• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,,,  11:00 PM

2016年米ライフハッカー編集スタッフの仕事術:メラニー・ピノラの仕事術

2016年米ライフハッカー編集スタッフの仕事術:メラニー・ピノラの仕事術

melanie1.jpg


敏腕クリエイターやビジネスマンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ番外編。米ライフハッカー編集スタッフが、それぞれの仕事術を紹介します。今日は私、メラニー・ピノラ(Melanie Pinola)の番です。

このコーナーで2012年2013年2014年2015年に発表したことを振り返ってみると、今でも私の考えは同じですが、当時より少しだけ年を取り賢くなっていますし、自分なりの仕事や生活の方法がさらに定着してきました。だから、今回新しく発表することの大半はガジェットのことになりそうです。

居住地:ニューヨーク州ロングアイランド
現在の職業:就活ライター
仕事の仕方を一言で言うと:勘が頼り
現在の携帯端末:携帯電話は Samsung Galaxy Note 5、 iPhone 5。タブレットはiPad Air 2、Nexus 7。
現在のコンピューター:Microsoft Surface Book、Mac Mini (2014年下半期版)、Asus Chromebook、バックアップとしてさまざまな古いラップトップ


―― 「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールはありますか?

アプリに関しては、前回とほとんど変わっていません。今でもEvernote付きのPocketを使ってあらゆるおもしろい記事を保存していますし、ブレインストーミングにはOneNoteを使っています。世の中で起こっているありとあらゆることに追いついていけていると感じられるように別ウィンドウで『TweetDeck』を常にオンにしています。ウィルス対策用ソフトとしては、問題の多いAvastを捨ててBitdefenderに変えました。(そしてそれに合わせてアプリのディレクトリーもアップデートしました。やった!)

PC上や携帯電話上で何が本当に役立つかテストする究極の方法は、新しいものを買うことです。だから去年私はWindowsもMacもスマートフォンもiPadも変えました。新しいDellのモニターも買いました(私にとってはガジェットに関して大きい変化があった年でした。それにお金もかかりました。でも、少なくとも久しぶりに税金が戻ってくるかもしれません)。

素早くインストールできなくて困ったアプリは『1Password』『Dropbox』『Photoshop』『Quicken』『Microsoft Office』です。この先もありがたく使う予定のChrome関連アプリは『Lazarus』『OneTab』『The Great Suspender』『Grammarly』で、これまでに何度も私の窮地を救ってくれました。


―― 仕事場はどんな感じですか?

このシリーズでは何度か私の日曜大工で造ったスタンディングデスクをご紹介してきました。だから今回は、私のオフィスにある別のデスクをお見せします。Macミニを置いているデスクです。


melanie2.jpg


おもしろくも何ともないでしょう? 午前中ここに座って考え事をしたり紙に文章を書いたりすることがありますが、たいていはMacを使ってする作業のときしかこのデスクは使いません。はい。デスクの上にAerogardenを置いています。ブクブク泡立つ音がして、まだその音には完全には慣れていません。今は、ハーブスプラウトを育てていますが、こんな私でも枯らさずに花を咲かせることができる植物をいつか育ててみたいです。

この仕事場の一番良い点は窓が近くにあることです。道路を挟んで向かいが学校なので、子供たちとその親が急いで通り過ぎるのをときどき窓から見ては楽しんでいます。あるとき、10歳前後の女の子とその母親が、自分たちが連れている犬が家の前の芝生に糞をしたのに、後始末もせずに立ち去ろうとするのを目撃しました。私が窓をコツコツたたいて狂ったように叫ぶと、その女の子が戻ってきて片づけました。そういうおもしろいことがいろいろあります。うちの芝生に入らないでください。


―― お気に入りの時間節約術やライフハックは何ですか?

「NO」と言うことです。私は生まれつき無抵抗主義者なので、NOと言うのは何より大変です。この一言でどれだけ精神衛生が保たれるかわかったのはごく最近のことです。何にでも同意する必要はありませんし、自分にとって本当に意味のあることをする時間を作るには、もっと頻繁にNOと言わなければなりません。パンやお菓子を焼きたくないなら、ベイクセールへの参加はNOです。無料で仕事をするのはNOです。死にそうなほど疲れているときに外出するのはNOです。NOを言うときは慎重にならなければいけませんが、一方で「一体全体どうして自分はそれをする必要があるんだろう」と自問することも必要です。


―― 愛用中のToDoリストマネージャーは何ですか?

