• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  09:00 PM

「採用される優秀な人」がわかる。面接官が採用面接で聞くべき5つの質問

「採用される優秀な人」がわかる。面接官が採用面接で聞くべき5つの質問

160331spot_a-player_fast.jpg


Inc.:スター社員は仕事で素晴らしい成果をあげるので、そういう社員を雇ったほうがいいことはわかっているはずです。研究によって、優秀なスター社員を雇うためにできることがいくつもあることがわかりました。ある研究によれば、高い能力を持つ者同士は磁石のように引きつけ合うので、優秀な社員を雇っていれば自ずと好循環が生まれるそうです。それに、社員間で切磋琢磨して、さらにレベルを上げることにもなります。

しかしそんな社員を雇いたいと思っていても、実際に雇えるわけではありません。将来的に良い変化を起こしそうな応募者は、第一印象があまり強くないことがあるので、優秀な面接官はかなり平凡な社員を採用してしまうことがあります。どうすれば面接に来た応募者が、実は優秀な社員だということがわかるのでしょうか?

シリアルアントレプレナーのMitchell Harperは、異なる役職の人を1000人近く採用した後で、その見分け方がわかったと言っています。最近「Medium」に、本当に素晴らしい成果を出す人と、優秀そうに見せかける人を見分ける方法を書いていました。今回は、面接で優秀な社員を見分けられる5つの質問を紹介します。それぞれの質問を面接官がすべき理由から、「優秀な社員とは何か」もわかるのではないでしょうか?


1. 前職で昇進したことがありますか?


できる人間は昇進するものです。昇進したことがあれば、これから雇う社員の潜在能力を示す証拠になります。Harperは、面接の前にこの質問をすることもできると言っています。

LinkedInのプロフィールに、前職の会社で昇進したことが載っているかもしれません。1度ならすごい、2度は素晴らしい、3度もあれば最高です」


2. 応募している役職は前職と同じですか?


優秀な社員は、まったく同じ仕事をするなら別の会社に移ったりしません。成長し、新しいことを学ぶために転職します。応募者が、前職と基本的に同じ仕事で転職しようとしているなら、採用しないほうがいい、とHarperは言っています。


3. 学び続けようと心に決めていますか? それを証明できるものはありますか?


優秀な社員は、そのとき身につけている能力だけでなく、学び続ける方法を知っているので、自分の能力をさらに向上させます。したがって、生涯勉強を公言するだけでなく、具体的にどう実践しているかを証明できる人にしましょう。

Harperは次のように述べています。

前職でどんなことを学んだか聞きましょう。最近どんな本を読んだか聞きましょう。この先半年〜1年の間に、どんなことを学ぶつもりで、どのように取り組むのかを聞きましょう。


4. この会社のどんなところが気に入っていますか?/どんなところを変えたいですか?


優秀な社員は「どこでもいいから働きたい」とは思わないので、面接前に会社のことを入念に調べます。ですから、優秀な社員はあなたの会社の得意分野、強み、弱点、この会社で働きたい理由など、納得のいく説明ができるはずです。応募者に、会社の変えたいところや、伸ばしたいところがない場合は、やめたほうがよさそうです。


5. 何か聞きたいことはありますか?


これまでも面接でこのような質問はしたことがあると思いますが、Harperは、ほとんどの人事担当者は応募者から最大限の情報を引き出せていないと思っています。将来的に同じ部署になる社員から質問するのは、本当に優秀な社員と平凡な社員を分ける最高の方法です。Harperは次のように述べています。

優秀な社員は、自分が属することになる部署や上司のことに関心があり、会社をどのように前進させようか考えています。

これについての洞察は、応募者の質問に対する答えの質と量に反映されているはずです。


Spot A-Players Fast With These 5 Interview Questions|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.