• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

庄司真美

 - ,,,,,,,,,  11:00 AM

朝はギリギリまで寝ていたい人へ。~最速で出勤するための3つのポイント

Sponsored

朝はギリギリまで寝ていたい人へ。~最速で出勤するための3つのポイント

160408calbee_cereal.jpg


朝はなるべく余裕を持って過ごしたいと思いつつも、毎日起きるのが遅く、バタバタしてしまうという人は多いのではないでしょうか。早寝早起きを実践すれば解決できる問題かもしれませんが、仕事に遊びにと忙しい毎日を送っていると、なかなかそうもいきません。

しかし、デキる人ほど仕事も遊びも両立させているもの。前日夜更かししても翌朝に引きずらないためにはどうすればいいのでしょうか?

そこは開き直って、ギリギリまで眠っていても大丈夫なように、朝の準備を最低限の時間で済ませてしまいましょう! ということで今回は、朝起きてから最速で家を出るための「朝の時短術」について紹介します。


ポイント1. まずは目覚めと睡眠について見直そう


160408calbee_cereal8.jpg

Photo by shutterstock.


身支度など起きてからの時短術を紹介する前に、まず根本的に見直すべきは「睡眠の質」についてです。睡眠は翌日のパフォーマンスを左右する大切なもの。1日24時間という誰しも限られた時間の中で、最適かつ良質な睡眠をとることは、ある意味で最大の時短術とも言えるでしょう。


夜更かしても大丈夫! 無理やりにでも目覚めるためのコツ

とはいえ、前述しましたが、時には終電まで飲み明かしてしまったり、海外ドラマを見て夜更かししてしまったり、ということもあるでしょう。まずは、そんな時でもしっかりと目を覚ますことができる方法を紹介します。


ベッドの中で身体を動かす
人間は、体温が下がってくると眠くなります。だから、目を覚ましてシャキッとするには逆のプロセスを踏めばいいはず。つまり身体を温めるわけですが、暖房などではなく、自力で身体を温めることが必要だそうです。具体的には、ベッドの中でできる範囲で、手足や体幹を動かす。手をグーパーする、腰を浮かせる、足をバタバタする、左右にゴロゴロ向きを変えるなど。そうすることで、起きた直後のだるさ、身体の重さも軽減できます。

ベッドの中で叫ぶ
上記に加え、「あー、イヤだ! 起きたくない!」などと大きく声を出していえば、声帯や口角の周囲の筋肉も使うことになり、ますます覚醒効果が高まります。精神的にも、イヤだと思っていることを口に出してしまうので、モヤモヤを吐き出しスッキリする「カタルシス効果」も期待できるといいます。

手の届かないところに目覚まし時計を置く
目覚めた時に目覚まし時計がすぐ近くにあると、ベッドから出ることなく楽にスヌーズボタンが押せてしまいます。でも、この「スヌーズ機能」こそ最大の敵。だから、手の届かないところに目覚まし時計を置いておいて、強制的にベッドから出ざるを得ない状況をつくりましょう。


しっかり目覚めるためのコツがわかったところで、今度はこちらの記事を参考に、快眠セラピストの三橋美穂さんによる良質な睡眠を摂るコツについて紹介します。


睡眠環境を整えよう

160408calbee_cereal11.png

調光機能つきのシーリングライト。夜は暖色がオススメ


良質な睡眠を摂る第一歩として、リラックスできる睡眠環境をつくることが大切です。そこで意識したいのが「光」。白色蛍光灯やディスプレイなど、強くて白い光を見ると人間は活動的になりますが、電球のような赤みを帯びた光だと、その逆になります。上記のような調光・調色機能つきの照明であれば暖色と白色を切り替えられるので、夜はリラックスできる暖色で過ごしましょう。


体温の調節が肝心!

