• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  06:30 AM

家族関係の悩みを解くカギは、「親の業」を知って受け入れること

家族関係の悩みを解くカギは、「親の業」を知って受け入れること

160412book_to_read.JPG


『大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ』(草薙龍瞬著、海竜社)の著者は、宗派に属さず活動をしている僧侶。『反応しない練習』(KADOKAWA)などに続く新刊である本書においては、「家族」をテーマに設定しています。

家族の基本とは、みなが平穏に暮らせること。(中略)それなのに、実際には、家族だから苦しめ合っている現実がある。(中略)ただの他人なら悩まなくてすむことが、「家族だから」悩んでしまう。奇妙な話だ。その「理由」は何なのか。どうすれば平穏で幸福な関係で居られるのか。そこを一緒に考えようというのが、この本の目的だ。(「はじめにーー家族に"希望"を見つけよう」より)

こう記す著者は、「家族が抱える悩みには"業"という大きな理由が潜んでいる」ともいいます。いうまでもなく業とは仏教の言葉であり、"人生をつくっている力"のこと。わかりやすい例は「性格」であり、怒りっぽい人は「怒りの業」を持ち、いつも不安を感じている人は「不安という業」を持っているということ。

だからこそ、もし家族について悩み続けているなら、自分と相手の業を理解することからはじめるのが大切。特に理解すべきは、「親の業」がどれだけ深く影響しているかということだとか。そこで第1章「"業の正体"を知る」に目を向けてみたいと思います。


親の業を知れば、人生の謎が解ける


長く続いている悩みや苦しみから抜けたいなら、「自分の業」をよく知ることが大切だと著者。なぜならそこには、自分の人生を支配している心の力が潜んでいるから。そして自分の業を知るうえでもっとも効果的なのが、「親の業」を知ることなのだそうです。いうまでもなく親は、自分が最初に影響を受けた相手だからです。

だからこそ、人生につきまとう多くの悩みを解決するカギが「親の業」にある。そう断言する著者は、"業の診断テスト"を勧めています。次の項目について「自分に影響を与えた親」(両方でも片方でも可)のことをふり返り、「はい(あてはまる)」と思うものを数えていけば、親の業が手に取るようにわかるというのです。

※「どちらでもない」(迷ってしまう)ときは、「いいえ」を選んでください。
※また各項目の1.から5.のうち、「いまも苦痛として残っている(反応してしまう)」ものがあれば、その番号を◯(マル)で囲っておきましょう(最大の業につながっている可能性があるそうです)。

1. ○○○○○型 ※○に入る業のタイプはあとでご紹介。

1. たくさん習い事をさせられた
2. 一方的に決められる(自分で選べない)ことがけっこうあった
3. 子どもを育てるための苦労話をよく聞かされた
4. 褒められた記憶が少ない・厳しく躾けられた・叱られた
5. 「親に~しろ」と求められることが多かった

2. ○○○○○型

1. 悪いことをした覚えはないのに、よく叱られた
2. 親自身の人生への嘆き・不満・愚痴をよく聞かされた
3. 親が強かった・親の顔色をよくうかがっていた
4. 自己否定感(コンプレックス・挫折感など)の強い親だったと思う
5. 小さなことによく干渉・口出しされた

3. ○○○○○型

1. 子どもがなにをするか、一方的に決めつけ・命令・指示されることが多かった
2. 失敗したり反抗したりすると、親は激しく怒った・動揺した
3. 近所の噂話や他の家庭の話をよく聞かされた
4. 「世間に笑われる」「このことは外には内緒だよ」とよくいわれた
5. 細かいことを気にする親だった(神経質・完璧主義・過干渉)


4.○○○○○型

1. いつも見張られている・干渉・束縛されている気がした
2. 外の活動(外出・友人・進路等)に口を出されることが多かった
3. 私物(プライベートな持ち物)・部屋を探索されることがあった
4. どちらかといえば、人を疑う・信用しないタイプの親だった
5. いったことを忘れている・いうことが変わることが多かった

5. ○○○○○型

1. あまりかまってもらえなかった
2. 褒められた記憶が少ない
3. 勉強・友だちのことなどをあまり聞いてこなかった
4. 話をはぐらかされた・約束を守ってもらえないことが多かった
5. 親がどういう性格・人間だったか、いまでもよくわからない

6. ○○○○○型

1. 「~しなさい」と一方的に命令されることが多かった
2. 他人の動向や学歴・性格などを話題にする(論評する)ことが多かった
3. 他人のことはネガティブ(否定的)にいうことが多かった
4. 家族が意見をいう・反対することを許さなかった(いうと激怒した)
5. 自分に落ち度があっても絶対認めなかった(開きなおる・逆ギレする・責任転嫁してくる)

7. ○○○○○型

1. いうこと・気分がころころ変わる親だった
2. アルコール・ギャンブルなど嗜癖(しへき)に走る(ハマる・溺れる)ところがあった
3. 家事・子どものことは、放ったらかしだった
4. 感情に任せて怒鳴る・暴れる・罵倒することがあった
5. 親がなにを考えていたか・どんな人間だったか、いまもよくわからない
(51ページより)

1から7のそれぞれには、特定の業のタイプ――その人の人生を支配している心の力(心の働き)----を意味しているのだそうです。「はい」が多かったものが"親の業"----親の人格・人生をつくったもの。3つ以上「はい」がついた場合は、親がかなり強い業の持ち主だった可能性があるといいます。

