけています。

言い換えると、モチベーションを保つための外的要素や誘惑は、時にはうまく使えるということです。何かがうまくいかなかったとき、私たちはその原因を周囲の誘惑のせいにしますが、逆にそれがやり方を変えようと思うきっかけにもなります。何もあなたの今の作業場所を、全部捨てろと言っているわけではありません。ただ、インスピレーションの湧く刺激的な環境よりも、自分に馴染みがない目新しい環境を探すほうにエネルギーを注力したほうが良いということです。


Your Desk Is a Drug|Illogical Life via Medium

Kristin Wong(原文/訳:wasabi)
Photo by Neo_II

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.