睡眠環境が整ったら、今度は体温調節について学んでいきましょう。人間には体表面の「皮膚温」と中心部の「深部体温」があり、睡眠中は「深部体温」が下がります。この温度変化がうまくいく環境を整えると、ぐっすり眠れるようになります。「深部体温」を下げるコツは、とにかく寝る前にリラックスして、血流をよくすること。軽いストレッチで体をほぐしたり、瞑想したり、アロマを利用したりするのもオススメです。

就寝直前に入浴する場合、熱いお風呂は避けて、ぬるめのお湯に浸かりましょう。あまり長湯せず、体温が上がりすぎないようにするのがポイントです。


ポイント2. 事前にあらゆる身支度を整える


160408calbee_cereal10.jpg


睡眠と目覚めについて見直したら、今度は身支度の時短術について紹介します。ポイントは、前日にさまざまな準備をしっかりして、毎朝の日課を効率化すること。


翌日着る服、身につける時計、カギなどを1カ所にまとめておく
翌日持っていく荷物や着る服は前日に準備して、ベッドサイドや机の上にすべてまとめて置いておきましょう。そうすることで、「○○がない!」などと焦ることもなくなります。忘れ物防止の意味で「バッグインバッグ」を使うのもオススメ。いつもと違うバッグで家を出るときも安心です。

セットの手間のかからないヘアスタイルにしておく
髪質によっては、毎朝のセットに手を焼いている人も多いでしょう。とはいえ、寝ぐせのついた髪型のままオフィスに出勤するのは社会人としてNG。ならば、あらかじめ自分でセットしやすい長さやスタイルにしておくことをオススメします。どんなスタイルなら日々のスタイリングがラクにできるか、美容師さんに相談してみましょう。

ヒゲは前夜に剃っておく
ヒゲが濃い目の人は特に注意。朝、時間のない中あわててグルーミングすると、肌が傷ついたり、ケガしたりする原因にもなります。また、エステなどで脱毛するのもありでしょう。一度脱毛してしまえば、しばらくはヒゲを剃る手間が省けます!

歯磨きは前夜に済ませて、朝はマウスウォッシュだけにする
寝る直前に歯を磨いて、朝はマウスウォッシュだけで済ませるのも手です。その代わり、夜寝る前の歯磨きは、フロスなどを使って念入りに。もちろん、虫歯などの口腔疾患がある人は例外です。


160408calbee_cereal31.jpg

以上のことをやっておけば、5分程度で身支度が整うはず!


上記に加え、毎朝使うみだしなみ道具の数をはじめ、そもそも服やバッグなどの持ち物すべてを最小限のものにすることで、選ぶ手間が省けて時短につながります。また、遅刻癖がある人は、こちらの記事も参考にしてみてください。


ポイント3. 手早く効率よく栄養補給できる朝食を用意する


朝、ギリギリまで寝ていたいがために、朝ごはんを食べないという人も多いかもしれません。健康に問題があって食事制限が必要な人をのぞき、当然ながら健康なビジネスマンが朝食を抜くと、さまざまなリスクがあります。

こちらの記事では、朝食を抜くと「肥満になりやすい」「心臓発作になることがある」「2型糖尿病になるリスクが高まる」「忘れっぽくなる」「ネガティブになる」といったリスクがあることについて紹介しています。

空腹のまま仕事をしても、頭がフルに働かず、万全のパフォーマンスを発揮することはできません。とはいっても、朝食を用意する時間がないとお嘆きのビジネスマンも多いでしょう。

そんなときにオススメなのが、手早く朝食を用意できるカルビーの「フルグラ」です。


160408calbee_cereal6.jpg


「フルグラ」は、さまざまな穀物やドライフルーツをミックスした、栄養バランスのよいシリアル食品です。8種類のビタミンのほか、現代人に不足しがちな食物繊維や鉄分も豊富に含まれています。これなら、牛乳やヨーグルト、豆乳をかけて食べるだけなので、数十秒で朝食の準備が完了しますよね。噛みごたえが良いので、噛むことで脳を活性化させることが期待できるかも!


160408calbee_cereal5.jpg

オーツ麦、ライ麦、玄米、アーモンド、ココナッツなどを砕いて、シロップを混ぜ合わせて、オーブンで香ばしく焼き上げて作られるフルグラ。いちごやりんご、パパイヤ、レーズン、かぼちゃの種といったドライフルーツをミックスし、さまざまな食感が味わえる。黒豆きなこ味、くるみ&メープルシロップ味、大きめいちご味、大きめりんご味の5種類がラインナップ。オープン価格。


160408calbee_cereal71.jpg


以上をふまえると、家を出るまで朝食込みで10分程度。これを踏襲すれば、ギリギリまで睡眠をとりながらも、フルコンディションで出社できるでしょう。

ということで明日から、時短を可能にするフルグラを取り入れて、朝の準備を最速でこなすことをオススメします。


フルグラ|カルビー

(写真/佐藤朗、文/庄司真美)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.