自分の頭、Googleカレンダー、紙とペンです。重要だけれど忘れてしまいそうなことは、カレンダーに入れます。1週間の計画を立てたいときはその週に作業しなければならないプロジェクトをウイークリーのカレンダーに書き出します。私の場合、ToDoアプリを使うと計画性や生産性の勘が狂うことに気づきました。作業を書き出すとそれで仕事を終えた気分になってしまい、ToDoアプリでチェックし忘れてしまうのです。でなければ、ToDoリストを作るだけで疲れてしまいます。よほど重要なこと以外は自分の頭に頼っています。それで大体は用が足りています。


―― 携帯電話とPC以外で「これは必須」のガジェットはありますか?

私が愛用しているガジェットはキッチン・ガジェットです。Bonavita社のコーヒーメーカーHamilton Beach社の電気ケトルに加えて、最近はワッフルメーカー(すばらしいワッフルを作れるワッフルメーカーの記事を近々発表します)、炊飯器(万能なガジェットでもあります)を便利に活用しています。ここに挙げたガジェットがないと私は暮らせませんが、だからといって読者はそれがわかって何かおもしろいことがありますか?


―― 日常のことで「これはほかの人よりうまい」ということは何ですか?

この質問をされると私はおかしくなります。というのは、これまで4回このコーナーで答えてきましたが、毎回答えを少し変えるようにしています。でも、そうなると私はほかの人よりうまいことが5つあるということになり、それはちょっと笑えます。だって、他人よりうまくできることなんて1つもないのですから。自慢できそうなことがあるとしたら、1つの話題から派生していろいろリサーチする能力かもしれません。昔は、リサーチ・モンキーと呼ばれていたものでした。


―― 仕事中、何を聴いていますか?

エアロガーデン。YouTubeでビデオゲーム音楽のプレイリストを聴いていることもあります。


―― 現在、何を読んでいますか?

Neil Gaimanの最新のホラー短編集『Trigger Warning』、Mark Strandの『Collected Poems』、Mary Oliverのゴージャスな文体の『A Poetry Handbook』です。詩やフィクションを、もっとたくさん読めるようになったなら、自分でも書いてみたいと思います。今は小説に打ち込む時間があるとは思えないので(でも、『A Feast for Crows』と『A Dance with Dragons』は読み直した方がいいと思っています。『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終シーズンを見ている間じゅう、「え? そんなことあったっけ?」と思ってしまうからです)。


―― どのように充電していますか?

とても遅くまで夜更かしをするので、みんなが眠っている間に何でもやりたいことができます。でも、睡眠を先延ばしすると、そのときだけは充電できても、翌日は睡眠不足で苦しむことになります。


―― 睡眠習慣はどのような感じですか?

前述の質問の答え通りです。世の中は徒党を組んでわれわれ夜型人間を駆逐しようとしているような気がします。娘が冬休みなので、先週初めて私は旅行をしない長い休暇を取りました。その期間は、ほとんど毎晩午前2時まで起きていて、翌日はお昼まで寝ました。楽しかったです。今はまた睡眠不足に戻っています。


―― 今日あなたがされたのと同じ質問をするとしたら誰にしたいですか?

ジャーナリストのRobert Caro氏。カナダの女流作家Margaret Atwood氏。イギリスのSF作家Neil Gaiman氏。


―― いままでもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください

今までこのコーナーで回答してきた「ベストなアドバイス」は今でもベストですが、もう1つそれに付け加えるとしたら、「自分の好きなことをやりなさい。そして、どんどんやりなさい」です。もうご存知かもしれませんが、ニューヨークのベンチャー企業Holstee社のマニフェストからの引用です。これと似ていますが「楽しみなさい。人生は思っているほど長くないから」もいいですね。趣味やいろいろ楽しんでしていることが多すぎるので、詩を読んだり演劇を見たりするようなことが何年も十分にできていません。この種の活動は私に喜びをもたらすので、なるべく何とかしてスケジュールするように今まで以上に努力しています。ところで、最近娘をブロードウェイの『ライオン・キング』に連れていきましたが、すばらしかったです。


―― そのほかに読者に伝えたいことがありますか?

InstagramやFlipboardで私をフォローしてくれている皆さんには、ほとんど何もシェアできていないので(少なくともフォローしがいのあるものは何も)、申し訳なく思っています。もっとおもしろいことを投稿するように努めますが、守れない約束はしたくありません。いずれにしろ、読んでくださってありがとうございます!


Melanie Pinola(原文/訳:春野ユリ)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.