• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

和田美樹和田美樹  - ,,,  07:00 AM

あなたの始業時間は早すぎるかもしれない

あなたの始業時間は早すぎるかもしれない

160404work_start.jpg


Inc.:「早起きは三文の徳!」さまざまな生産性エキスパートが、夜明けとともに床を出ることができないでいる人たちに、こぞって提唱しています。しかし、これまで非難されてきた夜型人間に、強力な味方がつきました。

「実は、もっと朝寝坊すべきだと科学が証明しているのよ」と言い返せるようになったのです。

夜になると自然と生き生きし、何をどうしても午前半ばまでは死んでいるという人は、これまでずっと、善意ある親や、先生や、アドバイス好きな人に、生活習慣を変えて朝型人間になれとうるさく言われ続けてきたことでしょう。しかし、人間は、概して、生まれつきのリズムから逃れられないことを示す研究報告が、次々と発表されているのです。


自分の自然のリズムに逆らっても無駄


遺伝子検査会社「23andMe」が最近行ったある研究で、人が、朝型になるか夜型になるかは遺伝子によって決まるのではないかということが示されました。しかしそう言っているのは、このシリコンバレーの新興企業だけではありません。ルードヴィッヒ・マキシミリアン大学の医療心理学研究所の時間生物学教授Till Roenneberg氏も「原始的細菌からヒトまで、あらゆる生物が、生物学的に決定された体内時計を持っているのです」と、BBCに説明しています。

その記事では、Roenneberg氏のこんな言葉が引用されていました。

たとえば足と一緒です。生まれつき大きな足をもつ人もいれば、小さな足をもつ人もいる。

早起きの人に言わせてもらいますが、夜型人間から朝型人間に変身するのは、あなたがスニーカーのサイズを変えられないのと同じくらい難しいものなのです。


会社も従業員に努力を強いるべきではない


Renuka Rayasam氏によるBBCの記事は、この科学を取り上げ、これまで何十年とボーッとした頭を振りながら早い始業時間と闘ってきた人たちが喜ぶような方向に展開させています。「最近増えている研究分野で、勤務時間帯が、自分の自然な生体時計と大きくずれている人が多いことが示されており、専門家たちが、企業に注目を促している」と書いているのです。

これが耳に心地よく響く人なら、この記事は一読に値するでしょう。研究結果をまとめるとこうなります。ワシントン大学の経営学准教授であるChristopher Barnes氏の研究によると、多くの従業員の本来のリズムと会社の始業時間のずれは、(つらさを増すのはもちろん)生産性と創造性を低下させるだけでなく、無理に早起きして寝足りない人の道徳的意思決定にも影響を及ぼすというのです。

Roenneberg氏は、これは普遍的な問題だと言っています。「多くの人が、私たちの呼ぶところの社会的時差に苦しんでいます。つまり、その人たちの体は、常に違うタイムゾーンに置かれているのです」。Roenneberg氏の推測では、十分な休息を取り最大限の能力を発揮することを目的とするならば、70パーセント以上の人が理想の時間より早く起きていることになるそうです。

毎朝、自分に鞭打って出勤している人は、多くの人が同じ思いをしていると知り、少しは気持ちが救われたかもしれません。しかし、この知識がもたらすもっと有用なメリットは、「始業時間を遅くすべきではないか」と、より多くの上司が考慮するようになることだと思います。少なくとも、オックスフォード大学の睡眠概日神経科学研究所のPaul Kelley 博士は「理想の始業時間は午前10時と考えている」そうです。

もっと良いのは、リーダーは従業員に好きな勤務時間帯を選ばせることを考慮すべきという考え方です。フレキシブルな時間にしたチームのほうが、より多くの作業をこなし、より高い協調性を見せることが、複数の研究でわかっています。もちろん、すべての職場がそのような勤務時間帯を導入できるわけではないでしょう。しかし、伝統と怠惰さえなければ、このような生産性向上の可能性を秘めた、変革が実現できるかもしれない企業も多いのです。

従業員に8時出勤や9時出勤を強いる必要は本当にあるのでしょうか?


Jessica Stillman(原文/訳:和田美樹)
Photo by PIXTA.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.