• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

yamasakiyamasaki  - ,,,  07:00 PM

「高い財布」は無意識にあなたのムダづかいを誘発する~マネーハック心理学

「高い財布」は無意識にあなたのムダづかいを誘発する~マネーハック心理学

moneyhack37.jpg


もしあなたがお金を貯めたいと思うのであれば、「高い財布」はやめておくべきだと思います。ベストセラーの『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(亀田潤一郎著)によれば、持っている財布の値段を200倍にすると年収になるという関係があって、かつ実際の年収がそれより低い人はその後年収が上がる傾向があるそうです。

たとえば5万円の財布を使っている人は、年収1000万円前後である、もしくは今はまだ年収500万円でも1000万円に近づいていく、という感じです。ネットを中心に大きな話題となりました。私は、逆のことを今回提案してみたいと思います。それは「高い財布はあなたのムダづかいを導く可能性が高い」という考えです。

お金と心理学を結びつけたユニークな学問「行動ファイナンス」の視点からも、安い財布を持っていたほうがムダづかいを抑えることができると考えられます。今回はその秘密を、ちょっと解き明かしてみましょう。


財布に合わせた消費をしてしまうトラップにはまるリスク


あなたが今より高い財布を持ったとします。今まで5000円くらいの財布だった人が、5万円の財布に変えたとしましょう。ガールフレンドからプレゼントでもらうかもしれませんし、自分で自分にご褒美として奮発することもあるかもしれません。

5000円の財布だった場合と5万円の財布だった場合、まったく同じ消費行動を続けるというのはとても難しいことです。私たちには「現状維持バイアス」、つまり今を基準に行動判断を行うので、ゼロベースで自分を大きく変化させることが難しいという特性があります。

典型的な例は、「今100万円株を持っている人が投資状況を見直そうとしても、『100万円プラスマイナスX万円』と考えてしまう」というものです。本来であれば自分の現状は忘れてゼロベースから「自分はいくら投資するのが適当か」と検証するべきなのですが、なかなかそうはいかないわけです。

この現状維持バイアス、日常生活に即してみれば、「何も理由がなければ、毎日の買い物からいきなり足を踏み外した高額消費はしない」ということでもあります。例えば毎日500円程度のランチ予算を考えている人が、1500円のランチに意味もなく出かけたりしません。ストレスの気分転換、仕事のノルマ達成のご褒美、久しぶりの友人との会食などなど、高くて美味いランチを食べる理由が何かあるはずです。

現状維持バイアスは家計管理上は大事なことで、自分にちょうどいい毎日をセルフコントロールすることができるなら、「意味がある不合理」なのです。しかし、大型出費はそうした「いつもの日常」を踏み外した状態を作ってしまいます。つまりそれは、「高い財布の購入」です。


「見栄」という心理はコントロールが難しい


5000円の財布で吉野家に行くのはまったく気にならなかった人が、もし「5万円の財布を買ったオレが吉野家なんてそろそろやめておくかな」と少しでも思ったとすれば、これはまさに高い財布がムダづかいをもたらす導線となっている状態です。

自分の年収に何も変化がなければ、毎日の出費は同水準で変化させてはいけません。しかし、高い財布を買ったことがあなたの行動基準に変化をもたらしてしまった、というわけです。行動ファイナンスでも「同調行動」というテーマがあり、「それが非合理であっても、人はみんなと同じように振る舞う」傾向があることを示しています。

たとえば、転職して年収が上がったとき、同僚の生活水準に合わせてしまう、というものがあります。私も経験がありますが、せっかく年収がアップしたのに、同僚と同じような金づかいをしてしまったために出費もアップしてしまい、「年収増」が「貯蓄増」につながらなかったことがあります。

「周囲に合わせなくては」という見栄の感情はなかなか取り外すのが大変です。私は「マクドナルド好きだから」と言い訳して1000円ランチにつきあうことをやめてようやく、節約のレールに戻ることができました。

「高い財布に見合う服や靴を買う」
「高い財布に見合うデートコースを考えレストランを選ぶ」
「安いモノを買うのは高い財布に見合わないと恥ずかしく思う」

などなど、高い財布の値段にあなたの消費行動が同調してしまうなら、その「背伸び」がとてつもない高額出費になってしまいます。それくらいなら高い財布なんて持つべきではないのです。


あえて「ベリベリ財布」にしてみれば? 安い財布なら背伸びせずにすむ


理屈として「高い財布がムダづかいや高額消費をしがちである」とすれば、対策は簡単です。つまり「安い財布にすれば、財布の値段相応の出費に自分を抑えるようになる」ということです。私は5000円くらいの財布を質実剛健に選んでいますが、高い財布をもって変な見栄を張らずに済んでよかったなといつも思っています。

財布の値段×200で考えれば私の年収は100万円ということになりますが、そんなことは別に気にもなりません。ネットで、質はいいけれどリーズナブルな財布を探して所有することのほうが誇らしいことだと思っているからです。

もし、あなたが自分の消費欲に歯止めをかけたいのなら、財布の予算は1万円以下にしてみましょう。あえて、「ベリベリ財布」にしてみるのもいいと思います。一時期ネットで嘲笑の的となりましたが、ビニールのベリベリ財布にしてしまえば伊勢丹で高額の買い物をしようなんて思わなくなりますし、自分のことをお金があると誤解しなくなるのは確実です。

「たかが財布」と思うかもしれません。しかし、「たかが財布」でムダづかいが減るのならそのほうがずっといいはずです。お金を貯めたいなら、あえて安い財布にしてみてはどうでしょうか。ただしひとつだけ難点があるとすれば、電子マネーは財布の値段とはまったく無関係ということです。セレブのSuicaも学生のSuicaも同じですからね。電子マネーのムダづかいはダウングレードのしようがないので注意してください。




追伸

冒頭紹介した『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(亀田潤一郎)は「財布の値段×200=年収」という話題がよく取り上げられた本ですが、それ以外の部分はお金とのつきあい方について、その心がけを説くようなベーシックな1冊となっています。もしよろしければお読みになってください(kindle版がお買い得です)。


(山崎俊輔)
Photo by shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.