では次に、親が持っていた業のタイプを見てみましょう。


"親の業"のタイプは7種類


1. 求めすぎ型----期待・要求が過剰なタイプ
この項目に「はい」がついた人は、親から過剰な期待・要求を向けられていた可能性あり。「子どもがやりたいこと」ではなく、「自分がさせたいこと」をやらせるタイプの親だということ。

本心は「自分の欲を満たしたい」ことにあるものの、「子どものため」というのが特徴。だから、子どもを褒めようという発想がなく、逆に叱ったり説教したりするため、子どもには褒められた経験がほとんど残らないわけです。(56ページより)

2. 怒り型----なぜかいつも怒っているタイプ
ここに「はい」がついた人は、親が"怒りの業"を抱えていた可能性が。
「よくわからない理由で叱られた」のは子どもが悪かったからではなく、最初から親に別の怒りがあったから。たとえば親に自身の親(子にとっての祖父母)への怒りや挫折感があったら、大人になっても怒りは続くわけです。その怒りのはけ口を見つけるため、子ども・家族のあら探しをし、八つ当たりのように批判したり、怒鳴ったり、暴力を振るったりするということ。

コンプレックスの強さや挫折感など自己否定感の強さも、怒りの原因。内心で自分を否定しているため、潜在的な不満を抱え、それが怒りにつながるということ。(57ページより)

3. 決めつけ・判断しすぎ型----「すべき」「でなければならない」という規範・観念で他人をコントロールしたがるタイプ
「でなければならない」という決めつけで他人をコントロールしたがるタイプ。家族にも「こうあるべき」と決めてかかるので、口うるさく、失敗を許さず、反抗しようものなら逆上するか嘆くか、相手の意思・人格を認めようとしないわけです。

「誰かによしと判断してもらうこと」が大事なので、「他人の目」「世間体」「近所の評判」などを気にすることに。世間・他人の噂話が好きな一方、都合の悪いことは「内緒に」したがるそうです。(58ページより)

4. 妄想型----干渉・疑い・嫉妬・不信・溺愛など、頭のなかで相手を私物化しているタイプ
このタイプには、頭のなかで相手のことを想像し続け、その想像どおりに相手が動くことを求めてくるという特徴が(干渉・束縛・心配性)。
妄想が過剰になると、それに反する現実を受け入れられなくなるのだそうです。そのため、子どもが外で活動することや、進学・結婚・就職さえ「不快」に思うことに。あくまで自分の妄想の範囲内、親の手元にいてほしいということ。

妄想で頭がいっぱいになると、現実と妄想との区別がつかなくなるため、忘れることも話の内容を変えることも平気。本人にとっては、「いまこう思う(妄想する)」ことがすべてであるわけです。(59ページより)

5. 関係希薄型----愛情が乏しい・関わり方を知らない・関わることに興味がないタイプ
人と関わることが苦手・他人に興味がない・そもそも人とどう関わればいいかわからない人。自分自身が子どものころ、親にかまってもらえなかった・愛してもらえなかった可能性があるため、自分が親になったあとも、「子どもと向き合う」「話を聞く」といった発想が皆無。約束を守らないことも平気で、自分をあまり語らない「ナゾの親」でもあるのだとか。(60ページより)

6. 傲慢・支配者型----自分の要求は通って当たり前・自分が絶対正しいのだと思い込んでいるタイプ
「自分は正しい・偉い」という思い込みに凝り固まったタイプ。自分が正しいので、自分の要求が通るのは当たり前だということ。命令するのが当然で、人の意見を聞く耳は持たないわけです。少しでも逆らうと、ヘソを曲げたり、理屈をつけて反撃してきたりすることに。

また、他人を「上から」評価することが大好き。その一方、自分の失敗や落ち度、不利なことは隠そうとするもの。つまりは自分の価値(承認されること)がなによりも大事だということです。(61ページより)

7. 支離滅裂・身勝手型----やりたい放題で、人の迷惑をまったく顧みないタイプ
つまりは「自分しか見えていない」タイプ。相手への配慮、親の役割・義務を果たすといった発想が抜け落ちているわけです。

いうこと・やることがころころ変わるのも特徴のひとつ。いってみれば、その場の気分次第なので、家のなかが平穏無事にはならないということ。(62ページより)


「親の業を知る」ことで人生は動き出す


親の業は一種類とは限らず、2つ、3つ、さらにそれ以上を併せ持った「業のハイブリッド・タイプ」もいるそうです。親がそういうタイプだった場合、庇いようがなくて戸惑う人もいるはず。ただし親もひとりの人間なので、「親がどんな業に駆られて生きていたのか」を理解することは、相手を「受容する」ために必要な作業でもあると著者はいいます。

相手を理解して初めて、あきらめなければいけないことはあきらめ、もう一度「関わりなおす」ことも可能になるということ。

「親とそっくり」な自分が見えてきて悲しくなることがあるかもしれませんが、それは家族が抱えている悩みを解決していくための「通過儀礼」。「そうか、親を理解することは、親との関わり方・自分の生き方を確立するために必要な作業なのだな」と思いなおすことが大切だということです。「正しい理解」の先には、必ずゴール(苦しみからの解放)が待っているもの。だからこそ、「ここから先は、もっと楽になれる」と安心して先に進むことが大切だと著者はいいます。(63ページより)




これまでの著作がそうであったように、押しつけがましさとは無縁。だからこそ、特に仏教には関心がないという人でも、素直に受け入れることのできる内容だといえます。家族との関係で悩んでいる方は、ぜひ手にとってみてください。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.