• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  09:00 PM

就職面接で「失敗」について聞かれたときのパーフェクトな答え方

就職面接で「失敗」について聞かれたときのパーフェクトな答え方

160322failure.jpg


そこまで頻繁にはありませんが、就職の面接で失敗に関する質問をされると困惑します。そのような質問に、未来の雇用主を逃さないよう気を配りながら、誠実に答えるにはどうすればいいのでしょう?

自分のことを印象付けたい、けれど失敗したことについて詳しく話さなければならない、というなかなか手強い状況です。このようなときは、まず落ち着きましょう。「そうですね、少し考えさせてください」というようなことを言いながら、深呼吸をします。それから少し考えて、以下の4つの手順で話を進めていきます。


1. 本当にあった失敗を選ぶ


まず、どの失敗について話すかを決めます。大学のゼミの成績で一度Bを取った、というような話でお茶を濁そうとするのはやめましょう。正直に話しつつ、同時に、自分が応募している仕事に関する大きな失敗の話をするのは避けたいところです。面接官が仕事に関する失敗を指定してきた場合は、少なくともかなり前の話を持ち出したほうがいいです。あなたの個人的な行動のせいで、大事なことがうまくいかなかったエピソードを選びましょう。

ただし、失敗について話すのであって、「失敗したことすべて」を話さなければならないのではありません。この手の質問をするのは、物事がうまくいかなかった状況について聞きたいからです。仕事に関する失敗のエピソードを1つ話すだけでいいです。


2. 失敗を自分で定義する


悲惨なことから、滑稽なことまで、洗いざらいすべての失敗を話す必要がないのは、失敗だと感じた状況を自分で定義できるからです。

失敗のエピソードを選んだら、話がうまく進むように失敗を定義します。失敗を自分で定義したら、そのエピソードは明らかな失敗である必要がありません。自分が定義した失敗の話であればいいのです。いくつか例をあげてみましょう。

私の場合、自分だけでなく他人の期待に応えられないのは失敗です。

管理職として、自分が不意を突かれたときはいつでも失敗だと考えています。自分のチームや仕事に何が起こっているか、常に知っているように努めています。

失敗というのは、単に目標を達成できなかったのではなく、与えられたリソースで目標を達成できなかったことだと思います。最終的に、最初に与えられた期限や予算以上かかってしまったら、それは自分の失敗だと感じます。


3. 個人的な失敗エピソードを話す


失敗をどのように定義するか決めたら、個人的なエピソードを話します。あまり長々と話さないように、すぐに落ちに持っていきましょう。面接官は、あなたを困らせるために質問をしているわけではなく、失敗したときにどのように対処したか知りたいのです。ですから、できるだけ早く失敗に対処したところにたどり着くように話しましょう。

失敗したときの状況から話し始め、その状況がなぜ大変だったのかを説明します。それから、失敗を取り戻すために具体的に何をしたのかを話しましょう。失敗の話ですから、最終的に成功しないか、もしくは成功しても部分的にでしょう。それでいいのです。すべてが計画通りに進まなかった事実を隠さないようにしましょう。面接官があなたの発言を信用しなければ、面接はうまくいきません。耳障りのいいことだけを言わないことです。


4. 失敗から学んだことを話す


最後に、失敗のエピソードを話した後は、そこから得た教訓について話しましょう。失敗から学んだことで、質問に対する答えを締めます。

後からわかったことだとは思いますが、うまくいかなかった原因について話し、今後気をつけようと思っていることについて話します。いくつか例を上げてみましょう。

ユーザーからわかりやすいデータが取れると思い込んでいたのが大きな問題でした。この経験から得た一番大きな教訓は、データに関して憶測を立てないということです。私はこのような失敗は二度としません。

最初の小さな行き違いについてきちんと話をしていたら、クライアントの要望に応えられていたと思います。しかし、そうしなかったことで、クライアントとの関係にひびが入ってしまいました。今は、風通しの良い状態で仕事を進めるためにも、会話で微妙な違和感を感じたら、決してそのままにはしません。

失敗に関する質問には、不意を突かれることがよくあります。どんなに準備をしていても、失敗のことを話すのは難しいものです。この手の質問に答えるときに大事なのは、最初に失敗を定義することと、最後にその経験から得た教訓で締めることです。この2つで失敗のエピソードを挟めば、間違いなくすばらしい回答となることでしょう。


4 Steps for Answering "Tell Me About a Time You Failed" | The Muse

Lily Zhang(原文/訳:的野裕子)
Image Toranosuke (Shutterstock).

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.